ハゲと白髪は同時に起きる!?こんな時どうする?

ハゲ

ハゲと白髪が同時に…!こんな時どうする!?

「白髪の人はハゲない」と聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

しかし、ハゲと白髪が同時に起こってしまったら?

シャンプー時や枕についた抜け毛の多さに気づいたとき、ふと鏡を見て白髪が増えたことに気づいたとき、ほとんどの方がショックを受けると思います。

それが同時となれば、なおさらです。

それぞれの原因と対処法にはどのようなものがあるのでしょうか?

今回は、ハゲと白髪が同時に起こってしまった原因や有効的な対処方法について詳しく解説していきます。

ハゲと白髪のそれぞれが進行する要因ってなに?

ハゲと白髪が同時に起こったとしても、それぞれ原因が違うはずですよね。

では、ハゲと白髪のそれぞれが進行する要因には、どのようなのもがあるのでしょうか?

改善策を知る前に、進行してしまう根本的な要因を知ることはとても重要です。

そこで今回は、ハゲが進行する要因と白髪が増える要因について、3つずつ挙げてみました。

どれも代表的な要因です。

対策を取る鍵となるようなことばかりなので、ご自分に当てはまることがないかを考えながら見てみてくださいね。

ハゲる要因

一口に「ハゲ」といっても、その原因や症状はさまざまです。

では、ハゲにつながる要因には、どのようなものが挙げられるのでしょうか?

代表的な要因は、主に3つあります。

遺伝によるものと頭皮の環境悪化によるもの、そして男性ホルモンの増加です。

今回は、上記の3つの要因について詳しく解説していきます。

それではハゲる要因について、順番に1つずつ見ていきましょう。

遺伝

ハゲる要因の1つ目として、遺伝について詳しく見ていきましょう。

「ハゲは遺伝する」ということを、1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

じつは、ハゲと遺伝は実際に関係があるのです。

一般的に遺伝の確率は、25%程度と言われています。

また、父方よりも母方からの遺伝の影響が大きいのです。

ハゲが自分に遺伝しているか、していないかは、なってみないと分からないですよね。

しかし、遺伝子検査で調べることも可能です。

クリニックで薄毛の遺伝子検査を行っているところもあるので、気になる方は問い合わせてみるのもいいですね。

頭皮環境が悪い

つづいてハゲる要因の2つ目として、頭皮環境が悪いことについて詳しく見ていきましょう。

頭皮は髪の毛を作る大切な土壌の役割を担っています。

この頭皮の環境が悪いと、健康な髪を維持することができずにハゲてしまうのです。

頭皮は肌と同じように、食生活の乱れや寝不足などにより環境が悪化します。

頭皮環境が悪いと毛穴の詰まり頭皮の炎症皮脂の過剰分泌などが起こります。

それにより、薄毛につながってしまうのです。

男性ホルモンの増加

最後に、ハゲる要因の3つ目として、男性ホルモンの増加について詳しく見ていきましょう。

成人男性の3人に1人が、男性ホルモンが原因であるAGAに悩んでいると言われています。

男性ホルモンが増加すると、AGAを発症しやすくなります。

男性ホルモンは5αリダクターゼという酵素と結びつき、DHTという物質に変わります。

DHTは「脱毛ホルモン」とも呼ばれます。

このDHTが出す強い脱毛命令によって、髪の毛が抜けていってしまうのです。

白髪が増える要因

「気が付くと白髪が増えていた」なんていう方も意外といらっしゃると思います。

髪の毛が白くなっていくことに、ショックを受ける方も多いのではないでしょうか?

つづいて、その白髪が増えていってしまう要因について、詳しく解説していきます。

その要因として挙げられるのは、遺伝加齢、そして精神的なストレスの3つです。

どれも聞き覚えのあるものではないでしょうか?

今回は3つの要因について、一つずつ内容を確認しながら詳しく見ていきましょう。

遺伝

白髪が増える要因の1つ目として、遺伝について詳しく解説していきます。

「遺伝する」と言われる白髪。

しかし、最近の研究で「白い髪自体が遺伝するわけではない」ことが分かっています。

一体、どういうことなのでしょうか?

遺伝するのは白髪自体ではなく、白髪になりやすい体質だったのです。

髪を黒くするメラニン色素を生成する働きが悪い、またはメラニン色素の素を上手く吸収できない体質が遺伝していると考えられるのです。

加齢

つづいて、加齢について詳しく見ていきましょう。

髪の毛はもともと、黒ではなく白い色をしていることをご存知でしょうか?

髪が生えてくる過程で、メラノサイトという細胞がメラニン色素を生成します。

このメラニン色素が髪を黒くするのです。

しかし、加齢によってメラノサイトの働きが弱くなります。

それにより、今まで黒く色をつけていた部分に色をつけることができなくなり、白髪のまま生えてくるのです。

精神的なストレス

最後に、白髪が増える要因である精神的ストレスについて詳しく見ていきましょう。

昔から、過度なストレスは白髪の原因になると言われてきました。

じつは、ストレスと白髪には深い関係があるのです。

精神的なストレスは自律神経が乱れ、ホルモンバランスも不安定な状態になります。

それにより、体のさまざまな機能が低下してしまいます。

もちろん、髪の毛のメラニン色素を作るメラノサイトの機能も低下するので、白髪が増えてしまうのです。

ハゲと白髪って同時に起きることってあるの?

ここまでは、ハゲや白髪になる要因についてそれぞれ詳しく見てきました。

しかし、ハゲと白髪は本当に同時に起きるのでしょうか?

結論からいうと、ハゲと白髪は同時に起きる可能性は十分あります。

ハゲと白髪の原因にはあまり関係性がありません。

なので、どちらも条件を満たせば同時に起きて、進行してしまうことがあるのです。

「白髪の人はハゲない」というのは、全く信ぴょう性のない話だったのです。

ここからは、対策について詳しく解説していきます。

ハゲと白髪が同時に発症したらどうすれば良い?

ハゲと白髪が同時に発症してしまい、お悩みの方も意外と多いのです。

では、実際にハゲと白髪が同時に起きてしまったら、どうすればいいのでしょうか?

「すぐに対策をとって、どちらも早急に克服したい」と思うのも当然です。

しかし、まずはそれぞれ1つずつ対処していくことが大切です。

しっかり対処していくことが、克服への近道となります。

また、片方だけではなく、ハゲと白髪の両方に有効的な対処方法もあります。

それでは、対処法について詳しく見ていきましょう。

ハゲを対処するには?

まずは、ハゲに対処する方法について解説していきます。

ハゲや薄毛と一口にいっても、その症状はさまざまです。

また、薄毛の原因となる頭皮環境の悪化は、生活習慣の乱れや間違ったシャンプーによることが多いのも事実です。

なので、しっかり対処することで改善したり、進行を遅くすることもできるのです。

ご紹介するのは、日常の生活を少し気を付けるだけでできる対策ばかりです。

それでは、4つの対処法について詳しく見ていきましょう。

育毛剤治療を行う

まずは、育毛剤治療について詳しく解説していきます。

ハゲを改善するために育毛剤使用は、基本中の基本とも言える治療法です。

育毛剤にはさまざまなものがありますが、頭皮の環境を改善したり、髪の毛の成長を促すものが代表的です。

毎日正しい方法に沿って継続的に使用することで、今生えている髪が太く強くなる効果が期待できます。

また、新たに髪が生えてくる効果を実感されている方も多くいらっしゃいます。

当サイトでも、ハゲに有効的な育毛剤を多数ご紹介しています。

この機会に育毛剤治療を始めて、ハゲを克服しましょう。

正しい方法で洗髪する

みなさんは、正しい方法でシャンプーができていますか?

洗髪は髪や頭皮を清潔に保つために行うものですが、間違った方法で行うと頭皮環境を悪化させる恐れがあります。

においやベタつきの素となる皮脂や汚れは、しっかり落としたいですよね。

しかし、きれいにしようと思うあまり、力を入れて擦り過ぎている方も多く見られます。

シャンプーはしっかり泡立てて、指の腹で優しく洗いましょう。

また、シャンプー後のすすぎも重要です。

洗うこと以上にすすぎをしっかりして、頭皮にシャンプーが残らないようにしましょう。

食習慣を見直す

髪の毛は、食事で摂れる栄養素から作られています。

太く強い健康的な髪の毛を作るためには、タンパク質ビタミンが欠かせません。

なぜなら、髪の主成分はケラチンというタンパク質だからです。

ハゲに対処するために、大豆などの植物性タンパク質を積極的に摂取することがおすすめです。

また、ビタミンも健康な頭皮を維持したり、頭皮の血行を促進するなどの効果があります。

とはいえ、毎日の食事を全てバランスの取れたものにするのは難しい場合もあると思います。

そのような場合は、サプリメントなどを上手に活用してみるのもおすすめです。

質の高い睡眠をとる

ハゲに対処する方法として、最後に睡眠について見ていきましょう。

睡眠は、髪や頭皮が受けたダメージを修復する作用があります。

ダメージを修復できないまま蓄積してしまうと、抜け毛の増加などハゲの原因となってしまうのです。

そして今回注目していただきたいのは、睡眠時間ではなく睡眠の質です。

短い時間でも、質の高い睡眠をとることができれば、頭皮や髪のダメージを修復することは可能です。

寝る前のスマホ利用などは控えて、リラックスした状態で質の高い睡眠がとれるように心がけましょう。

白髪を対処するには?

ここまでは、ハゲに対処する方法について詳しく解説してきました。

そして、ここからは白髪に対処する方法について詳しく見ていきましょう。

白髪の対処については、すぐにできるもの長期間の継続が必要なものがあります。

白髪染めや食習慣の見直し、ストレス発散が代表的な対処法です。

今回は、3つの対処法について解説していきます。

これらの対処法を同時に行うことで、より効果を実感できると思います。

白髪染めをする

すぐに白髪に対処する方法として、白髪染めについて見ていきましょう。

白髪が増えたことに気づいたときに、対策として白髪染めを検討する方も多いのではないでしょうか?

白髪染めは、今ある白髪をすぐになくすことができるのが利点です。

また、市販の白髪染めにはさまざまな種類があります。

カラーマニキュアシャンプートリートメント自体が白髪染めになっているものもあります。

髪の傷みが気になる方は、美容室での白髪染めがおすすめになります。

それぞれにメリットがあるので、自分に合った白髪染めを探せるといいですね。

食習慣を見直す

「白髪染めには頼りたくない」という方におすすめの対処法として、食習慣の見直しについて見ていきましょう。

先ほど解説しましたが、白髪はメラニン色素を作るメラノサイトの機能低下によるものです。

このメラノサイトの機能は、食習慣とも大きく関係します。

乱れた食習慣では、健康で黒い髪の毛を作る頭皮やメラノサイトに栄養が行き渡りません。

それにより、白髪が増えてしまうのです。

白髪を克服するために、ジャンクフードやインスタント食品などの摂取を控えるようにしましょう。

ストレス発散をする

仕事や人間関係、子育てなど現代人はさまざまなストレスにさらされています。

原因となり得るストレスを発散することも、白髪に有効的な対処方法です。

ストレスの発散には、軽い運動が効果的です。

また、好きな音楽を聴いたり、リラックスして読書をすることもおすすめです。

自分に合った方法で、定期的にストレス発散ができるといいですね。

そして、白髪自体がストレスにもなり得るので、白髪染めなどを上手に活用しストレスを溜めないようにしましょう。

ハゲと白髪の両方を対処するには?

ここまで、ハゲと白髪のそれぞれの対処法について1つずつ解説しました。

ハゲと白髪の原因は全く異なるものです。

そのため、対処法もそれぞれに違うものでしたが、両方に対処できる方法はあるのでしょうか?

そこで今回は、両方を同時に対処できる方法についても解説していきます。

ハゲと白髪のどちらにも共通して有効な対処方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。

紫外線対策を万全にする

ハゲと白髪の両方を同時に対処する方法として、まずは紫外線対策について見ていきましょう。

じつは、紫外線がダメージを与えるのは肌だけではないのです。

髪や頭皮も紫外線によってダメージを受け、老化してしまいます。

そのため、ハゲや白髪に繋がってしまうのです。

紫外線対策として、外出時には帽子を着用するようにしましょう。

とはいえ、帽子に抵抗のある方もいらっしゃると思います。

そのような場合は、髪にスプレーするタイプの日焼け止め日傘などで対策をとることがおすすめです。

専門医に相談する

つづいて、ハゲと白髪の両方に対処できる方法として、専門医への相談について解説します。

ハゲも白髪も、正しい方法でしっかり対処できれば、改善することはできます。

しかし、自分に合った対処の仕方が分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような場合は、専門医によるカウンセリングを受けることがおすすめです。

とはいえ、忙しさや恥ずかしさなどもあり、なかなかクリニックに足が向かない方もいらっしゃると思います。

いきなり通院するのではなく、まずは電話やメールでの問い合わせや相談をしてから通院するのもいいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ハゲと白髪の原因や対処について徹底的に解説しました。

ハゲと白髪は同時に起きることもあり、それぞれの原因は異なります。

しかし、しっかり対策をとれば改善が見込めます。

先ほど解説したように、どちらも日常生活の中で少し意識することで対策をとることが可能です。

また、ハゲも白髪も早めの対処が克服の鍵となります。

この機会に、両方を同時に対処してハゲと白髪を克服しましょう。