AGAの薬は通販で購入しても問題はない?ある?

AGA

AGAの薬は通販でも購入することができるの?

AGA(男性型脱毛症)の治療といえば、CMで流れているようなクリニックでの処方が一般的です。

しかし、AGAにお悩みの方の中には治療薬は欲しくても受診は嫌だという方もいるでしょう。

そんな方が行きつくのは、通販を使った治療薬の購入ではないでしょうか?

たしかに、AGA治療薬は通販で購入することが可能です。

しかし、その方法に関してはあまりおすすめできません。

今回はそんな、通販でAGA治療薬を購入する際のデメリットについてご紹介します。

AGAの薬を通販で購入すると問題がある?

結論からいってしまうと、薬を通販で購入する際には大きな問題があります

その問題が、以下の3点です。

  • 健康被害が出る可能性がある
  • 偽造品が流通している
  • 副作用の救済制度が適用されない

これを見てみると、どれも大きな問題であることが分かっていただけるのではないでしょうか。

AGAに限らず、薬を通販で購入する場合には以上のようなデメリットがあるのです。

では、それぞれがどんなデメリットなのか、詳しく解説します。

健康被害が出る可能性がある

まず最初にご説明しておきたいのが、健康被害の可能性についてです。

日本では、AGAやその他の治療薬について厳しい基準を設けて、安全性を検査しています。

しかし、海外輸入品の場合には輸入元が基準となり、日本の基準には満たない製品もあります。

そのため、日本では禁止されている成分の配合をし、日本人の体質には合わず健康被害が出る可能性があるのです。

偽造品が流通している

通販で購入する際に注意したいのは、注文するサイトの信頼性です。

通販サイトの中には、偽造品が出回っている場合もあります。

掲載写真は本物だったり、そっくりな見た目でも成分が違ったりする可能性もあります。

もし偽造品に気づかないまま服用してしまうと、効果が出ないどころか健康被害にあってしまう危険性があるのです。

個人輸入での購入をするのであれば、まずは通販サイトの口コミや評価を調べてみましょう。

副作用の救済制度が適用されない

前述のとおり、通販でAGA治療薬を購入すると副作用の危険性が高まります。

もちろん、薬を服用する以上はクリニックで処方されたものでも副作用が出る危険性はあります。

しかし、AGA専門クリニックの場合にはできるかぎりリスクを減らすために、事前に血液検査などをおこないます。

また、国内生産・販売の治療薬には以下のような特徴があります。

日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品については、それを適正に使用したにもかかわらず重大な健康被害が生じた場合に、その救済を図る公的制度(医薬品副作用被害救済制度)があります。

これに対して、個人輸入の場合には救済制度が適用されないため、注意が必要です。

通販で購入できるAGA治療薬は?

以上の理由から、当サイトでは通販によるAGA治療薬の購入はおすすめできかねます。

とはいえ、金銭面や心理面の理由からリスクを負ってでも通販で購入したいという方も中にはいるでしょう。

そんな方は、購入前にAGA治療薬の種類や副作用について学んでおきましょう。

以下に、国内でもメジャーな治療薬をご紹介するので参考にしてみてくださいね。

プロペシア

まずは、服薬するAGA治療薬の中で最も一般的なものをご紹介します。

それが、フィナステリドを主成分として作られたプロペシアです。

プロペシアはAGAの中でも特に、前頭部や頭頂部の薄毛進行を抑える効果への期待度が高い医薬品です。

ただし、男性ホルモンに働きかけることから、女性(特に妊娠中・授乳中)の使用は禁忌となっています。

クリニックで処方される場合の価格は、6,000~8,000円が相場です。

通販の場合には4,000~5,500円での販売が多いようです。

そんなプロペシアを男性が服用した場合、以下のような副作用が起きる可能性があります。

  • 過敏症
  • 勃起機能不全
  • 射精障害
  • 精液量減少
  • 肝機能障害
  • 乳房肥大
  • 抑うつ症状
  • めまい
  • 肝機能障害 など

過敏症は、医薬品内の成分に対するアレルギー症状を起こすことです。

その他、男性ホルモンに作用することから生殖器や乳房への副作用を引き起こす可能性があるので注意しましょう。

フィンペシア

続いてご紹介するフィンペシアは、プロペシアと同じくフィナステリドが主成分です。

もちろん、AGA治療において発揮する効果もプロペシアと同様です。

では何が違うのかと言うと、価格が異なります。

厳密には少し違うのですが、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品と考えて頂ければ良いでしょう。

そのため、副作用もプロペシアと同じく生殖機能の低下や乳房の変化などが挙げられます。

また、ホルモンに作用するものは肝臓への負担が大きいため、肝機能に不安がある場合には服用を控えた方が良いでしょう。

では、気になる価格についてはどうなのでしょうか?

フィンペシアは、実は国内では未承認の医薬品です。

そのため、取り扱っているクリニックはプロペシアに比べてぐっと少なくなります。

個人輸入をする場合には、2,000~4,000円程度が相場のようです。

ミノキシジル

次は、外用薬として有名なミノキシジルについてご紹介します。

ミノキシジルに関しては、発毛剤のCMや広告などで耳や目にしたことがあるのではないでしょうか?

そんなミノキシジルには、頭皮の血管を拡げて血流を良くし、発毛を促す作用があります。

ミノキシジルには外用薬タイプの他に、タブレットタイプの内服薬もあります。

それぞれの価格相場は以下のとおりです。

外用薬タイプ 内服薬タイプ
クリニック 15,000~18,000円 クリニック 7,500~10,000円
個人輸入 4,000~7,000円 個人輸入 2,000~4,000円

やはり通販での購入の方が安価ではありますが、以下のような副作用が起きる危険性もあるので注意が必要です。

  • 発疹・発赤
  • かゆみ
  • ふけ
  • 手足のむくみ
  • 体重増加
  • 多毛症
  • 初期脱毛
  • 低血圧
  • 肝機能障害 など

とくに内服タイプのミノキシジルの場合には、体調に変化があればすぐに服用を中止しましょう。

デュタス

最後にご紹介するのは、ディタステリド配合のAGA治療薬、デュタスです。

薄毛の進行を抑える点は、プロペシアやフィンペシアと同じです。

ただし、上記の2つが前頭部・頭頂部の薄毛を抑制するのに対して、デュタスは頭皮全体の薄毛を抑制する効果が期待できます。

そのため、側頭部や後頭部の薄毛にお悩みの方にはこちらがおすすめです。

ただし、以下の副作用には注意しましょう。

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 精液量の減少
  • 乳房の肥大
  • 肝機能障害
  • 抑うつ症状
  • 前立腺肥大症 など

デュタスを個人輸入する場合には、2,500~4,000円が相場です。

しかし、デュタスは国内クリニックでの取り扱いがありません。

クリニックでの購入をする場合には、デュタスと主成分が同じザガーロを処方してもらう必要があります。

ザガーロを処方してもらう場合は、12,000~13,000円が相場です。

AGA治療薬は通販ではなくどこで購入すべき?

さて、一般的なAGA治療薬をご紹介しました。

記載のとおり、有名な治療薬であっても副作用が起こる可能性はあります。

しかし、AGA専門クリニックを受診すれば、副作用が起きる可能性をできるだけ低くすることが可能です。

通販に比べて治療薬の価格は高くなりますが、それだけメリットも大きいのです。

以下におすすめのAGA専門クリニックをご紹介しますので、ぜひそちらもご検討ください。

AGAヘアクリニック

まずは、AGAヘアクリニックのご紹介です。

こちらのクリニックでは、分かりやすい金額設定をうりにしています。

初診や再診、カウンセリングなど、診察料はすべて無料でかかるのは薬代のみ!

治療方法も薬を使ったもののみと限定されているため、最新機器による高額治療などの勧誘は一切ありません。

もちろん今回ご紹介したAGA治療薬は、すべて取り揃えています。

強引な勧誘や複雑な治療が苦手という方には、AGAヘアクリニックがおすすめです。

また、テレビ電話を使って自宅で診察することも可能なので、忙しい方にもぴったりですね。

公式サイトはこちら

AGAスキンクリニック

テレビ電話での診療は気になるけど、いずれは治療薬以外のAGA治療にも取り組みたい…。

そんな方には、AGAスキンクリニックがおすすめです。

AGAスキンクリニックでも、テレビ電話による遠隔診療を行っています。

また、来院による診察時間も、深夜診療に対応し22時までとなっています(一部のクリニックのみ)。

AGAスキンクリニックでは、プロペシアなどの一般的な薬の他に、オリジナル治療薬や自毛植毛など幅広い治療を受けられるのが特徴です。

さらにAGA治療薬は、初回限定でとても特に購入することができますよ。

初診料やカウンセリングは無料で受けられるので、まずは相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら

まとめ

今回は、AGA治療薬を通販で購入する場合の注意点について解説しました。

通販は家にいながら商品を注文・受け取りができる、便利なサービスです。

しかし、それがデメリットになってしまうこともあります。

購入する商品が医薬品の場合には、通販によるリスクを考えて自己責任で行いましょう。

クリニックでも通販でも、まずは健康第一に薄毛治療に臨んでくださいね。