髪の毛に潜む虫にはどんな種類がある?撃退する方法も解説!

髪の毛

髪の毛には様々な虫がいるかもしれない…?

昔よりも自然が減少している現代日本では、虫を触れない人が増えているそうです。

たしかに、道を歩いていて大きな虫を見つける機会は、そんなにないですよね。

さて、虫とはあまり縁のない現代人ですが、じつはとっても身近な場所に虫が潜んでいるかもしれないってご存知でしたか?

少しギョッとしてしまう話ですが、じつは人間の髪の毛には数種類の虫が存在している可能性があるんです。

今回は、そんな髪の毛に潜む虫についてご紹介します。

髪の毛に潜んでいるのはどんな虫?

まずは髪の毛に潜んでいる可能性がある虫の種類をご紹介します。

可能性として高いものは、以下の5種類が挙げられます。

  • アタマジラミ
  • 皮膚ダニ
  • マダニ
  • 頭皮白癬菌
  • 皮膚常在菌

これらは数が少なければ問題なくても、繁殖すると頭皮に悪影響を及ぼします。

頭皮への悪影響は、すなわち髪の毛の質を低下させたり抜け毛を増やしたりといった原因になるのです。

では、順番にそれぞれの種類と繁殖時の症状について、詳しくご説明します。

アタマジラミ

まず1つ目にご紹介するのは、アタマジラミです。

小学生のころ、学校で検査を受けたことがある方も多いのではないでしょうか?

さて、そんなアタマジラミですが、季節に関係なく1年中発症する可能性があります。

発症の兆候としては、まずかゆみがあわれます。

かゆみが出た場合に考えられる理由はいくつかありますが、髪の毛の根元に白い卵がついていればアタマジラミが原因です。

アタマジラミの感染力は強く、家族の中で誰かが発症すると家族全員に移る可能性もあります。

ちなみに、似たシラミの種類に「毛ジラミ」がありますが、これは陰毛につく種類でアタマジラミとは異なります。

皮膚ダニ

次にご紹介するのは、皮膚ダニです。

シラミと同じように、ダニにもさまざまな種類があります。

そのなかでも、人の頭皮に潜むのは以下の2種類です。

  • デモデクス・ブレビス
  • デモデクス・フォリキュロラム

これらは、頭皮や毛穴の中に住み着いており、誰の頭にも存在しています。

普通であればこれらの皮膚ダニが頭皮の余分な皮脂を食べてくれるので、人間と良い共存関係ができています。

しかし、皮膚ダニの量が増えると頭皮に必要な皮脂まで食べてしまいます。

すると、皮脂バランスが崩れてしまい、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌を引き起こす原因となってしまうのです。

赤みやかゆみと同時に、皮脂の分泌量が増えて頭皮がべたつく場合には、皮膚ダニが原因の可能性があります。

この場合は、病院の受診をおすすめします。

マダニ

3つ目にご紹介するマダニは、2011年に重症熱性血小板減少症候群 SFTS)という病気を媒介するとしてニュースになりました。

マダニは、これ以外にも「日本紅斑熱」や「回帰熱」の原因となるウイルスを保有している可能性があります。

中には重症化すると死亡する病気も存在しているため、上記2種類の虫よりも危険な存在だと言えるでしょう。

マダニは草むらなど自然のある場所に多く存在するため、山歩きなどをする際には長袖長ズボンを着用すると良いでしょう。

とくにウイルスを保有していないマダニが頭皮に住み着いた場合、虫刺されによるかゆみが起こります。

また、マダニは皮膚を指して数日~10日以上吸血を続けるため、皮膚に刺さったマダニを発見することもあります。

頭皮白癬菌

4つ目にご紹介する頭皮白癬菌は、戦前猛威を振るった真菌の1種です。

頭皮白癬菌にかかると、髪の毛が抜けて円形脱毛症のような症状を引き起こします。

楕円形に髪の毛が抜け、根元が折れることから円形脱毛症に誤診されてしまうこともあります。

また、症状の1つとしてフケの発生もあります。

髪の毛の症状が起こらず、フケの発生のみ起こる場合にはフケ症と誤診される場合もあります。

頭皮白癬菌の特徴的な症状としては、頭皮の腫れと同時に痛みと炎症があります。

フケ症の誤診を受けてステロイドを塗布した場合にも、腫れや炎症を引き起こしてしまいます。

皮膚常在菌

最後にご紹介するのは、皮膚の常在菌です。

頭皮には、常在菌と呼ばれる数種類の菌が存在しています。

虫と違い肉眼では見えませんが、なんと皮膚には常に200種類以上もの常在菌が存在しているそうです。

そのなかでも主な常在菌は、以下の4種類です。

  • 表皮ブドウ球菌
  • アクネ菌
  • マラセチア菌
  • 黄色ブドウ球菌

上記の中でも、黄色ブドウ球菌は食中毒の原因となるとして有名ですね。

なぜ常在菌であるはずの黄色ブドウ球菌が食中毒を起こすのかというと、菌が異常に繁殖してしまうことが原因です。

常在菌のバランスが崩れると不調を起こすのは、胃腸だけでなく頭皮も同様です。

常在菌が増えると、頭皮トラブルが起きて髪の毛が抜けやすくなることもあります。

4種類のうちで太字になっている2種類は、とくに頭皮トラブルを起こす可能性がある常在菌です。

虫は髪の毛のどの部位にいるの?

以上のように、髪の毛や頭皮にはさまざまな虫や菌が付いています。

しかし、これに気づいていない方も多いでしょう。

では、自分の髪の毛に虫が付いていないかどうか、どのように調べれば良いのでしょうか?

注目すべきは、うなじやもみあげなど髪の毛の根元です。

アタマジラミは、髪の毛に卵を産み付けますが、その場所として選ぶのが皮膚に近い髪の根元なのです。

また、マダニも頭皮に吸い付くため皮膚に食いついているものがいないか見ておきましょう。

髪の毛に潜んでいる虫たちはどうやって移るの?

静かに頭皮に潜伏している虫や菌ですが、いつのまに感染してしまうのでしょうか?

感染経路はいくつか考えられますが、特に注意したいのは以下の3つです。

  • 髪と髪が触れ合う
  • 虫が付いた物を介す
  • プールのような他人と共有する場所で移る

人から感染する可能性があるのは、以上の3つです。

では、これらが原因で感染しやすい虫についてご説明します。

スポーツジムやプールに通っている方、お子さんがいる方はぜひ読んでみてください。

髪と髪が触れ合うことで移る

まず、虫が感染する可能性として挙げられるのが、髪と髪同士の直接的な感染です。

髪同士で広がりやすいのが、アタマジラミの感染です。

これは、子どもが感染した際、一番に疑われる感染経路でもあります。

大人になれば頭部がぶつかるほど近づくことはありませんが、子供同士は遊ぶときに髪同士が触れることが多いですよね。

このため、アタマジラミの症状が発症するのは10歳以下が多いそうです。

物を介して移る

続いて、物を介して移る虫や菌についてです。

物を介する虫の種類は、アタマジラミ、マダニ、皮膚ダニ(ヒゼンダニ)などが挙げられます。

アタマジラミにかかっている人が使った後のタオルや帽子を使用すると、感染してしまう危険性が高いので注意しましょう。

また、皮膚ダニの一種、ヒゼンダニは疥癬と呼ばれる皮膚疾患の原因となります。

シーツや布団、衣類など長時間肌に触れているものの場合、この皮膚ダニにも注意が必要です。

プールで移る

頭皮につく虫は、プールで移ることも多々あります。

とはいえ、プールの中で感染するわけではありません。

水の中では、アタマジラミのような虫は髪の毛の根元にしがみつき、流されないようにしています。

もちろん水中に漂うシラミもゼロではありませんが、ここから感染する可能性は高くありません。

ただし、プール後のタオルの使用等で感染する可能性があるので注意しましょう。

髪の毛についた虫を放っておくとどうなる?

髪の毛につく虫には、さまざまな種類がありました。

これらは、気づかないうちに髪の毛の中に潜り込み、いつの間にか繁殖しています。

では、もしこの虫たちを放っておくとどうなってしまうのでしょうか?

ここからは、頭皮や髪の毛に起こり得るトラブルについてご紹介します。

最近頭皮に違和感があって不安を感じている方は、これからご紹介する症状がないか読んでみてくださいね。

頭皮のかゆみ

頭皮や髪の毛に虫が付いた場合、一番起こる可能性がある症状は頭皮のかゆみです。

皮膚ダニやマダニ、アタマジラミなど、どの虫であっても頭皮にかゆみを引き起こします。

アタマジラミの場合、初期症状ではあまりかゆみはありませんが、症状が進行すると激しいかゆみが起こります。

子どもが頭皮を度々かいている場合、アタマジラミがいる可能性もあるので気にかけてあげましょう。

反対に、頭皮白癬菌の場合はそれほどかゆみが強くありません

まったくかゆみを感じない方もいるなど、個人差があります。

白癬菌といえば水虫と同じ細菌ですが、髪の毛に潜んでいる場合はかゆみだけで気づくことができないことも多いのです。

この場合には、頭皮に大量のフケが出ていないか、皮膚が鱗状に取れることがないか様子を見てみましょう。

精神的負担による不眠

髪の毛についた虫が起こす弊害は、かゆみなどの物理的なものだけではありません。

頭に虫がいると考えてしまうと、それだけで精神的負担にもなります。

そして、精神的な負担は不眠を引き起こす原因となります。

睡眠が十分にとれなくなると、余計に精神力が削られていきます。

いわゆる、「ストレスが溜まっている状態」ですね。

不眠やストレスは、自律神経のバランスを崩す要因になります。

自律神経とは、交感神経と副交感神経の2つからなり、この2つのバランスが整っていれば正常な身体の働きをすることができます。

ところが、バランスが崩れると、皮脂の過剰分泌や疲労感を引き起こしてしまうのです。

不眠症になってしまう前に、一刻も早く虫を対処する必要があるでしょう。

かきすぎた傷からの二次感染

虫刺されによるかゆみがあると、大人でも無意識に頭をかいてしまいがちです。

かきすぎてしまうと、爪でひっかき傷を作ってしまうことがあります。

すると、その傷口から雑菌が入り込んで、発熱や疼痛(とうつう)が起こる可能性があるのです。

とくに、頭皮は髪の毛が生えていることから蒸しやすく、雑菌が繁殖しやすい場所です。

そのため、かゆみがあっても引っかかないように意識することが大切です。

また、子どもの場合には我慢できずにかいてしまうこともあるため、爪を短く切っておくなどして、対処しましょう。

大人も子どもも大切なのは、頭皮環境を清潔に保つことです。

雑菌や細菌がこれ以上繁殖しないよう、頭皮環境を整えて発熱などの二次感染を予防しましょう。

髪の毛に潜む虫を撃退するには?

ご紹介したような症状が起こった場合、髪の毛に虫が潜んでいる可能性があります。

もし髪の毛の中に虫がいるのを発見したら、次に行うべきは虫を撃退することです。

では、いったいどのように撃退すればよいのでしょうか?

ここからは、気になる撃退方法をご紹介します。

殺虫用のシャンプーを使用する

1つ目にご紹介する撃退法は、殺虫用シャンプーの使用です。

殺虫用シャンプーは、主にアタマジラミを駆除するために使われます。

ドラッグストアなどで購入できるため、手軽に虫の駆除を行うことができますよ。

殺虫シャンプーにも、普通のシャンプーと同じように種類があります。

以下に、3種類の殺虫用シャンプーをご紹介するので商品選びの参考にしてみてくださいね。

スミスリンLシャンプー

まずは、 スミスリンLシャンプーをご紹介します。

スミスリンLシャンプーの基本情報は、以下の表をご覧ください。

名称 スミスリンLシャンプー
製品会社 KINCHO
成分 フェノトリン(スミスリン®)…4mg

【添加物】

アルキルジメチルアミンオキシド、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、ポリソルベート80、エデト酸ナトリウム水和物、pH調整剤、香料

内容量 80ml
値段 (参考価格)2,981円

スミスリンLシャンプーに配合されているフェノトリンは、駆虫薬に分類されます。

駆虫薬とは、寄生虫を殺したり身体の外へ追い出したりする医薬品のこと。

つまり、フェノトリンの作用により髪の毛に潜む寄生虫を駆除することができるのです。

また、スミスリンLシャンプーには、専用のクシが付属しています。

実際にスミスリンLシャンプーと専用のクシを使用したことがある方は、以下のように語っています。

シャンプーの方は目に見えて結果が出るわけじゃないのですが、クシは一度使っただけでごっそり取れてビックリしました。
こんなに分かりやすいと楽しくなってきますね

シャンプーの場合にはお湯とともに死骸が流れてしまうため、パッと見では駆除できたように感じないかもしれませんね。

しかし、配合されているフェノトリンは成虫と幼虫を駆除する効果があります。

ただし、髪の毛の根元にくっついた卵は取り辛いため、専用クシで取る必要があります。

アース シラミとりシャンプー

続いて、アース シラミとりシャンプーをご紹介します。

アース シラミとりシャンプーについては、以下の表をご覧ください。

名称 アース シラミとりシャンプー
製品会社 アース製薬
成分 フェノトリン…0.4%

【添加物】

プロピレングリコール、ポリオキシチレン硬化ヒマシ油、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ラウリン酸ジエタノールアミド、ラウリル硫酸ナトリウム、塩化ナトリウム、エデト酸ナトリウム、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロプル、カラメル、無水クエン酸、香料

内容量 100ml
値段 (参考価格)オープン価格

こちらも、スミスリンLシャンプーと同じくフェノトリンを配合しています。

アタマジラミに感染した人が家庭内にいる場合、感染者以外の家族も殺虫用シャンプーの使用が推奨されています。

そういった意味では、スミスリンLシャンプーよりも内容量が多いアースシラミとりシャンプーがおすすめです。

また、こちらのシャンプーにも専用のクシが付属しています。

では、使用者の口コミを見てみましょう。

アースのシャンプーですが、他の物を使ったことがないので比較などはできませんが、1度使った後は成虫の姿はみられませんでした。
香りはよく、泡立ちはまあまあ、10分置く間に垂れてきたりはしませんでした。洗い上がりはキシキシします。卵は徐々に減っていきました。

以上のように、成虫の駆除はしっかりとできるようです。

髪の毛がきしまないように、シャンプー後はトリートメントすることをおすすめします。

Babo Botanicals シラミ駆除シャンプー

最後にご紹介するシャンプーは、Babo Botanicals シラミ駆除シャンプーです。

こちらは、成分にご注目ください。

名称 Babo Botanicals シラミ駆除シャンプー
製品会社 Babo Botanicals(バボボタニカルス)
成分 精製水、ラウリル グルコシド、グリセリル ・ オレイン酸・ クエン酸、オレア ユーロピア(オリーブ)油 、ニュートリ【植物性グリセリン、キンセンカ(カレンデュラ · オフィシナリス)花エキス 、ノビリス ローマ カミツレ(カモミール)花エキス、シモツケ属 Ulmaria(シモツケ)花エキス、キンレンカオフィシナーレ(クレソン)花/葉エキス、プエラリア クズ(葛)の根エキス 、フェノキシエタノール、ソルビン酸カリウム、クエン酸、バニラ果実エキス、真正ラベンダー(ラベンダー)の花エキス オーガニック認定材料
内容量 237ml
値段 (参考価格)1,849円

Babo Botanicals シラミ駆除シャンプーは、先ほどご紹介した2種類のシャンプーと異なり、薬品は含まれていません。

オーガニック成分でできていることから、子どもや敏感肌の方でも安心して使用することができます。

オーガニック成分ですと効果が弱そうなイメージがありますが、臨床試験では95%のシラミが駆除されています。

櫛で梳かして駆除する

シラミとり用のシャンプーにはさまざまな種類がありますが、大半は卵から孵化した後の幼虫~成虫を駆除する作用があります。

反対に言えば、卵の状態ではシャンプーだけだと駆除しきれないということでもあります。

駆除しそこなった卵は、やがて孵化して、再び頭皮へのかゆみを引き起こす原因となります。

そこで役立つのが、シラミとり用のクシです。

先ほどご紹介した、スミスリンLシャンプーとアース シラミとりシャンプーには専用クシが付属していますが、これらはプラスチック製の物です。

小さな卵は取りこぼす可能性もあるため、しっかり取りきるためには歯の部分がしっかりとしたクシを選びましょう。

おすすめのクシは「ニットフリーコーム頭シラミ駆除くし」です。

ニットフリーコーム頭シラミ駆除くしは、ステンレスでできています。

歯の隙間が細いため、髪の毛の根元にある小さな卵までしっかりととることができます。

また、歯の先端は丸く処理されているため、小さなお子さんから赤ちゃんまで安心して使うことが可能です。

実際に使用した方の口コミは、以下のとおりです。

シャンプーと併用で櫛を使いましたが、面白いようにシラミの卵が取れます。
娘の髪はかなり柔らかく細毛ですが、問題なく取れます。

こちらの口コミの方は、シャンプーとくしを併用して使用したそうです。

シラミによる症状を治療するためには、虫と卵のどちらも駆除する必要があるため、こちらの方のようにシャンプーと併用することをおすすめします。

枕カバーやシーツはこまめに取り替える

髪の毛に虫がついてしまったら、積極的に駆除することが大切です。

しかし、それ以上に大切なのは、感染前に予防することです。

感染経路となる可能性があるものは、清潔に保つよう心がけましょう。

なかでも、枕カバーやシーツは洋服に比べて洗濯の頻度が低い方も多いでしょう。

しかし、これらは人の体温や湿気がこもりやすく、虫や雑菌が繁殖するには格好の場所です。

枕カバーやシーツは、最低でも1週間に1回は交換するようにしましょう。

衣類は洗濯後に乾燥機で熱をかける

衣類の場合は、洗濯後に乾燥機をかけると、より感染を予防することができます。

なぜなら、髪の毛につく虫は高温と乾燥に弱いためです。

アタマジラミの場合、60度で30分以上乾燥させると死滅するそうです。

お子さんがいる家庭で家に乾燥機がある場合には、シラミが増える時期に衣類を乾燥させると良いでしょう。

ちなみに、乾燥機がない場合には60度以上のお湯で5分以上洗浄すると同様の効果が得られるそうですよ。

保健所に相談に行く

今までご紹介した対処方法を試しても、髪の毛に虫がついてしまう場合には保健所に相談するのも1つの方法です。

保健所では、感染症についての相談や調査をお願いすることができます。

たとえば、東京都北区の保健所ではアタマジラミの相談窓口だけでなく、駆除用スキグシの貸し出しも行っています。

ただし、自治体により対応は異なりますので、貸出品の有無などは事前に調べておきましょう。

まとめ

今回は、髪の毛につく虫の種類と感染経路、対処と予防方法についてご紹介しました。

虫を予防するためのポイントをまとめると、以下のようになります。

  • 肌に触れるものの貸し借りは控える
  • 衣類・シーツ等は清潔に保つ
  • 卵を発見したら専用のクシで取り除く

これらに気をつけて過ごせば、髪の毛に虫がつくのをある程度予防することができるでしょう。

それでも感染してしまった場合には、二次感染を起こす前に早めに治療することが大切です。