髪の毛の寿命の長さは?縮めないためにできることは?

髪の毛

髪の毛の「寿命」について解説

髪にも寿命があることをご存知ですか?

日々生活する中で、髪の毛がたくさん抜けると思います。

でも、髪はなくなっていませんよね?

それは、抜ける毛もあれば、また新しく生えてくる毛もあるからです。

そして、抜けるタイミングと生えるタイミングは、1本1本違います。

そのタイミングが違うからこと、髪の毛が一定量を保つことができているとも言えます。

髪の毛の寿命の長さは1本の髪の毛が生えて、抜け落ちるまでの時間の長さのことを言います。

髪の毛の寿命の長さはだいたい何年?

では、その寿命の長さとはどのくらいのものなのでしょうか。

一般的に、女性4年から6年男性3年から5年と言われています。

ホルモンの違いによって、女性の方が髪の毛の寿命は長いようです。

通常、1日におよそ50本から100本の髪の毛が抜けています。

本数だけ見ると、かなりの本数が抜けているように感じるかもしれません。

しかし、平均的な日本人の髪の毛の量は、およそ10万本と言われています。

そして、毎日それだけの本数が抜けても、また新しい髪の毛が生えてくる周期ができているのです。

髪の毛が生えてから抜けるまでのヘアサイクル

その、髪の毛が生えてから抜けるまでの周期のことをヘアサイクルと言います。

では、そのヘアサイクルとはどのようなものなのでしょうか。

ヘアサイクルは、大きく分けて3つの段階があります。

成長期と退行期と休止期です。

その3つの段階を繰り返しながら、髪の毛は生まれ変わり続けているのです。

1つ1つの毛穴によって、どの段階にあるかは異なります。

そのため、一度に髪がなくなったりすることがありません。

以下で、ヘアサイクルの3つの段階についてくわしくみていきます。

成長期

まずは、成長期についてみていきます。

全体のおよそ8割から9割成長期の状態にあります。

成長期は、その名の通り、髪の毛が成長する時期です。

髪の毛を作るための細胞分裂が盛んで、やわらかい毛がどんどん硬く長くなっていきます。

成長期の髪の毛は、個人差はありますが、平均して毎日3mmから4mm伸びると言われています。

そうすると、1ヶ月でおよそ1cm伸びる計算になりますね。

ヘアサイクルの中で、成長期の時期が一番長く、2年から6年と言われています。

退行期

成長期の次に迎えるのは退行期と呼ばれる段階です。

この時期は、髪の毛を作る細胞分裂が穏やかになっていきます。

髪の毛を伸ばす段階が終わり、抜ける準備を始める段階と言えるでしょう。

退行期の期間は、およそ数週間と言われています。

ヘアサイクルの中では一番短く、全体に占める割合も数パーセントです。

健康な髪の毛は、退行期できちんと抜ける準備の段階を経てから、いよいよ抜ける段階へと進んでいきます。

休止期

休止期には、髪の毛を作るための細胞分裂をしなくなります。

髪の毛の成長は止まり、タイミングがくると抜け落ちます。

このことから、切らなければいつまでも伸び続けるわけではないことがわかります。

休止期は、およそ3ヶ月から4ヶ月と言われています。

この時期には、毛穴の奥では、新しい髪の毛が生える準備が始まっています。

健康な髪の毛が生まれ変わって生えてくるためには、抜け落ちることも大切なヘアサイクルの段階と言えます。

ヘアサイクルが乱れるとどうなる?

正常なヘアサイクルについてみてきました。

では、ヘアサイクルが乱れるというのは、どのような状態なのでしょうか。

まず、考えられるのは、成長期が短くなることです。

成長期が短くなると、髪の毛が太く、長く成長する期間が短くなるということです。

次に、休止期が長くなることが考えられます。

休止期が長くなると、新しい髪の毛が生えてくるまでの時間が長くかかってしまいます。

そのため、ヘアサイクルが乱れると、髪の毛の寿命が縮まり、薄毛や抜け毛につながってしまうのです。

髪の毛の寿命が縮まってしまうのは何で?

ヘアサイクルが乱れると、髪の毛の寿命が縮まることがわかっていただけたでしょう。

これまでみてきたように、正常なヘアサイクルが保たれていれば、自然と健康な髪の毛が成長し、生まれ変わってくるのです。

では、髪の毛の寿命が縮まってしまうのはどうしてなのでしょうか。

ヘアサイクルが乱れ、髪の毛の寿命が縮まる原因としては、さまざまなことが考えられます。

その原因について、具体的に、以下でいくつか詳しくみていきます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが崩れると、ヘアサイクルの乱れの原因となります。

人間の体は、ホルモンを分泌しながら生きています。

体が正常な働きをしていれば、ホルモンバランスは整っていますが、何らかの原因によってそのバランスが崩れることがあります。

女性であれば、生理や妊娠、出産がホルモンバランスに大きな影響を与えます。

また、性別問わずにホルモンバランスの乱れの原因となるのは、ストレス加齢だと言われています。

ストレス

ストレスは、ホルモンバランスの乱れの原因ともなりますが、ストレスが髪の毛の寿命を縮める原因ともなります。

ストレスには、身体的ストレスや精神的ストレスがあると思いますが、精神的ストレスがある場合でも、体への影響があるのです。

ストレスを感じると、体が緊張状態になります。

そうすると、血管が収縮して、血行が悪くなります。

また、ストレスにより眠れなかったり、眠りが浅くなったりすることもあります。

そのことで疲れが取れず、さらにストレスを抱えていくという悪循環にもつながりかねません。

血行不良

ストレスによって、血行が悪くなることがあると書きましたが、血行が悪くなると髪の毛にどのような影響があるのでしょうか。

体の栄養は血によって運ばれます。

そのため、血行が悪くなることは、栄養が体の末端まで運ばれにくくなることを意味します。

髪の毛は、体の先端部分であるとともに、生命を維持するという点では重要な部分とは言えません。

そのため、血行不良になると、栄養が運ばれにくくなり、栄養が足りずに頭皮環境が悪化してしまいます。

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れることも、髪の毛の寿命を縮めてしまう原因となります。

これまで挙げてきた原因と重なる部分もありますが、生活習慣が乱れると体のさまざまな部分に不具合が起こってきます。

たとえば、生活習慣の乱れの1つとして睡眠不足が挙げられます。

睡眠不足になると、日中の疲労が解消されなかったり、成長ホルモンが分泌されにくくなったりします。

そうすると、ストレスがたまっていったり、体の修復ができなくなったりすることにつながるのです。

髪の毛の寿命を延ばすにはどうすれば良い?

これまでみてきたように、日常生活の中で髪の毛の寿命を縮める原因はさまざまだとわかっていただけたと思います。

では、髪の毛の寿命を縮めないためにはどうしたらよいのでしょうか。

加齢などによっても髪の毛の寿命は縮むものです。

しかし、日常生活の中で心がけると、髪の毛の寿命が縮むのを防いだり、髪の毛の寿命を延ばすことができたりすることがあります。

それはどのようなことなのか、これから具体的にみていきます。

生活習慣の改善

まずは、生活習慣を改善することです。

先ほど、生活習慣の乱れが髪の毛の寿命を縮める原因になると書きました。

その中で睡眠不足を例に挙げましたので、睡眠について書きたいと思います。

睡眠をしっかりとることで、疲労によるストレスを解消することができます。

また、睡眠中に成長ホルモンが分泌されますので、日中に傷んだ体の修復や、肌のターンオーバーが促進されます。

それは、頭皮環境改善にも良い影響を与えると言えるでしょう。

ストレスの軽減

次に、ストレスを軽減することです。

現代社会の日常生活では、ストレスを感じずに生きている人は少ないでしょう。

その中で、うまくストレスを軽減することができると、髪の毛だけでなく、精神的にも身体的にもいい効果が得られるでしょう。

ストレスの軽減には、軽い運動などがおすすめです。

ストレスが軽減すると、血行もよくなります。

そうすると、頭皮にもしっかり栄養が運ばれるようになりますので、髪の毛の寿命を延ばす効果も期待できるのです。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージも、髪の毛の寿命を延ばすのに効果的であると考えられます。

頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行を良くする効果が期待できます。

また、頭にも多くのツボがありますので、そのツボが刺激されることで、ストレスの軽減効果も期待できると言われています。

ただし、注意が必要なのは、頭皮マッサージのやり方です。

頭皮マッサージをするときに、決して爪を立ててはいけません

爪を立てると、頭皮を傷つけることになるので逆効果になってしまいます。

育毛剤治療

育毛剤を使うこともおすすめです。

そもそも、育毛剤の役割は、健康な髪の毛が生えてくるように、頭皮環境を整えることです。

血行を促進する効果が期待できるものであったり、健康な髪の毛が生えてくるように頭皮に栄養を与えたりする効果が期待できるものが多いです。

そのため、髪の毛を生やすために強い影響を与えるような薬が含まれているわけではありません。

つまり、頭皮環境を整えるために作られている育毛剤は、髪の毛の寿命を延ばすという目的に合った商品であると言えるのです。

では、育毛剤にはどのようなものがあるのでしょうか。

現在は、さまざまな種類の育毛剤が市販されています。

男性にも女性にも使うことができるものであったり、女性のために作られたものであったり、本当にたくさんの種類のものがあります。

ご自身の肌質、髪質や好みに合ったものを選ばれるのが一番ですが、ここでは3つの育毛剤をご紹介したいと思います。

育毛剤を使ってみようかな、でもどんな育毛剤があるんだろう、と迷われる方はぜひ参考にしてみてください。

イクオス

頭髪ケアは、ヘアサイクルの時間でも見たように、ある程度根気強くケアを続けることが大切です。

しかし、イクオスは、公式ホームページで効果が早いタイミングで実感できたという声が多くあると紹介しています。

ケアを続けることが大切なことは変わりませんが、早いタイミングで効果が実感できるのはうれしいことですね。

イクオスには、力強い毛髪を育む効果が期待できる天然由来成分エキスが配合されています。

天然成分にこだわって作られた、無添加の育毛剤です。

公式サイト

ブブカ

ブブカの育毛剤はこれまでにもありましたが、現在は大幅にリニューアルされて、配合成分が強化されています。

それが、ブブカゼロです。

ブブカの育毛剤には、コンブなどに含まれる成分で、育毛促進などの効果が期待される成分が含まれています。

この成分が、これまでの10倍に増量されているようです。

ブブカは、硬くなった頭皮に弾力を与え、頭皮環境を良くする働きが期待できます。

無添加、無香料にこだわり、頭皮にもやさしい育毛剤を目指して作られています。

公式サイト

チャップアップ

チャップアップは、血行を促進し、頭皮環境を整え、育毛のために必要と言われている有効成分が3種類配合されています。

さらに、天然成分55種類アミノ酸が15種類配合されています。

また、香料や着色料、石油系界面活性剤などは含まれていません。

髪の毛を育てるために必要な成分にこだわって作られています。

男性でも女性でも使用することができ、公式ホームページによると、顧客のおよそ2割は女性だということです。

公式サイト

まとめ

髪の毛の寿命についてみてきましたが、いかがだったでしょうか。

ヘアサイクルのところでみたように、髪の毛が生えて、抜けるのは自然なことです。

ただ、ヘアサイクルが乱れると、本来ならまだ成長するはずの髪の毛が抜けてしまったり、新しい髪の毛が生えるはずの毛穴から生えてこなかったりします。

そうすると、髪の毛の寿命が短くなり、薄毛につながってしまうこともあり得るのです。

そのため、今回ご紹介したような点に注意して過ごしてみてはいかがでしょうか。