フケの予防方法を解説!大事なのは髪の洗い方!?

髪の毛

フケを予防したい!どうすればいいの?

「ゴミと思っていたらフケだった!」

とショックを受けたことはありませんか?

頭皮に付着するフケを見ると、誰しも驚きとショックを受けてしまいますよね。

どうして発生しているのかも分からず、一日に何度もシャンプーをしてフケを取ろうと努める方が多いものです。

しかし、それでも次から次へと発生するこのフケは厄介者とも言えます。

では、どうすれば予防することができるのでしょうか。

以下に、フケの種類や発生する原因・予防する方法について解説していきます。

どうしてフケが発生するの?

毎日ちゃんとシャンプーしているのに、どうしてフケが発生するの?

と疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

実は、フケには「乾性フケ」と「脂性フケ」の2種類がありどちらも頭皮から発生する白い老廃物なのです。

名前の通り、乾性フケは乾燥してパラパラしています。

また、脂性フケは脂分を含んでおりベタベタとしているのです。

これらが発生する原因は以下の通りです。

乾性フケ 過剰なシャンプーなどにより皮脂が不足して、頭皮が乾燥することで引き起こされる。
脂性フケ 頭皮に付着している菌が増えて引き起こされる。脂漏性皮膚炎の可能性もあり。

脂性フケの場合、ストレスやアンバランスな食事など多くの要因が引き金となって菌が増殖してしまいます。

また菌が増えるのはその他にも、育毛剤の使用や不規則な生活によってもフケは引き起こされるのです。

フケの予防なら髪の洗い方を見直そう!

この後も詳しく予防方法を解説しますが、フケを予防するならまずは髪の洗い方から改善するのがおすすめですよ。

髪の洗い方を改善するだけで、予防できるなんて嬉しいですよね!

また、髪の洗い方を改善するのは今日からでもすぐに始めることができます。

髪の洗い方を改善するだけで、予防できるケースもあるのです。

それでは、正しい髪の洗い方について以下に詳しく6つ解説していきます。

フケで悩んでいる方を含めて、事前に予防したいとお考えの方も必見ですよ。

①ブラッシングで髪をとかす

フケを予防する髪の洗い方一つ目は、シャンプー前にブラッシングを行うことです。

ブラッシングには、絡まった髪をとかす効果以外にも以下の効果がありますよ。

  • 頭皮や髪の毛に付着しているゴミ、ホコリ、フケを浮かせる
  • 頭皮や髪の毛に付着しているゴミ、ホコリ、フケが落ちる
  • 抜けて絡まっている髪の毛を落とす
  • 頭皮にこびりついているフケが剥がれやすくなる

これらの効果により、シャンプーの泡立ちが良くなるのです。

また、泡立ちが良くなるためシャンプーも少量で済みますよ。

②予洗いで髪の根元まで濡らす

シャンプー前に十分に髪の毛や頭皮を濡らしていますか?

フケを予防する髪の洗い方二つ目は、予洗いで髪の根元まで濡らすことです。

この予洗いで、ブラッシングで落ちなかったゴミやホコリ・フケを洗い流すことができます。

また、予洗いを行うことで髪の毛や頭皮が十分に水分を含むためシャンプーの量を必要以上に使うことがなくなるのです。

シャンプーを必要以上に使うと、頭皮や髪の毛にダメージを与えることがあります。

シャンプーの容器にメーカー推奨量が記載されていますので、その量を守るようにしてくださいね。

さらに、予洗いを十分に行うことでシャンプー時の摩擦を最小限に抑えることができますよ。

③手で泡立ててから優しくシャンプーする

シャンプーを手に取ったら、いきなり頭皮につけていませんか?

フケを予防する髪の洗い方三つ目は、シャンプーは手で泡立ててから頭皮につけることです。

手にシャンプーを取ったら、ぬるま湯を少し加えて泡立てるようにしましょう。

ネットを使ってまで泡立てる必要はありませんが、白い泡になるまで泡立ててくださいね。

どうしても泡立てるのが苦手な場合は、ネットやスポンジを使って泡立てることをおすすめしますよ。

ここでしっかり泡立てずにシャンプーの原液を頭皮につけると、頭皮には刺激が強過ぎるのです。

また、すすぎの際に残りやすくなるためしっかり泡立てるようにしましょう。

④3分ほどしっかりすすぐ

頭皮全体を優しくシャンプーしたら、すすぎの時間です。

フケを予防する髪の洗い方四つ目は、3分ほどしっかりすすぐことです。

ここでシャンプーの泡をしっかりすすぐことで、頭皮を清潔に保つことができます。

シャンプーが頭皮や髪の毛に残っていると、フケやかゆみの原因となるのです。

そのため、3分ほどかけて丁寧にすすぐようにしましょう。

この時、マッサージをするように髪の毛の間に指を入れてすすぐと満遍なくシャワーが行き渡りますよ。

⑤自然乾燥はダメ!ドライヤーでしっかり乾かす

シャンプーが終わった後、すぐに髪の毛を乾かしていますか?

フケを予防する髪の洗い方五つ目は、洗った髪をドライヤーですぐに乾かすことです。

髪の毛は濡れている時が最も外的刺激を受けやすいため、一刻も早く乾かす必要があります。

また、自然乾燥させていると雑菌が異常繁殖しニオイの元になるのです。

シャンプーが終わったら、まずはタオルにて毛先の水分と頭皮の水分を優しく拭き取りましょう。

大部分が拭き取れたら、すぐにドライヤーでしっかり乾かすようにしてくださいね。

⑥最後に頭皮マッサージをする

フケを予防する髪の洗い方最後は、仕上げに頭皮マッサージをすることです。

シャワーを浴びた後は、頭皮も温まり血行が良くなっている状態です。

この時にマッサージを行うことで、更に血流が良くなります。

その結果、頭皮環境も整いフケを防ぐことができるのです。

マッサージをする際は、爪を立てずに指の腹で優しくゆっくり行ってください。

前頭部・頭頂部・側頭部・後頭部と下からつむじへ向かって、頭皮をほぐすようにマッサージしましょう。

マッサージには頭皮改善効果以外にもリラックス効果もあるため、一石二鳥ですね。

洗い方を変えてもフケが出る場合は?

正しい髪の洗い方が分かりましたね。

しかし、上記の解説のように髪を洗ってもフケが出る場合はどうしたらいいのでしょうか。

以下に、対処法を解説していきますので万が一のために目を通しておいてくださいね。

美容師に聞いてみる

上記のように正しい髪の洗い方を実践しても、フケが出るのは正しくやっているつもりでもしっかり洗えていない可能性があります。

特に頭頂部や後頭部は自分では見えないため、洗い残しやすすぎ残しがある場合もあるのです。

その場合は、一度美容院でやり方を教えてもらうのがおすすめですよ。

美容師はシャンプーのプロでもあるため、正しい洗い方を実践を交えながら教えてくれます。

積極的に聞いて、正しい髪の洗い方を聞いてみましょう。

また、美容院では髪を切らなくてもシャンプーだけやってもらえる場所も多いのです。

遠慮せず気軽に相談して予防法を教えてもらってくださいね。

シャンプーを変えてみる

普段使っているシャンプー、どのような成分が含まれているかご存知ですか?

洗い方を変えてもフケが出る場合は、シャンプーを変えてみることも一つの方法です。

もしかすると、今使っているシャンプーの洗浄力が刺激が強い可能性があります。

洗浄成分に石油系界面活性剤を使っている場合、頭皮に必要な皮脂やうるおいまでもが洗い流されてしまうのです。

そのため、頭皮が乾燥してフケやかゆみが引き起こされるケースがあります。

刺激の強いシャンプーを使っている場合は、下記のようなアミノ酸系のシャンプーに変えることで予防することをおすすめしますよ。

男性はチャップアップシャンプー

チャップアップシャンプーは、毛髪診断士と美容師によって開発されたノンシリコンシャンプーです。

美容師が使用しているシャンプーでは、堂々の1位を誇っており毛髪のプロからも大絶賛されています。

このシャンプーには以下の特徴がありますよ。

22種類の植物系成分と10種類のオーガニック成分を配合 頭皮環境を整えて、髪の毛や頭皮をキレイに保つ
5種類のアミノ酸系洗浄成分を配合 必要な皮脂やうるおいを奪わず、不要な汚れや皮脂はしっかり洗い落とす
無添加 シリコンや石油系界面活性剤・鉱物油など頭皮や髪の毛に余計なものは一切配合しない
RO膜による純度の高い水を使用 刺激物を取り除いた純度の高い水を使用することで、敏感肌の方でも安心して使用できる

このように、チャップアップシャンプーは頭皮と髪の毛の健康を第一に考えられて開発されているのです。

これら配合されている成分には、フケを改善して頭皮環境を整える効果も期待できるため予防法としておすすめですよ。

女性はベルタシャンプー

ベルタシャンプーは、頭皮から立て直すことで頭皮トラブルを改善する効果が期待できるシャンプーです。

オーガニックなのに泡立ちが良く、頭皮トラブルを改善するため多くの使用者が満足しています。

モンドセレクションでも、2016年から3年連続で金賞を受賞するほど実力のあるシャンプーですよ。

ベルタシャンプーの特徴について以下にまとめました。

37種類のボタニカル成分配合 頭皮環境を健やかにする
29種類の毛髪ケア成分を配合 ダメージを受けた髪に内側まで栄養を届けて、芯から丈夫な髪へと導く
アミノ酸系洗浄成分を配合 余分な皮脂や汚れはしっかり落とし、うるおいを保つ
無添加+天然由来成分100% 環境にも人にも優しく、頭皮や髪の毛にダメージを与えない

ベルタシャンプーは、傷んだ髪もしっかり補修するのが特徴の一つです。

フケも改善する効果が期待できるため、頭皮環境が整い頭皮トラブルが予防できますよ。

髪の洗い方以外でおすすめのフケ予防!

頭皮環境の改善が期待できるシャンプーがどのようなものか分かりましたね。

では、次は髪の洗い方以外でフケを予防する方法について解説していきましょう。

上記では、フケを予防するのに外的な方法で対処をしてきましたね。

下記では、生活習慣など髪の洗い方以外でフケを予防する方法を5つ解説します。

髪の洗い方を変えてもフケが治まらない方は、特に必見ですよ。

以下に解説する内容が原因となって、フケが治まらない可能性があります。

①脂っこい食事は控える

脂っこい食事を好んで頻繁に食べていませんか?

髪の毛は、口にした飲食物から作られるため脂っこい食事を続けていると髪の毛にも影響が出てしまいます。

脂っこい食事には、タンパク質やミネラル・ビタミンが不足しがちです。

これらの3つの栄養素は、髪の毛が健康に育つのに特に必要とされています。

そのため、脂っこい食事を続けることで髪の毛が栄養不足となり頭皮トラブルが引き起こされてしまうのです。

フケで悩んでいる場合、脂っこい食事はできる限り控えることをおすすめしますよ。

タンパク質・ミネラル・ビタミンが豊富に含まれる食べ物は以下の通りです。

・納豆・牡蠣・レバー・高野豆腐・緑黄色野菜・ナッツ類・柑橘類・魚類・乳製品など

上記で紹介した食べ物を1食に1つだけでも取り入れてみることから、始めてみてはいかがでしょうか。

②たっぷり睡眠する

一日何時間睡眠をとっていますか?

髪の洗い方以外でおすすめのフケ予防として、十分な睡眠が挙げられます。

私たちの体は、睡眠をたっぷりとることで回復されるのです。

体を回復させるには睡眠しか方法がないため、睡眠を十分にとらないと体は回復しません。

睡眠不足が続くと、摂取した栄養は生命の維持に重要である臓器や器官にエネルギーが優先的に使われてしまいます。

そのため、せっかく髪の毛に良いとされる栄養を摂っても睡眠不足が続けば髪の毛には運ばれないのです。

これほどたっぷりの睡眠は重要であるため、一日7~8時間は睡眠をとるようにしましょう。

良質な睡眠をとれば、体も回復し摂取した栄養も髪の毛に運ばれますよ。

その結果、丈夫な髪の毛が育ちフケも予防することができるのです。

③軽く運動して汗を流す

たまには運動して汗を流していますか?

髪の洗い方以外でおすすめのフケ予防三つ目は、軽い運動についてです。

軽い運動には以下の効果がありますよ。

血流の改善 適度な運動により、心肺機能が高まり血流改善効果が期待できる
ストレス発散効果 ストレスにより悪くなった血流が改善し、頭皮にも酸素や栄養が運ばれる
DHTを排出できる 薄毛の原因とされるDHTは、汗と共に排出される

普段運動をしていない人が急に筋トレや激しい運動をすると、ストレスを感じフケが余計に増える可能性があります。

あくまでも、フケを予防するのは軽い運動であるため決して激しい運動はしなくてもOKですよ。

軽い運動としては、ジョギングやウォーキング・ヨガ・水泳などの有酸素運動がおすすめです。

会話が楽しめる程度のレベルで、少しずつ始めてみてくださいね。

④フケの薬を使う

フケを予防するには、薬の力を借りることも時には必要です。

フケは、薬を使うことでより早く改善する可能性があります。

市販の薬には「ムヒHD」や「メディクイックH」がフケ予防に有名な薬です。

薬局やドラッグストアで販売されているので、簡単に手に入りますよ。

これらの薬には、以下の効果が期待できます。

  • かゆみを抑える
  • 菌の増殖を抑える
  • 炎症や湿疹を鎮める

フケの薬を使った場合、すぐに症状が治まる場合もあります。

しかし、治療に2週間~1ヶ月かかるケースもあるため辛抱強く薬を使うことをおすすめしますよ。

ただし、薬を塗らなくなった途端にまたフケが発生することも考えられます。

これは、生活習慣が原因となっている可能性があるのです。

また、フケは原因や体質に個人差があるため薬が合うのかどうかは使ってみないと分からないのがデメリットでもあります。

⑤皮膚科で診てもらう

上記のフケ予防対策を行っても、フケが改善しない時は皮膚科を受診することをおすすめします。

フケは症状が悪化してきた場合、放置していると治りが遅くなることも考えられるのです。

以下に当てはまる場合は、すぐに皮膚科を受診するようにしてくださいね。

  • 頭皮が炎症を起こして、かゆみや赤みをおびている時
  • 症状が1ヶ月以上改善しない時
  • フケの量がどんどん増えている時
  • フケの原因を知りたい時

皮膚科では、フケの根本的な原因を診断してくれます。

それぞれの体質や症状に合う適切な薬を処方してくれるため、治りも早くなる可能性が高まるのです。

一日も早くフケを改善したい場合は、皮膚科でしっかり専門医に診てもらうことをおすすめしますよ。

フケの予防はすぐにやろう!

フケは放置していても治りが期待できないどころか、症状が悪化する可能性があるのです。

そのため、フケを発見したらすぐに上記で解説した予防方法と髪の洗い方で対処してくださいね。

フケが引き起こされるのは、不規則な生活習慣も大きな原因の一つです。

食事・睡眠・運動には十分に気を付けて、普段から規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

また、対処を1ヶ月以上続けても改善しなければ皮膚科を受診することをおすすめしますよ。

フケで悩んでいる場合は、上記の対処法を今日からでも取り入れてみてくださいね。