抜け毛の原因は一体何?栄養不足も一因なの?

抜け毛

抜け毛が多くなってきた…原因は何?

朝、目が覚めたときに、枕にびっしり抜け毛が落ちていてギョッとしたことはありませんか?

そこまではいかなくても、ブラシやシャンプーをすると、髪の毛が抜けて悩んだ経験がある人は多いと思います。

今回は、抜け毛が増えた場合の原因と、その対策方法についてご紹介していきます。

現在抜け毛に悩まされている方はもちろん、今後髪の毛の量を出来るだけ保ちたい方も是非ご覧ください。

抜け毛の範囲は男女で異なる!?

まずはじめに、抜け毛の範囲について解説していきましょう。

抜け毛の範囲は性別によって異なります。

これは、男性か女性かによって抜け毛の原因が異なるためです。

自分の抜け毛はどのような範囲で起きているのかが分かると、その原因が特定しやすくなりますよ。

すでに薄毛の症状が出ている方は、鏡でどの範囲に抜け毛が多いのかを確認してみてくださいね。

男性の場合

男性の抜け毛は、頭頂部や生え際だけなど局所的に起こるのが一般的です。

側頭部や後頭部はしっかりと太い髪の毛が生えているにも関わらず、生え際が後退してしまう方もいます。

また、頭頂部だけハゲてしまいそこを囲むように髪が生えている方もいるでしょう。

これはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる、男性ホルモンによる薄毛症状を起こす方が多いためです。

AGAについては、後ほど詳しくご紹介していきます。

女性の場合

局所的に抜け毛が増える男性に対して、女性の場合は全体的に薄毛化するのが一般的です。

男性に比べてつるつるにハゲてしまうわけではありませんが、全体のボリュームが落ちてしまいます。

髪の毛がぺたっとしてしまい、ヘアセットが上手くいかないと悩まれている方も多いでしょう。

抜け毛が増え、薄毛が進行すると、頭皮がうっすら見えるようになってしまいます。

これは、女性ホルモンやヘアサイクルの関係で起こりますが、こちらも後ほど解説します。

【男性の抜け毛】考えられる症状

では先ほど触れた男性の抜け毛原因、AGAについて詳しく解説していきましょう。

前述のとおり、AGAはテストステロンという男性ホルモンが密接に関わっています。

これは男の子が男らしく成長するために必要なホルモンで、骨格の形成や男性器の発育を促進する作用があります。

しかし、このテストステロンに5αリダクターゼと言う酵素が働きかけると、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変性します。

DHTは脱毛を促進する作用があります。

頭頂部・側頭部・後頭部など、DHTがどこに生成されやすいかにより、ハゲやすい場所が異なります。

例えば頭頂部にDHTが生成されやすい人は、O型ハゲの症状が現れます。

【女性の抜け毛】考えられる症状

女性の抜け毛が増加する原因として、FAGA(女性男性型脱毛症)が考えられます。

FAGAは、男性のAGAとメカニズムは同じです。

ただし、基本的には男性に比べてその症状は出にくくなっています。

女性の場合、女性ホルモンの分泌量が男性ホルモンに比べて多いからです。

女性ホルモンは髪の毛の成長や発毛を促す作用があるため、男性に比べてツルツルにハゲてしまうことはあまりありません。

しかし、加齢やストレスなどでホルモンバランスが崩れるとFAGAの症状が出てしまうのです。

男女共通!抜け毛の原因を紹介

抜け毛の症状は、男性の場合はAGA、女性の場合はFAGAが多いとお伝えしました。

ではAGAやFAGAの症状が出てしまう原因とは、一体何なのでしょうか?

また、抜け毛が増えた場合に考えられる原因は他にもあるのでしょうか?

ここからは、抜け毛が増えるAGA・FAGAが起こる原因や、その他の男女共通である抜け毛の原因について解説していきます。

加齢

女性の場合、加齢がFAGAの原因にもなります。

ちなみに女性の場合は28歳ごろに女性ホルモン分泌量がピークになり、40歳を超えると一気に減少していきます。

女性ホルモンが減ると、必然的に男性ホルモンの働きが強くなるのでFAGAになってしまうんですね。

しかし、加齢で抜け毛が増える原因はそれだけではありません。

男女ともに、年を重ねるごとに身体も老化が進んでいき、血管なども衰えていきます。

結果、新陳代謝が悪くなり、髪の毛が健康でいるための頭皮環境を保てなくなってしまうのです。

遺伝

AGAやFAGAによる抜け毛には、遺伝子によって左右されます。

テストステロンや5αリダクターゼ、DHTが関わっているとお伝えしました。

これら酵素やホルモンの量は、遺伝子によって決められるためです。

5αリダクターゼが多い人は、DHTの生成量が増えるためAGAになりやすくなります。

ただしDHTが増えるだけでは、AGA症状は起こりません。

このDHTを受け取り、その働きを発現させるのがアンドロレセプター(受容体)の役割になります。

この受容体の感度が良ければAGAやFAGAが発症しやすくなるのですが、この感度に関しても遺伝によって決定づけられるのです。

ストレス

ストレスが溜まっているときに、抜け毛の量が増えていると感じたことはありませんか?

これはストレスによってさまざまな弊害が起きているためです。

その1つが自律神経の乱れです。

自律神経が乱れるとホルモンバランスを崩すため、FAGAが起こりやすくなります。

また、血行不良や食欲不振によって髪の毛や頭皮が栄養不足になり、抜け毛が増えてしまう場合もあります。

睡眠不足

睡眠不足も、ストレスと同じように自律神経の乱れを引き起こします。

また睡眠時には、髪の毛の成長に必要な成長ホルモンの分泌がされます。

しかし、睡眠時間が不足したり睡眠の質が悪いと、このホルモン分泌が滞ってしまいます。

結果、髪の毛が生えてこなかったり、生えている髪の毛が成長できず、やがて抜け毛になってしまうのです。

頭皮環境の悪化

頭皮環境が整っていることは、髪の毛が健康であるためにとても重要なポイントです。

反対に頭皮環境の悪化とは、炎症や毛穴詰まり、肌の乾燥などが起きている状態のことを言います。

頭皮が炎症を起こす原因として、カラーリングやパーマなどの薬剤による刺激が考えられます。

毛穴詰まりは肌質に合わないシャンプーなどの使用や、皮脂などの汚れが残っていることで引き起こされます。

紫外線

夏に強くなる紫外線ですが、これも抜け毛が増える原因になります。

紫外線は日焼けによる炎症状態を起こすなど、頭皮環境を悪化させる要因になります。

これらは髪の毛への栄養を届けにくくしたり、成長を阻害させてしまいます。

また、紫外線は髪の毛自体が傷む原因になるため、抜け毛が増えてしまうのです。

抜け毛を防ぐためにできること!

抜け毛の原因は、普通に生活しているだけでは気づきにくいものです。

いつの間にか抜け毛を促進させてしまっている方も、少なくないでしょう。

では、抜け毛を防ぐためにできる対策方法とは、どんなものがあるのでしょうか?

以下に、日常生活の中でできる対策方法についてご紹介していきます。

睡眠をしっかり取る

睡眠不足は髪の毛の成長を滞らせてしまうので、まずはしっかり眠るようにしましょう。

このとき、なるべく効率よく髪の毛の成長がしやすい状態にすることが大切です。

そのためにはただ寝るのではなく、寝る前から寝る時までの習慣を少し変えてみましょう。

寝る1~2時間前からはパソコンやスマートホンなどの画面を見ないようにしましょう。

こうすることで睡眠の質があがり、成長ホルモンの分泌が促進されますよ。

適切な洗髪をする

頭皮環境を整え、太く強い健康な髪の毛が生えるようにするためには、適切な洗髪が大切です。

洗髪がしっかりとできていないと、抜け毛が増えてしまう原因になります。

毎日ちゃんと洗っているのになぜか抜け毛が多い場合は、正しい方法で洗えていないのかもしれません。

心当たりがある方は、下記の対策方法を実践してみてくださいね。

お湯で素洗いする

シャンプーをし始める前に、まずはしっかりと頭皮と髪の毛をお湯で洗いましょう。

ただ髪の毛や頭皮にお湯をかけるのではなく、しっかりと洗うように意識することがポイントです。

シャンプーの前に素洗いしておくことで、ある程度の汚れや皮脂を落とし、シャンプー時の泡立ちを良くします。

泡立てて優しく洗う

お湯でしっかりと頭皮と髪の毛を洗ったら、続いてシャンプーをしていきましょう。

シャンプーをするときに注意すべきは、泡立ちと洗い方です。

シャンプーを泡立てず、原液のまま頭皮につけてしまうと、頭皮や髪の毛の負担となり抜け毛の原因となってしまいます。

また、洗うときに爪などで頭皮を傷つけてしまうことも、抜け毛の原因になるので注意しましょう。

シャンプーは、いかに頭皮や髪の毛に負担をかけないかが大切です。

よくすすぐ

素洗い、シャンプーとしっかりできたら最後によくすすぎましょう。

流しきれていないシャンプーは頭皮の詰まりとなり、抜け毛の原因となりかねません。

すすぎのイメージは素洗いと同じです。

洗い流しながら、頭皮や髪の毛にぬめりが残っていないかを確認しましょう。

時間の目安としては3分ほど、もしくはシャンプーをした時間の2~3倍を意識しましょう。

紫外線対策をする

シャンプーの仕方に注意したら、外出時の対策方法もチェックしてみましょう。

外出時に心配すべきは、紫外線による頭皮の乾燥や髪の毛のダメージです。

これらは帽子を被ったり、日傘をさすことで予防することができます。

帽子は、紫外線を防ぐ黒色のものか、UVカット加工のものがオススメです。

また、長時間帽子を被っていると、頭皮が蒸れて抜け毛を増加させてしまう場合があります。

蒸れにくいメッシュ素材のものを選ぶ、小まめに風通しをする、もしくはUVカットスプレーにするなど対策方法を変えましょう。

運動する

抜け毛が増えてしまう背景には、さまざまな原因があります。

そのなかでも運動不足は、多くの方に当てはまる原因のひとつではないでしょうか?

運動不足は血行不良による抜け毛の原因になるため、適度な運動を取り入れることが大切です。

血行促進効果はもちろん、ストレスの解消や寝つきの良さに繋がるので、積極的に動くようにしましょう。

抜け毛の原因に栄養不足も挙げられる?

ここまで、抜け毛の原因と日常生活でできる対策についてご紹介しました。

薄毛に悩む方の中には、当てはまる項目がいくつもあった方もいるのではないでしょうか?

ただし、抜け毛の原因は上記だけではありません。

じつは普段食べている食事も、抜け毛を増やす原因となっているかもしれませんよ。

髪の栄養の摂り方は3パターン!

抜け毛が食事によって引き起こされるのは、必要な栄養素が不足している場合です。

髪の毛の成長には色々な栄養素が必要です。

その一つは髪の主成分、ケラチンのもととなるタンパク質

そのタンパク質をケラチンに変性させるミネラル

作られた髪の毛が健康で生え続けられるよう、頭皮環境を整えるビタミンが主となります。

では、これらはどのように摂取すれば良いのかを見ていきましょう。

食事やサプリから

まず栄養素を摂りいれる基本は食事からです。

食事で髪に良いものを効率的に摂りたいのなら、必要な栄養素が豊富に含まれている食材を選びましょう

栄養素が豊富に含まれている食材は、後ほど詳しく解説します。

しかし、毎日必要な栄養素を食事だけで摂取するのは難しいですよね。

その場合にはサプリメントを取り入れて、効率的に摂取するようにしましょう。

頭皮ケアから

栄養をいくら口から摂っても、頭皮や髪の毛に栄養素が届かなければ意味がありません。

そこで、栄養素が届きやすくなるような対策も同時に取り組んでいきましょう。

抜け毛が起きるのは頭皮の血行不良が原因と言う方も少なくなりません。

頭皮ケアをすることで血行を促進すれば、摂取した栄養素を効率的に髪の毛や頭皮に届けることができますよ。

育毛剤から

食事やサプリメントなど身体の内から入れる栄養素以外に、育毛剤の使用もオススメです。

育毛剤には、髪の毛にとって必要な栄養素や血行を促進する効果が期待できる成分が配合されています。

頭皮に育毛剤を塗布して頭皮マッサージをすると、より効果を期待することができます。

育毛剤が気になる方は後ほどオススメ商品をご紹介しますので、そちらもチェックしてみてください。

【栄養のとり方①】食事やサプリで抜け毛対策に摂取すべき栄養素

栄養素の摂り方や、効率的に栄養を届ける方法をご提案しました。

まずは、この中でも食事やサプリメントで摂りたい栄養素を先にご紹介していきましょう。

栄養素は前述したとおりタンパク質ミネラルビタミンが基本です。

ミネラルなどの中でも、特に必要なものはさらに詳しく解説していくので、読んでみてくださいね。

亜鉛

亜鉛は活力や免疫力アップの効果があるとして、サプリメントも多数発売されています。

亜鉛が不足すると味覚が鈍くなったり風邪をひきやすくなったりするため、そうした意味合いでとりいれている方もいるでしょう。

そんな亜鉛は髪の毛を作るのに必須の栄養素ですので、抜け毛対策の為にもしっかり摂取しましょう。

亜鉛は牡蠣に豊富に含まれていることで有名ですが、それ以外にもカニやするめもオススメです。

タンパク質

亜鉛を摂りいれた上で積極的に摂りたいのがタンパク質です。

髪の毛の構成成分はケラチン80~90%、水分12~13%、残り脂質や色素などからできています。

ほぼケラチンから構成されていることがわかりますね。

そのケラチンの元となるのがタンパク質で、それをケラチンに変えるのが亜鉛の役割です。

タンパク質は卵や牛乳、牛肉などに豊富に含まれており比較的取り入れやすい栄養素と言えるでしょう。

ミネラル

ひとことでミネラルと言っても、その中にはさまざまな種類があります。

先ほど出てきた亜鉛もミネラルの一種です。

その他にもナトリウムやカリウム、マグネシウムなどがミネラルに含まれます。

その中でも亜鉛以外で抜け毛対策に摂りたい栄養素はヨウ素です。

ヨウ素を摂ることで髪の毛の新陳代謝を高め、健康的な髪の毛の生成が促進されます。

イソフラボン

イソフラボンといえば美容に効果があるとして、女性用化粧品に含まれることの多い成分です。

これは、イソフラボンが女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た働きをすることから来ています。

FAGAの項で述べましたが、女性ホルモンが減少すると男性ホルモンの比率が高くなり抜け毛が増加してしまいます。

イソフラボンは女性ホルモンの減少を補い、抜け毛予防効果が期待できるとして、育毛剤に配合されていることもあります。

抜け毛の原因になる食べ物もある!?

ここまで、健康な髪の毛を作るために必要な栄養素についてご紹介してきました。

しかし、食べ物の中にはかえって抜け毛を促進してしまうものがあります。

抜け毛対策のために食べていた食べ物も、調理方法などによっては逆効果になってしまうことも…。

そうならないために、抜け毛を引き起こしてしまう食べ物についても学んでおきましょう。

脂肪を含むもの

肥満の原因でよく挙げられる脂肪は、髪の毛にとっても大敵です。

脂肪は乾燥を防ぐためにある程度はとる必要がありますが、多すぎると皮脂の過剰分泌を起こします。

また血流も悪くなるため、頭皮環境の悪化や髪の栄養不足になってしまいます。

抜け毛対策効果のある食材でも、調理方法によっては逆効果なんですね。

糖分・塩分の多いもの

糖分や塩分の多い物にも要注意です。

なぜなら糖分は髪の栄養素を消費させ、塩分は高血圧を起こしてしまうためです。

もう少し詳しく解説すると、体内で糖分を分解させる時にはビタミンB群を消費して行います。

すると髪の毛に必要なビタミンB群の数が減ってしまい、健康的な髪の毛を維持することができなくなってしまうのです。

一方で塩分による高血圧は血流を滞らせ、かつ血管の老化を促進するので髪の毛の栄養不足を引き起こす原因となります。

アルコール

夜遅くまで飲酒したり、会社での飲み会が多い方は二日酔いになるまで飲んでいませんか?

アルコールは適度な量であれば血行を促進し、髪の毛にとって良い影響を与えます。

しかし、飲みすぎてしまうと肝臓での分解が間に合わず、体内にアセドアルデヒドと呼ばれる成分が作られてしまいます。

このアセドアルデヒドが二日酔いの原因になるのですが、さらには抜け毛を引き起こす成分でもあるのです。

二日酔いになると、髪の毛にとっても悪影響になるので飲み過ぎには注意しましょう。

抜け毛を進行させる食べ方にも注意!

食べ物の栄養素でも髪の毛にとって大切なものと、反対に避けたいものがありましたね。

では栄養素だけを気を付けて食べれば良いのかといえば、そうではありません。

抜け毛予防のためにも、そして健康的な体を作るためにも食事の摂り方にも気を配りましょう。

偏食

外食や買い食いが多い方、一人暮らしで好きなものを食べられる環境にある方が特に注意したいのは偏食です。

食事の栄養バランスが偏ると、抜け毛を促進する原因になってしまいます。

脂っこいものや甘いものが好きな方は、脂肪や糖分が摂り過ぎになりやすいため気を付けましょう。

反対に野菜だけや果物だけ食べる、〇〇だけダイエットも髪の毛には良くありません。

野菜だけですと脂質が不足しがちになるめ、乾燥による頭皮環境の悪化から抜け毛が起こりやすくなります。

過度に摂取する

「栄養素が不足してはいけないから、たくさん食べよう」と思うことは大切ですが、やりすぎは禁物です。

どのような栄養素であっても、それを分解したり消化・吸収するには体に負担がかかります。

適量であれば問題ありませんが、過剰摂取は内臓疲労や肥満の原因になります

抜け毛対策のためには必要な栄養素を適量で摂取することを心がけましょう。

食事制限をする

ダイエットのために食事制限をする方もいますが、これも抜け毛対策としては悪手になります。

食事を制限することはそれだけ栄養素が取り辛くなりますし、身体の不調もでやすくなります。

「サプリメントを飲んでいるから大丈夫」という方もいるかもしれませんが、サプリメントはあくまで栄養補助食品です。

しっかりとご飯を食べたうえで、足りない栄養素を補うための物ですので、食事を抜いたり極端に減らしたりすることはやめましょう。

【栄養のとり方②】抜け毛対策になる頭皮ケア

食事やサプリメントで摂りたい栄養素と、誤った抜け毛対策については以上です。

では、続いて頭皮に直接できる頭皮ケアについてをご紹介していきましょう。

頭皮マッサージ

まずは頭皮マッサージについてです。

頭皮マッサージには先ほどお伝えしたとおり、血行促進による抜け毛対策効果が期待できます。

やり方は簡単です。

指の腹を使って、頭皮を適度な力で刺激するだけです。

それだけで血流を良くして髪の毛や頭皮に栄養が届きやすくなります。

ただし、爪を立てて頭皮に傷ができると頭皮環境が悪化してしまいます。

指の腹を使うことを、意識してみてくださいね。

ブラッシング

ブラッシングも頭皮に適度な刺激を与えて、抜け毛を予防したり育毛を促進する効果が期待できます。

普段ヘアセットをする前にブラッシングをするだけでなく、シャンプー前のブラッシングもオススメです。

ブラッシングをすることで汚れを簡単に落とすだけでなく、頭皮の皮脂によって髪に皮脂の膜ができた状態になります。

それによりシャンプーの刺激が緩和され髪の毛が傷みにくくなるので、抜け毛対策にもなりますよ。

【栄養のとり方③】抜け毛対策になる育毛剤

ここまでは日常生活の中で今日からでも取り組める抜け毛対策法をご紹介しました。

ここからはそれにプラスしてできる抜け毛対策、育毛剤の使用について焦点を当てていきましょう。

男性

オススメの育毛剤を紹介していくのですが、商品によっては男性向けと女性向けでわかれています。

男性と女性では、抜け毛の症状や原因が異なるため、自分にあった物を選ぶようにしてくださいね。

まずは男性向けの育毛剤です。

チャップアップ

チャップアップは様々なランキングで、1位をなんども獲得している実力派育毛剤です。

そんなチャップアップの特徴は、55種類の天然成分と15種類のアミノ酸による、さまざまな頭皮ケア・育毛効果です。

遺伝や生活習慣の乱れ、ストレスなどによる抜け毛をカバーし育毛・発毛促進、かゆみ、フケを防ぎます。

チャップアップでは定期購入コースや全額返金保証などお得に購入でき、フォロー体制もしっかりしているので安心です。

公式サイトはコチラ

ブブカ

ブブカゼロは、男性にオススメの育毛剤です。

2018年にリニューアルし、数々の雑誌にも取り上げられています。

その人気の秘訣は、海藻エキスによる育毛成分M-034を濃密配合していることです。

M-034は、薄毛治療でも処方されるミノキシジルと同様の働きをします。

さらに、自然派由来のため副作用の心配がほとんどない成分です。

リニューアル後のブブカゼロは、17型コラーゲンマジョラムを配合したことにより、毛包幹細胞を補い抜け毛を防ぐ効果がアップしています。

公式サイトはこちら

イクオス

イクオスは、抜け毛対策や育毛促進に取りいれている方も多い育毛剤です。

そんなイクオスにはブブカにも配合されているM-034をもとに、独自調合した成分Algas-2が含まれています。

このAlgas-2によって発毛を促進しながら頭皮の保湿により抜け毛を防ぎます。

また、AGAに悩む男性に嬉しい5αリダクターゼ阻害効果がある成分も配合しています。

使用者による発毛実感率は、3ヶ月以内で78%と驚異的な数字なのも注目ポイントです。

気になる方はまずは3ヶ月続けてみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら

女性

男性向け育毛剤についてご紹介しました。

では、続いて女性向けの育毛剤の中でもオススメのものを3つご紹介しましょう。

ベルタ

ベルタ育毛剤は、ホルモンバランスの乱れによりハリ・コシ・ボリュームが減った髪をケアします。

そのために配合されているケア成分は、99.9%と業界最大級

そのうちの99.6%が自然派由来でできており、香料やシリコンなど16の無添加ですので、髪や頭皮に優しく使用することができます。

産後は抜け毛や身体のトラブルが起きやすくなりますが、そんなときにも使えるベルタ育毛剤は女性の強い味方です。

公式サイトはこちら

マイナチュレ

マイナチュレは使用者の9割以上がリピーターになる、人気の高い商品です。

27種類の天然成分と10種のアミノ酸により、頭皮が目立つ髪の分け目やペタンとなってしまう髪の毛にボリュームを取り戻します。

もちろん妊娠中、授乳中、敏感肌の方でも使用できるので長期的にヘアサイクルの改善に臨むことができます。

日本薬学会でも紹介されるマイナチュレ育毛剤、抜け毛対策の第一歩にいかがでしょうか?

公式サイトはこちら

カランサ

稀少なエビネ蘭エキスを配合して作られた花蘭咲(カランサ)は、2分に1本のペースで売れている人気育毛剤です。

雑誌や新聞、テレビにも取り上げられるこちらは使用者満足度96%、薄毛や抜け毛に悩む多くの女性たちの強い味方になっています。

また天然成分にこだわり、敏感肌がゆえに頭皮や髪に悩む方でも安心して使える安全度の高い製品です。

初回価格が半額以下になるキャンペーンなどもありますので、気になる方は公式サイトを要チェックしましょう。

公式サイトはこちら

まとめ

今回は抜け毛が増える原因とその対策方法についてご紹介しました。

最後にオススメの育毛剤をいくつかご紹介しましたが、まずは生活習慣の改善をすることが大切です。

小さなことが積み重なって抜け毛を促進させてしまっている方も、多くいらっしゃいます。

まずは心身にとって良い生活を心がけながら、サプリメントや育毛剤を上手に使い、抜け毛対策をしていきましょう!