薄毛をエクステで隠すことは可能?シールタイプが良いの!?

薄毛

薄毛を目立たなくするエクステはシールタイプ?

髪の毛が薄くなってきたとき、できれば目立たなくさせたいですよね。

薄毛を目立たなくさせる方法と言えば、植毛やウィッグを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし、これらの方法はそこそこのお値段がするため、簡単に手が出ないというデメリットも存在しています。

薄毛は隠したいけれど、あまり高いお金は出せない…。

そんな方に今回おすすめしたいのが、シールエクステです。

薄毛にはエクステをつけると簡単に目立たなくなる?

そもそも、エクステとはエクステンション(extension)の略で、延長・伸張などの意味合いがあります。

その意味のとおり髪の毛を延長する、つまり伸ばすために使われる技術です。

髪の長さを変えて簡単にイメージチェンジできることから、若い女性を中心に人気のアイテムですよね。

最近ではまつげを伸ばす技術、まつげエクステも流行になっていますね。

しかし、薄毛も簡単にカバーできることから、薄毛に悩んでいる方にとってもこの技術はおすすめなんです!

薄毛にシールエクステを使うメリット・デメリット

では、薄毛の方がシールエクステを使う上でどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリットとデメリットを事前に知っておくと、技術を受けるうえでのリスクを抑えることができます。

これから、それぞれについてご説明しますので、しっかりと読んで参考にしてみてくださいね。

では、まずはメリットからご紹介します。

メリット

エクステには様々な種類がありますが、中でもシールタイプには以下のメリットがあります。

  • 簡単につけることができる
  • 自然な仕上がりになる

では、この2つのメリットを詳しく解説していきます。

簡単につけることができる

シールエクステは、簡単につけることができて手軽に薄毛をカバーすることができます。

シール以外にもエクステにはさまざまな種類があり、なかには取り付けるのが大変なものもあります。

美容院での取り付け時間が長いと、それだけ他人から薄毛を見られている時間も長くて嫌だという方もいるでしょう。

シールタイプには、このような心配がありません。

サッとつけて、短時間で終わるため美容院での目もそれほど気にならないのも嬉しいですね。

通販などでエクステの販売もされているため、自分の髪色に合っていて器用な方であれば、セルフで取り付けることも可能です。

自然な仕上がりになる

メリットの2つ目は、仕上がりの自然さです。

薄毛を隠すにあたって、自然な仕上がりは大切な要素ですね。

ウィッグなどを使っても、そこだけ浮いて不自然な仕上がりになってしまうこともしばしば。

しかしシールエクステは、そのような不自然さがほとんどなく、ナチュラルに仕上げることができます。

ただし、使用期間が長いと徐々に接着部分が目立ってきてしまうため注意しましょう。

デメリット

以上のように、薄毛の方にとってシールエクステの使用は大きなメリットがあります。

しかし、もちろんデメリットも存在しています。

それは、以下の2点です。

  • 長持ちしない
  • ボリュームを出しにくい

では、これらのデメリットについても詳しくご紹介しましょう。

長持ちしない

1つ目のデメリットは、長持ちしないことです。

種類ごとに持ちは異なりますが、例えば一般的な編み込み式(詳しくは後述)は、1ヶ月~2ヶ月程度持つと言われています。

ところが、シールタイプの場合には2~3週間程度で接着部の汚れが目立ってきてしまいます。

汚れが付着したままですと、近くで見たときにエクステがばれやすくなってしまいます。

1度取り付けたらしばらく付けたままにしたい方には、あまり向かないかもしれませんね。

ボリュームを出しにくい

デメリットの2つ目が、ボリュームの出しにくさです。

これは、デメリットである一方でメリットでもあります。

というのも、シールエクステは前髪を伸ばしたいときなどに好んで使われるためです。

前髪部分は、側頭部や後頭部、頭頂部などに比べて髪の毛の量がもともと多くありません。

そのため、エクステでボリュームを出しすぎてしまうと違和感が出てしまうのです。

側頭部や後頭部などの薄毛を隠すにはボリュームが足りないかもしれませんが、前頭部の薄毛を隠すのであれば丁度良いでしょう。

シールエクステの付け方と外し方

ここまでご紹介したメリットとデメリットを踏まえて、使用を検討された方もいるでしょう。

そんな方は、次の項目に進みましょう。

ここからは、自分でできるシールエクステの取り付け方と外し方をご紹介します。

エクステは、種類ごとに取り付け方も外し方も異なります。

他の種類の取り付けや外し方をしようとすると、髪の毛への負担が原因で薄毛を促進してしまう可能性もあります。

そうならないためにも、正しい方法をしっかりと読んでおきましょう。

付け方

ではまずは、付け方についてご説明します。

シールエクステの付け方は、3つの工程にわかれます。

基本的に簡単な作業ですが、慣れないうちは少し難しく感じてしまうかもしれません。

難しいと感じたら、美容院で付けてもらうようにしてくださいね。

髪を2〜5のブロックにブロッキングする

最初に、シールをつけやすいよう髪の毛をブロッキングします。

ブロッキングとは、髪をブロックごとに分けるスタイリングの基本です。

よく美容院でカットしてもらう際には、クリップで髪をまとめますが、あれがブロッキングです。

ブロッキングはエクステの取り付けだけでなく、巻髪をするときにも役立つ技なので覚えておくと役立つでしょう。

ブロッキングに必要なのは、髪の毛を止めるヘアクリップだけです。

薄毛の状態に合わせて、2~5つにブロッキングするようにしましょう。

シールエクステを地毛の毛束に当てる

しっかりとブロッキングしたら、シールエクステをつける場所を決めていきます。

このとき注意してほしいのが、シールを張る位置です。

シールは地肌に付けるのではなく、地毛の毛束を少量とって、そこに付けるようにします。

毛束を多くとってしまうと繋ぎ目がボコボコになったり、取れやすくなったりしてしまうので注意しましょう。

少量の毛束の下にシール部分を当てたら、次が最後の工程になります。

シールエクステを折りたたみ装着する

エクステをつける位置の毛束の下にシールをあてたら、シール部分を折りたたみましょう。

折りたたんだ部分にしっかりと毛束が治まれば、違和感なくしっかりとエクステをつけることができます。

セルフで取り付けるタイプの場合には、折り畳みではなく2枚のシールを使う場合もあります。

この場合にも、毛束がシール部分より飛び出ないようにすることが大切です。

毛束は薄く、シールでしっかりと止めるようにしましょう。

外し方

取り付け方は、以上のとおりです。

詳しい説明を聞いてみたら、意外と簡単そうだと感じた方もいるのではないでしょうか?

続いては外し方をご紹介しますね。

外し方を誤ると、髪の毛へダメージを与えて抜けてしまうこともあります。

薄毛の進行を招かないためにも、こちらも確認しておきましょう。

リムーバーをシールの折り目に塗布する

付け方の最後にシールを折って、地毛に貼り付けました。

取り外すときには、この折り目にリムーバーを塗布しましょう。

リムーバーは、シールエクステ専用以外でもヘアカラー用リムーバーやエタノールなどで代用が可能です。

ですが、代用品の中には髪にダメージを与えてしまうものもあるため、できるだけ専用品を使った方が良いでしょう。

とくに、薄毛にお悩みの方は髪の毛へのダメージはなるべく避ける方が得策です。

シール部分を剥がす

リムーバーを染み込ませたら、シール部分を剥がしていきます。

無理に剥がそうとすると、髪を引っ張ってしまい抜け毛や薄毛の原因になってしまうので、慎重におこなってくださいね。

しっかり付いていて剥がせない場合には、シール部分を霧吹き等で濡らしてみましょう。

水分で濡らした後でリムーバーを使うと、取れやすくなりますよ。

アミノ酸シャンプーで洗髪する

リムーバーでシールエクステをおおかた取り終えたら、最後にしっかりとシャンプーをしましょう。

このとき、シャンプーはなるべく髪や頭皮の刺激にならないものを選びましょう。

薄毛でお悩みの方におすすめなのが、アミノ酸シャンプーです。

アミノ酸シャンプーは、アミノ酸系と呼ばれる洗浄成分を主成分としています。

アミノ酸系の洗浄成分は刺激が弱く、肌や髪の毛の負担になりにくいので、薄毛の方が普段使用するのにもおすすめのシャンプーですよ。

薄毛を隠すシールエクステを長持ちさせる方法

シールエクステが手軽に取り外しできるとはいえ、購入にはお金がかかります。

できるだけ長持ちさせられるのなら、その方が良いですよね。

では、どのように使用すれば長く使うことができるのでしょうか?

ここからは、シールエクステの持ちを良くする使用方法についてご紹介します。

これから付ける予定がある方も、すでに付けている方も一度読んでみてくださいね。

シール部分をゴシゴシ洗わない

エクステをつけたら注意すべきは、シャンプーの方法です。

何もついていない状態の頭皮と同じように洗ってしまうと、シールが外れやすくなってしまいます。

とくに、ゴシゴシと強く洗うクセがある方は注意しましょう。

また、強く洗いすぎると頭皮を傷つける原因にもなります。

頭皮の傷は薄毛を引き起こすこともあるため、この機会にシャンプー方法も見直してみましょう。

濡れているときに引っ張らないように気をつける

取り外し方法の際にご説明したように、シールエクステは水で濡らすと取りやすくなります。

反対に言えば、濡れた状態で引っ張ってしまうと簡単に外れてしまう可能性があるのです。

これは、セロハンテープなどの粘着部が水で滑るのをイメージして貰うとわかりやすいでしょう。

そのため、シャンプー後から髪を乾かすまではエクステを引っ張らないように気をつけましょう。

エクステ部分はしっかりブローする

エクステは外れることだけでなく、どれだけキレイに保てるかも長持ちさせる上で大切なポイントです。

エクステはファイバーなどを使った人工毛タイプと、人の毛を使った人毛タイプがあります。

人毛タイプはヘアアイロンが使用でき、ヘアアレンジやスタイリングがしやすいという利点があります。

しかし、頭皮から生えているわけではないため、地毛に比べてパサツキやすくなっています

なるべくパサつかないようにするためには、しっかりとドライヤーで乾かすことが大切なのです。

薄毛を目立たなくするエクステはシールタイプ以外もある!?

さて、ここまではシールエクステについてご紹介しました。

薄毛でお悩みの方の中には、早速使用を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一方で、自分のなりたいイメージとはちょっと違う…と思われた方もいるかもしれません。

そんな方は、これからご紹介する方法にも薄毛を目立たなくする効果が期待できます。

どちらが自分に合っているか考えて、ぜひ比較しながら読んでみてくださいね。

増毛エクステンション

若い女性のオシャレに使われることが多いシールエクステ。

そのため、中には美容院などでお願いしにくいと感じている方も多いでしょう。

そんな方におすすめなのが、増毛エクステンションです。

こちらは、薄毛でお悩みの方をメインとして考えられた増毛技術です。

接着剤などの薬剤は使わずに、地毛1本に対して数本の人毛を結び付けて増毛を目指します。

このタイプには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
・自然な仕上がりになる
・パーマやアイロンをあてることが可能
・局所的なボリュームアップができる
・普段通りのシャンプーで良い
・大量の増毛には合わない
・定期的なメンテナンスを受ける必要がある
・髪に負担を与えてしまう

このように大量の増毛には適していませんが、部分的な薄毛のカバーにはぴったり

前髪や分け目など、比較的狭い範囲が薄くなってきた方は、こちらの方法がおすすめですよ。

編み込み

続いて、編み込みタイプについてご説明します。

編み込みタイプも、地毛に髪を結ぶという点では増毛エクステと同じです。

では何が違うのかと言うと、結ぶ本数や目指すイメージが異なります。

増毛エクステは、1本の髪の毛に対して2~6本程度の髪の毛を結び付けて薄毛をカバーする効果があります。

一方、編み込みの場合は地毛の毛束に人毛の毛束を三つ編み、もしくは四つ網で編みこんでいきます。

髪のボリュームアップ効果もありますが、それよりも髪の長さを長く見せるのが編み込みタイプの特徴です。

薄毛がだいぶ進行している方の場合、編み込み式は取り付け部分が目立ってしまう可能性があります。

髪全体のボリュームを少し増やしたい程度であれば問題ありませんが、そうでなければ別の方法を検討した方が良いでしょう。

超音波

最後にご紹介するのは、超音波タイプです。

こちらは、美容院で専用のマシンを使って取り付けることができます。

超音波エクステの毛束には、髪の毛の主成分であるケラチンが含まれています。

専用のマシンは、そのケラチンを溶かして地毛に接着させる効果があるのです。

接着面が小さく目立ちにくいことから、ここまでご紹介した中でも目立ちにくさはトップクラス。

また、編み込みのよう1つずつ編んでいく必要がないため、取り付けも素早くおこなうことができます。

デメリットとしては、値段が高いこと。

調音波エクステは毛束がとても細いため、薄毛から増毛を目指すのであればある程度の量をつける必要があります。

付ける量が増えれば増えるほど金額は上がってしまうため、なるべくリーズナブルに済ませたいという方には向かないでしょう。

薄毛改善において、外せないポイント(仕上がりの自然さや金額など)はどこなのかを良く考えましょう。

まとめ

今回は、エクステを使った薄毛対策と増毛方法についてご紹介しました。

さまざまな種類があることから、どれにしたら良いのか目移りしてしまうという方もいるかと思います。

自分に合う方法を選ぶためには、それぞれのメリット・デメリットを知りましょう。

それと同時に、自分の薄毛の状態を知っておくことも大切です。

薄毛の進行度により、対応できる方法も異なってきます。

とはいえ、どれが自分に合うのかわからない方に一番おすすめなのは、美容師さんに相談してから決めることです。

まずはプロのアドバイスのもと、納得のできる薄毛改善と増毛を目指しましょう!