ハゲの治療は皮膚科でも受けることができる?内容や費用は?

ハゲ

ハゲの治療は皮膚科でもできるの?

男性の多くは誰しも、いつか自分もハゲてしまうのではないだろうかと心に不安を秘めています。

抜け毛が増えたり、生え際が後退してきてしまうと、どうしても気になってしまいますよね。

抜け毛は放っておいても自然に減ることはほとんどありませんので、気になる人は早めに対処を始める必要があるでしょう。

とはいえ、いきなり専門のクリニックに行くのは敷居が高く感じます。

一般的な皮膚科だったら、普通に行きやすいかもしれませんね。

はたして、一般的な皮膚科でハゲの治療はしてもらえるのでしょうか?

ハゲの治療を皮膚科でも受けることは可能?

街の一般的な診療所では、ハゲの悩みを相談できるのでしょうか。

結論から申し上げれば、ある程度の相談にのってもらうことは可能です。

一般的な皮膚科では、基本的には育毛を目的とした治療は行ってはいません。

しかし、脱毛の理由は頭皮トラブルが元になっているケースも多くあります。

頭皮トラブルの処置を行ってもらい、それが功を奏して抜け毛が減る可能性もあります。

一般的な皮膚科でも、全く役に立たないということはありませんから、安心してくださいね。

皮膚科でのハゲの治療内容って?

それでは、皮膚科ではどのような治療を行ってくれるのでしょうか?

どんな治療が可能かを知っておくことで、あらかじめ心構えができるでしょう。

そこで、今回は一般的な診療所で行なえるハゲ治療の内容をお教えしますね。

それぞれの施設で若干の違いはありますが、ここでは一般的な診療所で行なえる標準治療をご紹介します。

プロペシアの処方

男性の脱毛症のひとつに、男性型脱毛症=AGAがあります。

AGAの名前を聞いたことがある人なら、治療薬として有名なプロペシアの薬品名も聞いたことがあるでしょう。

プロペシアの有効成分フィナステリドは、AGAの原因となるテストステロンの生成を抑えてくれる働きがあります。

そのため、プロペシアを服薬することで、脱毛がストップすることが期待できるのですね。

そのプロペシアは、一般的な皮膚科で処方してもらうことも可能です。

ただし、プロペシアを常備していないクリニックや、投薬に積極的でないクリニックも多いです。

かかりつけ医があるならば、あらかじめプロペシアの取り扱いがあるかどうかを問い合わせておきましょう。

頭皮状態の診断と改善

脱毛の原因はさまざまあり、その中には、頭皮環境の悪化が原因になっていることも考えられます。

頭皮はもちろん皮膚の一部ですから、皮膚疾患の治療は得意分野ですね。

頭皮に炎症ができたり、頭皮ニキビが原因でハゲてきている人は、受診をすることで改善が期待できます。

または脂漏性脱毛症頭皮湿疹しらくもなどの皮膚疾患も、適切な診療により改善が見込まれます。

頭皮が健康な状態に改善されることで、髪の毛が再び生えてくるかもしれません。

ハゲの治療を皮膚科で行うときの費用はどのくらい?

治療内容はわかったものの、そうなると次に気になってくるのがお値段ですね。

おおよその費用がわからないと、いくら払うことになるのか不安な気持ちが増してしまいます。

あくまでも目安の金額にはなりますが、一般的な診療所であれば1ヶ月に7,000円程度の支払いが標準的でしょう。

AGA治療専門クリニックの場合は、行なう施術や投薬の種類によって費用が大きく異なります。

プロペシアの投薬をメインとした治療を行なう場合、1ヶ月に15,000円~18,000円程度の支払いが目安になります。

例外はあるものの、多くの場合は専門クリニックより安くすむと言えますね。

ハゲの治療を皮膚科で行うと保険が適応されない!?

上記で1ヶ月あたりの費用をご覧になった人の中には、予想外に高くてびっくりした人もいるでしょう。

風邪をひいたときに病院にかかっても、健康保険のおかげで支払い額はそこまでかかりません。

どうしてそんなに、ハゲ治療は費用がかかってしまうのでしょうか?

実は、ハゲ治療にかかるお金は健康保険の対象にはなりません。

治療費は患者の全額負担になってしまうため、支払い額が大きくなってしまうのですね。

今の日本では、AGAが「病気」だと認められていません。

健康保険は病気の予防と治療にかかる費用を軽減するために使われる社会福祉制度です。

そのため、AGAは「病気の予防と治療」を目的とする健康保険の対象範囲から外れてしまうのです。

AGAの認識については医療界でも賛否両論ありますから、将来的にはAGAが健康保険の対象になる日が来るかもしれません。

しかし、少なくとも今現在は治療費が全額負担になってしまうことを、あらかじめ認識しておきましょう。

ハゲの治療は皮膚科と専門クリニックのどちらで受けるべき?

ハゲ治療のためにクリニックを受診する場合、どこに行ってもそれなりに費用がかかることがわかりました。

費用的な面を度外視するとしたら、ハゲ治療をするのは一般的な皮膚科と専門クリニックのどちらが適切でしょうか。

ハゲ治療を確実に、そして効率的に行いたいと考えるならば、専門クリニックの方をおすすめします。

一般的な皮膚科に比べて専門クリニックが適切だと思われる理由を、以下にご説明しましょう。

皮膚科はあくまでも「現状維持」が目的

一般的な皮膚科でハゲ治療を行う場合、治療目的は主に「現状維持」であることがほとんどです。

頭皮環境を改善した結果として毛髪が再び生えてくる可能性は十分ありますが、それはあくまでも副産物として扱われます。

皮膚科の治療範囲は頭皮の疾患を治すことです。

頭皮に起こっている疾患が治癒すれば治癒と認識されます。

ですから、その後にハゲが改善されなくても、何ら責任はないと判断されるでしょう。

AGA治療を行っていないところがほとんど

先ほど、一般的な皮膚科クリニックでもプロペシアの処方は可能だと申し上げました。

しかし実際のところ、プロペシアの処方を行っているクリニックは極少数です。

一般的な皮膚科では血液検査などの詳しい検査は行えませんので、ハゲの理由がAGAであると確定するのが難しいのです。

プロペシアは副作用のリスクが高いAGA治療薬ですので、AGAの確定ができていない患者に投薬するのは危険性が伴います。

患者とのトラブルをできるだけ避けたいクリニック側としては、治療が及び腰になることもやむを得ないでしょう。

ハゲの人が通うと良いクリニックを紹介!

一般的な診療所では、受けられる治療に限りがあることがわかりました。

そこで、本気でハゲ治療を行ないたいと考えている人におすすめしたいのが、ハゲ治療専門クリニックです。

専門クリニックでは豊富な経験と、専門に特化した医療技術で、AGAをはじめとする薄毛やハゲの治療に当たってくれます。

しかし専門クリニックには、行きづらさや恥ずかしさなど、受診をためらう心理的なハードルが存在します。

そこでここからは、初めての人でも受診しやすいハゲ治療専門クリニックをいくつかご紹介しましょう。

プライバシーにも十分な配慮をし、患者の気持ちに寄り添った治療ができるクリニックなら、安心して悩みを相談できるかもしれません。

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックは、2017年に開院した比較的新しいAGA治療専門クリニックです。

イメージキャラクターにサッカー日本代表の長友佑都選手を起用し、若い男性に親近感を与えています。

AGAヘアクリニックではスマートフォンのアプリを使って、遠隔治療が行なえます。

専門クリニックに行くのが恥ずかしいと感じてしまう人でも、遠隔治療ならば恥ずかしくありませんね!

初診時には来院する必要がありますが、その際にも完全個室の診療室で、プライバシーには十分に配慮しています。

遠隔治療で大丈夫かと不安な人もいるかもしれませんが、AGAヘアクリニックでは同じクオリティで診療ができます。

アプリのテレビ電話で会話をしながら、スマホのカメラ機能で頭皮や髪の毛の状態を確認してもらうことも可能です。

自己採血キットで血液検査も行なえますので、実質、来院とほぼ変わらないと言えるでしょう。

公式サイトはこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックは、AGA治療の専門クリニックです。

クリニックの名称からも、何を得意分野にしているかが分かりやすいですね。

AGAスキンクリニックでは、受診にためらいを覚える人のために、受診へのハードルを下げるさまざまな取り組みをしています。

最近ではイメージキャラクターにGACKTを起用した広告をよく見かけますが、それも取り組みのひとつでしょう。

若い男性に人気の高い芸能人を起用することで、親近感を感じさせてくれるんですね。

また、治療にかかる費用をできるだけ抑えて、治療による経済的な負担も和らげています。

月額1,700円から治療を始められますから、いきなり高額な治療費がかかることを心配しなくても大丈夫です。

カウンセリングや問診も無料ですから「まず相談してみよう」ができる、行きやすいクリニックです。

公式サイトはこちら

銀座総合美容クリニック

銀座総合美容クリニックの行きやすさについては、ポイントが3つあります。

ひとつめは、JR新橋駅から徒歩1分の好立地にあること。

オフィスビルの中にクリニックがありますから、ビルの入口で知り合いにばったり出会ったとしても心配ありませんね。

ふたつめのポイントは、患者のプライバシーに配慮した内装です。

同じくハゲの悩みを持つ患者同士だからといって、クリニックの待合室で一緒に待つのは気詰まりでしょう。

銀座総合美容クリニックでは、待合室の中に細かい仕切りを作り、患者同士が対面しないようにしています。

もちろん診療室やカウンセリングルームも個室で、さらには防音仕様。とことんプライバシーが守れる仕組みです。

最後のポイントは、医師やスタッフの「スマイルベンチマーク」です。

ハゲの悩みによる精神的なケアのため、医師はもちろん全てのスタッフが患者の心に寄り添う独自システムを採用しています。

ORICON STYLEで「日本のおもてなし」として紹介されたほど、スマイルベンチマークは認められているんですよ。

公式サイトはこちら

まとめ

今回は、ハゲ治療が一般的な皮膚科でも受診可能かどうかについてご説明しました。

一般的なクリニックでも相談はできるものの、トータルで考えれば専門クリニックの方に軍配が上がりましたね。

ハゲの悩みや不安はデリケートで、時として深刻にもなります。

不安な気持ちを払拭するために、まずは早めに無料カウンセリングなどを受けてみるのはいかがでしょうか。