男の髪の毛もサラサラがモテる?シャンプーでサラ髪にする方法を紹介!

髪の毛

男もサラサラ髪を手に入れよう!

男性の皆さん、女性はサラサラの髪が好きってご存知ですか?

傷んだボサボサの髪の毛では、女性からの印象は悪いものです。

しかし、サラサラの髪を手に入れれば清潔感があるだけでなく異性からも評価がアップします。

そこで今回は、男の髪をサラサラにする方法について解説していきましょう!

男の髪がサラサラになる方法は、意外にも身近な生活習慣に隠れているかもしれませんよ。

異性からモテたい男性の皆さん、モテる秘訣を伝授しますので必見ですよ。

まずは髪の毛の構造を理解しよう!

髪の毛ってどんな構造をしているのかご存知ですか?

髪一本一本は細いのですが、実は中には3つの構造があるのです。

それぞれどの部分に存在し、どのような役割があるのか詳しく解説していきます!

髪の構造を理解することは、サラサラの髪をゲットする第一歩ですよ。

キューティクル

「キューティクルを守ります」「傷んだキューティクルを補修します」

とシャンプーのCMで聞いたことはありませんか?

度々耳にするこのキューティクル、これは髪の毛の一番外側に存在しています。

キューティクルは髪の毛の表面を覆っており、外部の刺激から髪の毛の内部を守っているのです。

また、髪の内部にある水分やタンパク質が失われないように作用しています。

さらに、このキューティクルには髪の毛にツヤを与える働きもあるのです。

コルテックス

キューティクルの内側にあるのが「コルテックス(毛皮質)」です。

髪の80~90%を占めるこのコルテックスは、ケラチンタンパク質の集合体となっています。

弾力性に富んでおり、このコルテックスの状態により髪の毛の硬さや太さ・強さなどが決まるのです。

一般的には12~13%の水分を含んでおり、この含まれる水分の量で髪がどのくらいしなやかかが左右されます。

また、コルテックスはパーマやカラーリング剤などの薬品の影響を受けやすい特徴があるのです。

そのため、パーマやカラーリングを繰り返すことで髪の毛のタンパク質が溶けだすこともあります。

その結果、髪の毛のツヤがなくなったり水分調整機能が落ちてしまう可能性もあるのです。

メデュラ

髪の毛の中心に存在しているのが「メデュラ(毛髄質)」です。

このメデュラは、スポンジのような細胞が並んでおり空洞となっているのが特徴と言えます。

太い髪の毛ほどメデュラが多いと言われており、赤ちゃんの髪の毛や産毛にはメデュラはないのです。

また、細い髪にもほとんどメデュラはないとされています。

脂質と柔らかいタンパク質を成分とするメデュラは、髪の毛の外からの刺激によって空洞が起こりやすくなっているのです。

メデュラ内部の隙間が増えると、髪の毛は白っぽく見えると言われています。

そもそも髪の毛がサラサラじゃなくなっている原因は?

髪の毛には3つの構造があることが分かりましたね。

では、髪がサラサラじゃなくなっている8つの原因について以下に解説していきましょう。

どのようなことが原因となり、髪の毛にダメージを与えるのかしっかりチェックしてくださいね。

①頭皮の血行不良

健康診断で血液がドロドロと言われたことはありませんか?

実は、血液がサラサラでないと髪の毛もサラサラにならないのです!

全身に流れる血液は、頭皮にも流れており栄養や酸素を運んでいます。

十分な栄養や酸素が頭皮にまでしっかり運ばれることで、健やかな髪の毛が育つのです。

栄養が不足すると髪の毛は丈夫に育ちません。

しかし、栄養を十分に摂取していても血液がドロドロでは頭皮まで栄養や酸素を十分に運ぶことができないのです。

栄養不足となった髪の毛は、弱く細くなり少しの摩擦や刺激で簡単に抜け落ちてしまいます。

そのため、栄養不足の髪の毛はサラサラの髪の毛とは程遠くなってしまうのです。

身体が冷えている男性、体温が低い男性は血行不良の可能性がありますよ。

また、腰痛や肩こりが酷い男性も血行不良の可能性が非常に高いのです。

②ヘアカラーやパーマ

男性の皆さん、ヘアカラーやパーマを繰り返していませんか?

カラーリング剤やパーマ液は、髪の毛の内部に浸透してコルテックスの結合を切断させます。

そして、再び結合することで色をつけたりストレートやウェーブの髪の毛を作りあげるのです。

この浸透を繰り返すことで、キューティクルにダメージがどんどん蓄積されてしまいます。

ダメージに耐えきれなくなったキューティクルは剥がれてしまい、髪の毛は保護成分を失ってしまうのです。

その結果、ダメージに弱い髪の毛となりサラサラヘアから遠ざかってしまいます。

③コテやヘアアイロン

コテやヘアアイロンを毎日使っていませんか?

コテやヘアアイロンは、ウェーブやストレ―トを維持する秘密兵器として人気ですよね。

しかし、コテやヘアアイロンは高温の熱を利用して髪の毛の形状を作っています。

髪の毛は熱や刺激によりダメージを受けるため、使い続けることで髪の毛が傷んでしまうのです。

髪の毛は160度以上で傷むと言われています。

この温度を超えると、髪の毛は熱に耐えることができなくなり焦げた状態となるのです。

このように、毎日コテやヘアアイロンを使うことで髪の毛はダメージを受けてサラサラヘアを失ってしまいます。

④紫外線のダメージ

紫外線対策って行っていますか?

髪の毛がサラサラじゃなくなっている原因4つ目は、紫外線からのダメージです。

肌と同じように、紫外線を浴びると髪の毛も日焼けをします。

髪の毛や頭皮は顔に比べて、3~5倍もの紫外線を浴びると言われているのです。

紫外線を浴びた髪の毛は、キューティクルが剥がれやすくなり髪が乾燥してパサパサしてしまいます。

また、髪の毛の柔軟性が失われるため枝毛や切れ毛が増えてサラサラではなくなってしまうのです。

⑤間違ったシャンプー方法

間違ったシャンプーで髪の毛が傷むとご存知ですか?

髪の毛がサラサラじゃなくなっている原因5つ目は、間違ったシャンプー方法です。

以下に1つでも当てはまる場合は、間違ったシャンプー方法を行っていると言えますよ。

  • 洗浄力の強いシャンプーを使っている男性
  • シャンプー前にブラッシングはしない男性
  • 予洗いをしない男性
  • シャンプーを泡立てずにいきなり頭皮につけている男性
  • シャンプーは力任せにゴシゴシと強く行っている男性
  • すすぎを十分に行っていない男性

どれか1つでも当てはまりませんでしたか?

これらは髪の毛を傷める原因になるため、サラサラヘアから遠ざかってしまうのです。

⑥自然乾燥

シャンプー後髪の毛を乾かさずに放置していませんか?

自然乾燥は、男の髪の毛がサラサラじゃなくなる要因の一つとなっています。

その理由は以下の通りです。

①キューティクルが開いて髪の毛が傷むため キューティクルは濡れていると開いており、外部からの刺激に非常に弱くなる
②頭皮に雑菌が異常繁殖するため 髪の毛が濡れているとマセラチア菌と呼ばれる菌が異常繁殖し、ニオイや痛みの元になる
③頭皮の血行が悪くなるため 頭皮や髪の毛が濡れていると、頭皮が冷えて血行が悪化する

濡れている髪の毛や頭皮は、男の髪の毛をサラサラじゃなくさせてしまうことが分かりましたね!

⑦濡れた髪をゴシゴシ拭いている

タオルでゴシゴシと髪の毛や頭皮を拭いていませんか?

髪の毛がサラサラじゃなくなっている原因の7つ目は、塗れた髪の毛をゴシゴシ拭くことです。

塗れた髪の毛は非常にダメージを受けやすいため、外部からの刺激や摩擦によりダメージを受けてしまいます。

また、ゴシゴシこすることで頭皮が傷つき頭皮トラブルが引き起こされる可能性があるのです。

切れ毛や枝毛・パサつきなどの頭皮トラブルが発生すると、髪の毛はサラサラヘアを保てなくなります。

⑧ドライヤーのやりすぎ

自然乾燥はよくないけど、ドライヤーのやりすぎも実はNGなのです!

髪の毛は熱に弱いため、長時間ドライヤーを使っていると頭皮や髪の毛の水分が奪われてしまいます。

その結果、乾燥状態となり頭皮や髪の毛からうるおいがなくなるのです。

また、同じ場所にドライヤーを当て続けていると頭皮や髪の毛がやけど状態となります。

乾燥しやけど状態まで達してしまうと、男の髪の毛はサラサラではなくなってしまうのです。

ドライヤーを前後や左右に揺らしながら、熱が一か所に辺り続けないようにする必要がありますよ。

サラサラな髪の毛を手に入れる方法!

男の髪の毛がサラサラじゃなくなる原因が分かりましたね。

どれも身近な生活習慣の中にあったのではないでしょうか。

では、男がサラサラな髪の毛を手に入れる具体的な方法について以下に解説していきます。

異性からモテたい男性の皆さん、必見ですよ!

頭皮マッサージ

頭皮マッサージってやったことはありますか?

美容院や整体などでやってもらう頭皮マッサージは、多くの人が気持ちよさを感じています。

頭皮マッサージを行うことで、頭皮の血行が良くなったりコリが解消するのです。

上記の「①頭皮の血行不良」でも解説の通り、血行不良は頭皮トラブルを引き起こすのです。

そのため、頭皮マッサージを行うことで頭皮の血行を良くしてサラサラの髪が育つ環境を整えましょう。

頭皮マッサージの方法は以下の通りです。

  1. 指の腹を使って、側頭部から頭頂部へかけて頭皮をしっかり押さえる。
  2. 頭皮を動かすように6回ほど指を上下させる。
  3. 中指で頭のてっぺんにある「百会」と呼ばれるツボを垂直に3秒押す。
  4. 前頭部→耳の手前までも同様に行う。
  5. 頭全体を指先で軽くリズミカルに叩く。

頭皮マッサージを行う際は、決して爪を立てないように気を付けてくださいね。

栄養バランスのとれた食事

1日3食、栄養バランスに気を付けながら食事をしていますか?

髪の毛は、普段私たちが口にしたものから作られています。

そのため、栄養バランスが悪いと髪の毛も元気に育たないのです。

ファーストフードや外食・コンビニの弁当などは、栄養が偏りがちになります。

そのため、できる限り自宅でバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

しっかり栄養を摂取することで、髪の毛にも十分な栄養を届けることができますよ。

適度な運動

適度に運動していますか?

適度な運動には、全身の血流を改善する効果があります。

また、適度な運動には心肺機能や血管の柔軟性を高める効果もあるのです。

全身の血行が良くなれば、頭皮の毛細血管にも血液が十分に流れます。

その結果、髪の成長に必要な栄養や酸素が頭皮に運ばれるのです。

おすすめの適度な運動は以下の通りとなっています。

  • ジョギング
  • 水泳
  • 散歩
  • ランニング
  • ストレッチ

有酸素運動は、体に適度な負荷をかけながら酸素を十分に体内に取り入れることができます。

無理のない範囲で行うようにしてくださいね。

睡眠時間の確保

男性の皆さん、毎日何時に布団に入っていますか?

睡眠時間を確保しないと、男の髪の毛はサラサラヘアからほど遠くなってしまうのです。

睡眠時間が不足すると、自律神経が乱れて人はストレスを感じやすくなります。

ストレスを感じると血流が悪くなるため、髪の毛がサラサラではなくなってしまうのです。

良質な睡眠は、夜10時~深夜2時と言われています。

この時間には確実に布団に入り、サラサラヘアへと導く土台を作りましょう。

ダメージ補修効果の高いシャンプー・トリートメントを使う

普段お使いのシャンプーって、どのような成分が配合されていますか?

ダメージを受けている髪の毛は、まずは補修をすることから始めましょう。

そのためには、ダメージ補修効果の高いシャンプーやトリートメントを使うことをおすすめしますよ。

ダメージには以下の種類があり、それによりダメージの症状が異なります。

乾燥やパサつき キューティクルが壊されることにより、まとまりのない髪になる
切れ毛や枝毛 くせ毛の男によく現れる症状で、髪の内部がねじれているため少しの摩擦で切れる
ゴワつき キューティクルが壊れることで、指通りの悪い髪の毛へと導かれている
ハリ・コシがない 先天的と後天的があり、後天的の場合は頭皮トラブルによりハリ・コシが失われる

これらの症状が現れている場合は、髪の毛がダメージを受けている状態です。

一日も早く、ダメージ補修効果の高いシャンプーやトリートメントでケアをするようにしてくださいね。

正しいシャンプーの方法を実践しよう

サラサラの髪の毛を男が手に入れるには、正しいシャンプーの方法を実践することをおすすめしますよ。

正しいシャンプーの方法を、以下に詳しく解説しますので見落とさずにチェックしてくださいね。

また、今まで普段行っていたシャンプーとどこが違うのか比べてみましょう。

改善点が見つかることで、正しいシャンプーの方法をすぐにマスターすることができますよ。

1. 事前にブラッシング

男がサラサラの髪の毛になるには、シャンプーする前からポイントがあります。

シャンプーする前にブラッシングを行うことで、頭皮や髪の毛についたゴミやホコリを浮かせることができるのです。

大きなゴミやホコリは、このブラッシングにより落ちていきますよ。

また、髪の毛に絡まっている抜けた髪の毛もこのブラッシングで落とすことができます。

さらに、ブラッシングで髪の毛の絡まりをとくことができるのでシャンプー時の摩擦を最小限に抑えることができるのです。

2. 丁寧な予洗い

予洗いって行っていますか?

シャンプーをつける前に、この予洗いを行うことでサラサラの髪の毛へと一歩近づくことができるのです。

予洗いを行うことで、ブラッシング時に浮いたゴミやホコリを洗い流すことができます。

2~3分予洗いを行うと、頭皮や髪の毛についた8割程度のゴミやホコリが落ちると言われているのです。

この予洗いにより、シャンプーの泡立ちが良くなるためシャンプーを必要以上につける必要がなくなりますよ。

また、泡立ちが良くなることで頭皮や髪の毛への摩擦も減りダメージを与えにくくなるのです。

3. シャンプーは手で泡だてよう

シャンプーを手のひらに取ったら、すぐに頭皮につけていませんか?

実は、これは一部の頭皮にべったりとシャンプーをつけてしまうことにつながるのです。

そのため、その部分に強い刺激が与えられて頭皮トラブルが引き起こされることもあります。

シャンプーを手のひらに取ったら、ぬるま湯を少量足して泡立てることをおすすめしますよ。

このひと手間により、摩擦も最小限に抑えられてムラなく頭全体にシャンプーが行き渡ることができるのです。

4. すすぎはたっぷりと

男性の皆さん、すすぎは何分かけていますか?

シャンプーが頭皮や髪の毛に残っていると、フケやかゆみなどの頭皮トラブルの原因になります。

そのため、3分程度かけてしっかりすすぐことをおすすめしますよ。

すすぐ際は、まずは頭全体についた泡を丁寧に流しましょう。

この時、手で髪を少しかきわけながら満遍なくシャワーが行き渡るようにするのがコツです。

泡が無くなったら、生え際にシャワーを当てて後ろに流すようにしてすすいでくださいね。

トリートメントの付け方にも気をつけよう!

男の髪の毛をサラサラにするのは、シャンプーだけではありません。

トリートメントは、髪の毛にツヤやうるおいを与えるという重要な役割を果たします。

そのため、正しい付け方をすることでトリートメントの効果を最大限に発揮させることができますよ。

1. 水気を取る

トリートメントを付ける際、水気をしっかり取っていますか?

シャンプー後にしっかりすすぎを行うことで、髪の毛にはたっぷりの水分が含まれています。

トリートメントは髪の内側まで浸透させる必要があるため、この水分が多く残っていると十分に髪の毛に浸透しないのです。

また、水分が多く残っているとトリートメントの効果を薄めてしまいます。

その結果、付けたトリートメントがすぐに髪の毛から流れ落ちやすくなるのです。

トリートメントを付ける際は、水気を十分に取ってから付けるようにしてくださいね。

2. 髪をとかす

水気を取ったら、髪をとかしましょう!

このひと手間で、髪の毛の絡まりをとくことができるのです。

入浴中に行うこの作業は、「コーミング」と呼ばれています。

シャンプー時には多少の摩擦が発生するため、髪の毛が絡まりやすくなります。

この絡まりをとくことで、トリートメントの浸透をアップさせることができるのです。

トリートメントの効果を最大限に発揮させる重要な工程ですので、忘れずに行ってくださいね。

3.トリートメントは十分使おう

トリートメントには、髪の毛に栄養を与える効果もあります。

そのため、メーカー推奨量を守って使うことをおすすめしますよ。

推奨量は、ボトルに表記されていることが多いためしっかり目を通すようにしましょう。

少ない量では、トリートメントの効果を最大限に発揮できない可能性があります。

また、多すぎても適量以上の効果が期待できるわけではありません。

多すぎず少なすぎない十分な量を使うことがポイントです。

髪の毛全体に行き渡るような量を使ってくださいね。

4. トリートメントは頭皮につけない

髪の毛に栄養を与えるトリートメントですが、頭皮につけるものではありません。

頭皮につけてしまうと、刺激を与えてしまい頭皮トラブルの元となる可能性があります。

トリートメントを頭皮につけてはいけない理由は、以下の通りです。

  • 洗い流しとなった場合に雑菌が繁殖する
  • 皮膚の炎症が引き起こされる
  • つけすぎた場合に雑菌が異常繁殖する

一部のトリートメントには、頭皮ケアを目的としているものもあります。

このようなトリートメントは、直接頭皮につけても問題ありません。

しかし、基本的には多くのトリートメントは頭皮につけるものではないのです。

5. ブラシでとかして馴染ませよう

トリートメントの成分をしっかり髪の内部まで浸透させるには、付けたらコーミングをしましょう。

クシやブラシでとかすことで、髪の毛に均等にトリートメントが広がります。

この時に使うクシやブラシは、目が粗めのものを使いましょう。

旅館やホテルに常備してあるプラスチック製のクシでも問題ありませんよ。

目が細かいクシやブラシを使ってしまうと、トリートメントが取れてしまいます。

また、目が細かいものは髪の毛を必要以上に引っ張ってしまう可能性があるのです。

そのため、馴染ませる際は頭全体の髪の毛を優しく丁寧にとかしてくださいね。

6. 7~10分は流さず浸透させよう

コーミングが終わったら、7~10分は流さずに浸透させましょう。

これは、浸透させることでダメージを補修する効果が期待できるのです。

ただし、10分以上浸透させても効果がアップするわけではありません。

また、サラサラの効果が高まるわけでもないのです。

栄養成分がしっかり浸透したら、それ以上の時間は浸透させる必要はありませんよ。

さらに、この浸透の工程で一点注意すべきことがあります。

それは、長時間浸透させるとベタつきの原因になる可能性があることです。

ベタベタの頭皮は、フケやかゆみなどの頭皮トラブルを引き起こすため長時間浸透させないように気を付けましょう。

7. ヌルヌル感がなくなるくらいまですすぐ

しっかり浸透させたら、いよいよ最後の工程「すすぎ」です。

ダメージケアをしてくれるトリートメントですが、すすぎ残しは頭皮トラブルの元になります。

そのため、浸透後はヌルヌル感がなくなるまでしっかりすすぎましょう。

手で触って髪の毛がしっとりする状態まですすげばOKですよ。

また、すすぐ際は顔や背中などの体にも残らないようにしっかりすすいでくださいね。

トリートメントが体に残ると、ニキビや皮膚の炎症などが発生することもあります。

正しいタオルドライの方法

シャンプーやトリートメントの正しいやり方が分かりましたね。

しかし、サラサラの髪の毛を作るのはまだポイントがあるのです。

シャンプー&トリートメントが終わったら、すぐにタオルドライの時間ですよ!

そこで正しいタオルドライの方法を以下に解説していきます。

①優しく頭皮を拭く 大き目のタオルで頭全体を包み、頭皮を指の腹でマッサージするように丁寧に拭く。
②髪の毛の毛先を拭く 毛先についている水分を優しく拭き取る。強くギュッと絞るのはNGですよ。

また、タオルドライをする際はマイクロファイバー素材のタオルを使うようにしましょう。

この素材のタオルは、吸水性に優れているため効率よく水分を拭き取ることができるのです。

さらに、マイクロファイバー以外にも麻や竹・綿100%の天然素材は吸水力が高いのでおすすめですよ。

ドライヤーは正しく使おう

ドライヤーの正しい使い方ってご存知ですか?

タオルドライが終わったら、ドライヤーで髪の毛と頭皮を乾かしましょう。

髪の毛は濡れている状態では、キューティクルが開いている状態です。

髪の毛は、ドライヤーの熱を含む外部からのダメージに弱い特徴があります。

そのため、ドライヤーは正しく使わないと髪の毛が傷んでしまうのです。

それでは、以下に正しいドライヤーの使い方を解説していきましょう。

サラサラな髪の毛を目指す男にオススメのシャンプー

サラサラの髪の毛を手に入れるには、上記で解説したように日常生活の中で一つ一つ気を付ける必要があります。

では、正しいシャンプーのやり方が分かったところでおすすめのシャンプーを紹介しましょう。

以下に勧める3つのシャンプーを使って、上記のようにシャンプーしてみてくださいね。

使い続けることで、サラサラの髪の毛をゲットできるかもしれませんよ!

モンゴ流シャンプーEX

モンゴ流シャンプーEXは、髪の内側と外側からダメージを補修するシャンプーです。

髪の毛に必要な油分や水分などが増えるため、髪の毛一本一本が太くなります。

また、以下のダメージ補修成分がしっかり髪の毛に浸透するのです。

ペリセア 髪の毛の奥深くまで浸透し、内側と外側からダメージを補修する。
エルカラクトン ドライヤーなどの熱によって髪の毛と結合し、キューティクルのダメージを補修する。
Sepitonic M3 亜鉛・銅・アスパラギン酸が毛根にアプローチしてキレイな髪の毛を作りあげる。

また、このシャンプーは頭皮の汚れをしっかり落とすのに指通りがなめらかな特徴があります。

さらに、高品質なアミノ酸が余分な皮脂を洗い落とすため頭皮が清潔に保たれるのです。

汚れをしっかり落としながら、栄養を与えてくれるため髪の毛が健やかになりますよ。

公式サイトはこちら

グロースプロジェクトアロマシャンプー

このシャンプーは、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーです。

鉱物油や合成香料・着色料を配合せず、厳選された天然保湿成分を配合していることが特徴の一つとなっています。

この成分により、髪の毛の水分量や強度を調整し健やかな状態へと導いてくれるのです。

このシャンプーの特徴は他にもありますよ。

アミノ酸系洗浄成分を配合 毛穴の汚れまでスッキリさせる。
厳選された29種類の成分を配合 健やかな頭皮環境を作りあげる。
シリコンは配合していない 天然成分によりキシまずサラサラの指通りを実現。
天然のアロマオイルを配合 癒しの香りでリラックス効果を与え、頭皮力を強化する。エイジング効果もあり。

また、このシャンプーには45日間の全額返金保証制度も整っています。

自信を持って販売していることが分かりますね。

へアリプロ薬用スカルプシャンプー

このシャンプーは、毛髪のプロである「アデランス」から開発・販売されたスカルプシャンプーです。

ヘアリプロ薬用スカルプシャンプーは、それぞれの肌質に合わせたシャンプーを選ぶことができますよ。

タイプ別のシャンプーは以下の通りです。

超脂性肌向けのシャンプーから、脂性肌向け・乾燥~普通肌向けとそれぞれの肌質に合わせたシャンプーを選ぶことができます。

超脂性肌向け 頭皮のベタつきが気になる方へ。120%のアミノ酸洗浄成分と4倍量のメントールによりさっぱりとした洗い上がりへ。
脂性肌向け 頭皮がベタつきやすい方へ。アップした洗浄力が毛穴をスッキリさせる。追加した保湿成分により頭皮環境が整う。
乾燥~普通肌向け 頭皮や髪の毛の汚れを洗い流しながら、アミノ酸系洗浄成分でしっとりと潤いのある髪の毛をキープさせる。

このように、どのタイプもしっかり洗浄しながらそれぞれの髪質のトラブルを解消していく効果が期待できるのです。

男もサラサラな髪の毛で異性にアピール!

サラサラの髪の毛へと導く男用のシャンプーの種類が分かりましたね。

上記で紹介したシャンプーは、頭皮や髪の毛の健康を第一に考えられているため低刺激となっています。

使い続けることで、髪の毛が徐々にサラサラになる効果が期待できるのです。

髪の毛がサラサラで清潔感のある男は、異性からの印象もアップし好印象となるはずです!

しっかり頭皮ケアをし、キレイな頭皮環境を維持して異性へとアピールしてみてはいかがでしょうか。