髪の毛を増やすには?ボリュームを出すにはどうしたら良い?

髪の毛

髪の毛を増やしてボリュームを出したい!

髪の毛が薄いと髪型が決まらず、第一印象にも影響を与えるので気にしている方も多いかと思います。

今回はそんな薄くなってしまった髪の毛を増やすことでボリュームアップを狙う方に向けた記事となっています。

髪の毛が減ってしまう原因やその対策方法までご紹介していますので、気になる方は是非このまま読み進めてくださいね。

髪の毛が薄いときに考えられる症状

抜け毛が増えたり、気づいたら髪の毛が薄くなっていた。

そんなときは以下に挙げるような原因があるかもしれません。

原因や症状は性別によっても異なります

まずは男性の薄毛症状と女性の薄毛症状についてそれぞれ詳しく解説していきましょう。

自分に当てはまる個所がないかどうか考えながら読んでみてください。

男性の薄毛症状

まず男性の薄毛症状から解説していきます。

男性の代表的な薄毛症状としてはAGA(男性型脱毛症)が挙げられます。

こちらは男性ホルモンが大きく関わっており、遺伝や生活環境により進行度が異なります。

この遺伝とは、5αリダクターゼの量とアンドロレセプターの感度に大きく関わります。

5αリダクターゼはテストステロンという男性ホルモンをジヒドロテストステロンという脱毛因子のあるホルモンに変性する作用があります。

そしてその因子を受け取り抜け毛を引き起こすのがアンドロレセプター(受容体)の役割です。

つまり5αリダクターゼが多ければ多いほど脱毛因子を含むホルモンの量が増え、アンドロレセプターの感度が高ければ高いほど抜け毛を起こしやすいのですね。

そしてその量や感度を決めるのが遺伝子、進行度合いに関わるのが生活環境なのです。

女性の薄毛症状

男性の髪の毛がボリュームダウンしてしまう原因は男性ホルモンが密接に関わっていました。

では、もともと男性ホルモンよりも女性ホルモンが優位な女性の場合にはどのような薄毛症状があるのでしょうか?

気になる女性の薄毛の原因についてみていきましょう。

びまん性脱毛症

まずご紹介するのがびまん性脱毛症です。

びまん性とは広範囲にわたり病気の症状が出ている状態を表す言葉で、つまり薄毛症状が頭部全体的に及んでいる状態となります。

ではなぜ、びまん性脱毛症になってしまうのでしょうか。

これはヘアサイクルの乱れが原因です。

ヘアサイクルとは髪の毛が生える周期の事で、通常は成長期→退行期→休止期を繰り返して髪の毛の成長や発毛が促されます。

しかしヘアサイクルが乱れると健康な髪の毛を作るための成長期の期間が短くなり、だんだん髪の毛がやせ細っていってしまいます。

これが続くことで髪の毛全体のボリュームが減ると、びまん性脱毛症と診断される可能性があるということですね。

女性男性型脱毛症(FAGA)

さて、さきほど男性の薄毛症状の代表的なものとしてAGAをご紹介しました。

AGAは前述したとおり男性ホルモンが大きく関わる薄毛症状です。

それなら女性には関係ないと思われるかもしれませんが、残念ながら女性にもAGAと同様の症状が起きる可能性があります。

女性の場合には女性男性型脱毛症(FAGA)と少々ややこしい名前になりますが、基本的な原因はAGAと同じです。

通常であれば男性ホルモンに比べて女性ホルモンが優位であるため、男性に比べて女性の方がAGA症状は起きにくくなっています。

しかし加齢やストレスなどにより女性ホルモンが減少したり男性ホルモンが増加したりと、ホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。

すると女性でも男性ホルモンが優位になりFAGAの症状が起きてしまうのです。

髪の毛が増えない・ボリュームがないのはなぜ?

薄毛や抜け毛の原因となってしまう症状をご紹介しましたが、髪の毛のボリュームがない原因はそれだけではありません。

例えば普段のちょっとした癖や習慣によっても、薄毛を促進してしまっている可能性があるんです。

では実際にどのような行動が薄毛を引き起こしているのか、詳しく見ていきましょう。

先ほど述べた原因にも関係してくるので、こちらも自分に当てはまっている部分が無いか考えて読んでみてくださいね。

男性ホルモンの変化

まずは先ほどAGAの項で解説した、男性ホルモンが薄毛の原因となっている場合です。

これは前述の通り、男性ホルモンの一種であるテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変性することで起こります。

そもそもテストステロンは骨格や筋肉を作る上で必要であり、男性らしくあるためにとても大切なホルモンです。

しかし、5αリダクターゼという酵素がテストステロンに働きかけるとDHTというホルモンに変化してしまいます。

このDHTには脱毛作用以外にも前立腺肥大や皮脂分泌の促進作用があります

DHTが増えると前立腺肥大症や皮脂の過剰分泌を起こす原因となってしまうので、酷くなる前に薬物治療をすることがすすめられます。

乱れた食事習慣

食生活に関してはダイエットや美容関連の話題の際に取り立たされますが、実は薄毛の原因でもあります。

例えば無理な減量を目指して栄養素が極端に不足してしまうと、髪の毛へ栄養が届かなくなってしまいます。

反対に脂っぽい物の摂りすぎや偏食は皮脂の過剰分泌を起こし、頭皮の毛穴詰まりの原因となります。

どちらも髪の毛の成長を阻害してしまうので、髪の毛がやせ細り全体のボリュームダウンを引き起こしてしまうんですね。

睡眠不足

子供のころはよく親に「早く寝ないと背が伸びないよ」と言われませんでしたか?

これは寝ている間に分泌される成長ホルモンが関係しているからなんです。

成長ホルモンは体の成長を促したり、髪の毛の成長を促進する役割があります。

しかし睡眠不足になってしまうと成長ホルモンの分泌が滞り、体や髪の毛の成長が遅くなったり止まったりしてしまいます。

それ以外にも成長ホルモンは脂肪の分解や骨を強くする作用があるため、減少すると肥満や骨粗しょう症の可能性が高くなります。

運動不足

運動不足と髪の毛のボリュームにどんな関係があるのかと思われる方もいるでしょう。

しかし、運動不足は薄毛を引き起こす原因のひとつなんです。

これは血行不良によって髪の毛への栄養が滞ってしまうことで薄毛に繋がってしまうため。

座っている時間が長かったり、パソコンやスマホなどをいじっている時間が長い方は要注意です。

指先や足先など末端が冷えやすい方や肩こりが酷い方などは血行不良に陥っているかもしれません。

そんなときには簡単にストレッチなどをするだけでも少しはましになるかもしれません。

頻繁な飲酒と喫煙

お酒は百薬の長とも言いますが、飲みすぎは禁物です。

過度な飲酒は薄毛を引き起こすDHTを増加させてしまう物質、アセトアルデヒドを生成してしまいます。

たとえば習慣的にお酒を飲んでいて度々二日酔いになってしまうという人は、薄毛を起こしやすい習慣が出来てしまっていると言えるでしょう。

また、タバコには血管を収縮させる作用があるため体内の血行不良の原因になります。

百害あって一利なしと言われるほどデメリットの多い嗜好品でもあるので、禁煙もしくは出来る限り本数を少なくする努力をしましょう。

紫外線を浴びすぎている

女性は特に紫外線対策をしている方が多いかと思いますが、顔や体だけで満足してはいませんか?

紫外線がシミやシワの原因になることは有名ですが、実は髪の毛のボリュームにも影響を与えるんです。

これは紫外線により頭皮が乾燥し、乾燥した頭皮を守るために皮脂が過剰分泌されることによって引き起こされます。

先ほど食事習慣によって皮脂の過剰分泌が起こると毛穴詰まりを起こすことはお伝えしましたね。

紫外線でも同じように毛穴詰りによって髪の毛の成長が阻害されやせ細ることで抜け毛が起きてしまうんです。

精神的ストレス

仕事に家庭に忙しいと知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまいます。

また、昇進や結婚など嬉しいことでも人間はストレスを感じてしまうのはご存知でしたか?

このように普段気づかないうちに溜まっているストレスは、人間が健やかに過ごすために大切な自律神経を乱してしまう原因になります。

自律神経とは副交感神経と交感神経のバランスによってなりたっており、これが良いバランスであれば心身を健康に維持することができます。

つまり反対に自律神経が乱れると心身ともに具合が悪くなってしまうんですね。

症状の中でもとくに血行不良や食欲不振による栄養不足は髪の毛のボリューム不足に大きく関わります。

髪の毛を増やす方法は主に3つ!髪の毛が痩せる原因についてご紹介しました。

ではこれらの原因を踏まえて髪の毛を増やすにはどのようにすれば良いのでしょうか?

それには大きく分けて以下の3つの方法が挙げられます。

  1. 生活習慣の改善
  2. 洗髪&ヘアケア
  3. 育毛剤の使用

ここからはそれぞれについて詳しく解説していきます。

髪の毛を増やすことを目指している方は是非実践してみてください。

髪の毛を増やすためにやるべきこと【日常生活編】

まずは今日からでも出来る日常生活改善で髪の毛を増やす方法についてご紹介していきましょう。

つまりは先ほど原因の項で述べた生活習慣を改善するということですね。

自分に当てはまる原因がある方は特によく読んでおきましょう。

お金がかかる対策ではなく意識を変えるだけで増やすことが出来るので、まずはここから始めてみてくださいね。

睡眠を十分に取る

テレビを見たりスマホをいじったりして慢性的に睡眠不足になっている方は、まずはここから改善していきましょう。

前述の通り睡眠時には髪の毛に必要な成長ホルモンの分泌が行われます。

とはいえただ寝れば良いわけではなく、質の良い睡眠をとる必要があります。

では質の良い睡眠をとるにはどうしたらよいのかというと、寝る前に目や頭をリラックスさせる時間をとりましょう。

寝る直前までブルーライトなどを見てしまうと脳が興奮している状態になってしまい、睡眠の質も低下してしまいます。

最低でも1時間前にはテレビやスマホ、パソコンを消してリラックスする時間を作ることが髪の毛を増やすうえで大切です。

食生活を改善する

睡眠の改善と同時に髪の毛を増やすために気を付けたいのが食生活です。

食事の栄養は意識して取らないと意外と不足しがちですので、以下の栄養素を意識的に摂るようにしましょう。

タンパク質

髪の毛にとって一番大切ともいえるのがタンパク質です。

髪の毛はケラチンという主成分で構成されていますが、このケラチンはタンパク質を元にしてできています。

そのためタンパク質が不足すると髪の毛が作れなくなってしまうんですね。

タンパク質は卵や納豆、ささみなどに多く含まれていますのでカロリーに気を付けながらしっかり摂るようにしましょう。

ミネラル

ミネラルは新陳代謝に大きく関わる栄養素で、健康な髪の毛が生えるために必須です。

髪の毛に必要なミネラルで有名なところは亜鉛でしょう。

亜鉛は牡蠣に豊富に含まれていますが、摂取が難しければサプリメントでも販売しています。

それ以外にも魚介類に含まれているヨウ素も摂取したいミネラルの一つですので、魚を積極的に摂ると良いですよ。

ビタミン

レモンや柑橘系に含まれるビタミンCは美白効果があるとして有名ですが、髪の毛の為にはビタミンB群を積極的に摂りましょう。

ビタミンB群の中でも特にB2、B6は摂って頂きたい栄養素です。

B2は頭皮環境を整えて、髪の毛が生えやすい環境に導きます。

B6は髪の毛の主成分であるタンパク質をケラチンに変えるために必要な栄養素ですので、これが不足すると髪の毛を増やすことが出来ません。

B2は干し海苔や豚レバーに、B6はニンニクに豊富に含まれているので食事にとりいれてみましょう。

飲酒と喫煙を控える

生活習慣の中でもぱっと切り替えるのが難しいのは飲酒と喫煙でしょう。

しかしどちらも常用していると髪の毛のボリュームダウンの原因になってしまいます。

お酒は適量であればストレスを軽減したり血行を促進する効果があるため、休肝日を設けたり一日の摂取量を減らすようにして上手に付き合いましょう。

ただし喫煙は体にとって害が多いため、髪の毛を増やす為だけではなく健康のためにも禁煙をオススメします。

有酸素運動をする

脂肪燃焼効果があるとしてダイエットを目指す方によくオススメされる有酸素運動ですが、髪の毛のボリュームアップにも効果的なんです。

まず体内に酸素を取り込む有酸素運動は心肺機能の向上や骨の強化、そして血行促進効果があります

これらの働きにより髪の毛に栄養素が届きやすくなるので、髪の毛を増やすだけでなく成長させ太く健康的にする効果が期待できます。

さらに有酸素運動の大きな特徴としては、DHTの排出効果が期待できる点です。

AGA専門クリニックの研究によると運動によって出た汗とともにDHTが体外に排出される効果があるんだとか。

AGAやFAGAに悩まれている方は日常生活にウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を取り入れてみましょう。

紫外線対策を徹底する

紫外線は頭皮を乾燥させて髪の毛を減らす原因になるので、徹底した対策をしましょう。

紫外線対策の方法としては帽子や日傘の使用、もしくはUVカットスプレーの使用が挙げられます。

ただし帽子は薄毛を促進してしまう可能性があります。

できれば紫外線を反射する黒系統もしくはUVカット仕様の日傘か、スプレーを使用するようにしましょう。

どうしても帽子を使いたい場合には同じく紫外線を通さないものを選び、かつメッシュ素材など頭皮が蒸れないものを選ぶと良いでしょう。

ストレスを溜めすぎない

簡単そうで難しい方法ですが、髪の毛を増やすのならストレスを溜めすぎないことも大切です。

ストレスが溜まってどうにもならない状態になる前に小まめに発散するようにしましょう。

例えば好きな音楽を聴いたり、読書をするなど自分の心が休まる時間を作ると良いでしょう。

それ以外に、適度な運動はストレス発散効果があります

先ほどご紹介したように有酸素運動は髪の毛を増やす効果も期待できるので、散歩などに出るのも良いですね。

髪の毛を増やすためにやるべきこと【洗髪&ケア編】

さて、日常生活ですべき対策が出来たら次のステップに進みましょう。

行うべきはシャンプーなどのヘアケア方法の改善です。

普段何気なく行っているシャンプー方法が、実は髪の毛や頭皮にとって悪影響を及ぼしている原因かもしれません。

自分のやり方が間違っていないかどうか考えながら読んでみましょう。

ブラッシングをする

普段しっかり髪の毛をブラッシングしていますか?

朝身支度するときにはしていても、シャンプー前にはしていないという方も多いのではないでしょうか?

もしそうであれば、是非今日からはシャンプー前のブラッシングを取り入れてみてください。

そうすることで日中髪の毛に付着したほこりやゴミを落とし、髪の毛に皮脂の膜を作る効果があります。

皮脂の膜はシャンプー時のダメージを軽減し、パサつきなどを予防するので髪の毛を増やすだけでなく美髪に近付けることができます。

頭皮マッサージをする

頭皮マッサージは髪の毛を増やすうえでとても効果的な方法です。

これはマッサージをすることで頭皮の血行を促進し、髪の毛に必要な栄養素が届きやすくなるためです。

とくにシャンプー時にマッサージを取り入れると頭皮の刺激が緩和され、また浴室の温度で血行が促進されやすいのでオススメです。

頭皮マッサージ用のヘアケアグッズを使っても良いですが、指でマッサージをするだけでも十分効果がありますよ。

ただし指を使う場合には爪を立てたり力を入れすぎないように注意しましょう。

育毛シャンプーを使用する

シャンプーの中には育毛効果がある成分を配合している、育毛シャンプーがあります。

また、シャンプーには洗浄成分が必ず配合されていますがこの成分に関しても注意が必要です。

高級アルコール系や石けん系に分類される洗浄成分は、洗浄力が強い一方で頭皮の乾燥を引き起こす場合があります。

脂性肌の人には合いやすいですが、乾燥肌や敏感肌の方は頭皮が荒れてしまう原因になることも。

そんな場合にオススメなのがアミノ酸系洗浄成分を配合しているシャンプーです。

アミノ酸系のものは洗浄力がマイルドですので、汚れを落としながらも頭皮に必要な皮脂を残すことができます。

アミノ酸系のデメリットとして泡立ちが悪い点を挙げられることがありますが、シャンプーによっては改善できるよう配合成分を考えています。

気になる方は口コミなどを参考にしながら自分に合いそうなものがあるか調べて見てください。

シャンプーの洗い残しに注意する

シャンプーの洗い残しがあるとそこから雑菌が増えたり、毛穴詰まりを起こしてしまいます。

雑菌の増殖は頭皮が臭う原因になりますし、毛穴詰まりは髪の毛の減少を引き起こします。

最後のすすぎが甘いとシャンプーが台無しになってしまうので、お湯で十分に洗い流しましょう。

すすぎ時間の目安としては最低3分ほど、できればシャンプーした時間の2~3倍は行いましょう

長く感じるかもしれませんが、頭皮マッサージを取り入れるなどしてしっかりとケアすることが髪の毛を増やすポイントですよ。

良く乾かしてから寝る

髪の毛は濡れているとキューティクルが開いて普段以上にダメージを受けやすいので髪の毛はなるべく早く乾かすようにしましょう。

髪の毛を増やすのなら、乾かすときにもいくつか注意があります。

まずタオルドライをするときには髪の毛同士を擦り合せたりしないよう、優しく包むように水分を拭き取りましょう。

そして、しっかりとタオルで水分をとることでドライヤーの時間を短縮し髪の負担を減らしましょう。

これらが髪の毛を増やすためのポイントです。

髪の毛を増やすためにやるべきこと【育毛編】

生活習慣やシャンプー方法を改善したら、あと増やすためにできることは普段にプラスしてヘアケアすることです。

髪の毛を増やすのであれば育毛を目指しましょう。

育毛と言えば育毛剤の使用が効率よく効果を期待することができますよ

育毛剤の効果とは

ここからはオススメの育毛剤をご紹介していこうと思います。

ですが、その前にまずは育毛剤が何かを確認しておきましょう。

育毛剤とは今ある髪の毛を健康にし、成長を促進したり頭皮環境を整える効果がある成分が配合されています。

育毛剤に似ている発毛剤がありますが、発毛剤はその名の通り発毛を促す効果があります。

ただし発毛剤は医薬品に分類されるため育毛剤よりも副作用の可能性が高くなるため、髪のボリュームアップを狙うのなら育毛剤が良いでしょう。

オススメの育毛剤【男性】

ではお待ちかねのオススメ育毛剤をご紹介します。

まずは男性向けのものです。

ブブカ

2018年6月にリニューアルしたばかりのブブカは、有効成分を濃密配合した育毛剤です。

期待できる効果としては海藻エキスM-034による育毛効果。

センブリエキスやトコフェロールによる頭皮環境改善効果。

ビワ葉エキスなど計5種類による5αリダクターゼ抑制効果があります。

成分はナノ化されているので硬くなった頭皮にもしっかりと浸透させることができますよ。

公式サイトをチェックする

チャップアップ

チャップアップ育毛剤はAGAだけでなく、円形脱毛症やM字ハゲの対策にも効果が期待できる成分を配合しています。

それも天然由来成分55種類とアミノ酸15種類という肌に優しい成分からできているため、敏感肌の方でも安全度の高い育毛剤です。

公式サイトやアマゾンなどで購入が可能、かつ返金保証制度があるので初めての方でも安心ですね。

公式サイトをチェックする

イクオス

イクオスの特徴は何と言っても使用から発毛実感までの期間の短さです。

使用から3ヶ月でなんと78%の方が発毛を実感しているとのこと。

それはAlgas-2を含む61種類の頭皮・育毛ケア成分が独自調合されていることが理由として挙げられます。

DHTがアンドロレセプターと結合することで出来る脱毛因子を阻害する成分も配合されており、AGA予防効果も期待できますよ。

公式サイトをチェックする

オススメの育毛剤【女性】

男性にオススメの育毛剤をご紹介しました。

続いては女性にオススメの物を見ていきましょう。

ベルタ

まず女性にオススメしたいのがベルタ育毛剤です。

オシャレで上品なボトルに、無添加で天然由来成分を配合しているので男性よりも肌が弱いことの多い女性にピッタリです。

女性の薄毛で多い全体的なやせ細りや頭皮の乾燥にも効果があり、産後や授乳時にも使用できる点も大きな特徴ですね。

髪の毛のボリュームを増やしてヘアスタイルを決めたい女性にもオススメですよ。

公式サイトをチェックする

マイナチュレ

香料着色料無添加、27種類の天然成分と10種のアミノ酸を配合しているのがマイナチュレです。

使用者の満足度の高さや信頼性により、2014年から2018年までの5年連続でモンドセレクション金賞を受賞している実力派。

使用感はサラッとしているので、頭皮がべたつくのは苦手という方にもオススメです。

公式サイトをチェックする

花蘭咲

華やかな名前の花蘭咲(からんさ)。

そこにもあるように上質の和蘭であるエビネ蘭から抽出したエビネエキスを主成分としています。

エビネエキス以外には柑橘系やハーブなどの天然植物エキス9種配合により、化粧水のような香りと使い心地です。

スプレータイプなのでサッとボリュームアップを目指すことができますよ。

公式サイトをチェックする

まとめ

今回は髪の毛のボリュームが減る原因とその増やすための方法についてご紹介しました。

こちらを読まれたことで、同じ薄毛でも男女によって色々と異なることがわかって頂けたのではないでしょうか?

これらを踏まえて、ぜひ今日から髪の毛を増やすための対策に取り組んでいってくださいね。