薄毛には17型コラーゲンが大事!?育毛剤で作り出せるの?

薄毛

薄毛のメカニズムが解明された!?

少し前に薄毛や抜け毛について、有名医学系大学教授らによる研究成果が発表されました。

みなさんは17型コラーゲンについてご存知でしょうか?

コラーゲンというのは一括りに表したもので、実際は28種類も存在しています。

その中にある1つが17型コラーゲンという栄養素で、これが薄毛や抜け毛に関与しているそうです。

ではどのようなメカニズムで薄毛や抜け毛に関与しているのでしょうか?

またどのようにしたら17型コラーゲンを補うことができるのでしょうか?

17型コラーゲンについて詳しくみていきましょう。

17型コラーゲンとは

女性は特にコラーゲンには気を使っているのではないでしょうか?

肌に良いと言われるコラーゲンですが、28種類それぞれどんな働きがあるのかまでは知りませんよね?

コラーゲンの中の、今回のテーマである17型コラーゲンはタンパク質の一種です。

あまり聞きなれない名前の栄養素だと思いますが、実は人の体には必須の栄養素です。

17型コラーゲンの働きとしては、毛包内の2種類の幹細胞の作用を維持してくれる働きがあります。

この17型コラーゲンという栄養素は、加齢とともにどんどん減少していきます。

また髪の毛に対してだけでなく、皮膚や歯などにも作用しています。

そのことから17型コラーゲンが減少すると、歯に異常が出たり皮膚病になる恐れもあります。

意外に体の中の多くの部位に関与している、とても大切な栄養素ということです。

17型コラーゲンが不足すると薄毛になるの?

ではなぜ17型コラーゲンが不足すると、薄毛や抜け毛が増えるのでしょうか?

先ほど17型コラーゲンは、毛包内の2種類の幹細胞の作用を維持する働きがあると解説しました。

この働きが、薄毛や抜け毛を防いでくれるのです。

毛包内の2種類の幹細胞というのは、毛包幹細胞色素幹細胞のことです。

これらの細胞がうまく機能しなくなると、薄毛や抜け毛が増えるようになってしまうそうです。

加齢によって薄毛や抜け毛が増えるのは、17型コラーゲンの加齢による減少が原因です。

ちなみに色素幹細胞にも関与しているので、17型コラーゲンの減少は白髪の原因にもなります。

この毛包内の細胞維持の働きがあるため、薄毛や抜け毛に良い効果があるとされているのです。

17型コラーゲンは育毛剤で作り出せる?

ところで17型コラーゲンの補給方法はどのような方法があるのでしょうか?

17型コラーゲンは現在も研究が進められている栄養素ですが、補給がとても難しい栄養素と言われています。

減少する原因は加齢と活性酸素の影響で、サプリや育毛剤などで直接補給することはできないそうです。

17型コラーゲンというのは人工的に作りだすことは、今のところ不可能とされています。

しかしこれからご紹介する育毛剤には、17型コラーゲンの働きをサポートする働きがあります。

ぜひ参考にしてみてください。

育毛剤で17型コラーゲンの不足による薄毛をサポート!

17型コラーゲンを作りだすことは現状では難しいですが、育毛剤によって対策することは可能です。

しかし育毛剤といっても、すべての商品が17型コラーゲンのサポートができるわけではありません。

特におすすめする育毛剤がこちらです。

ビタブリッドC

ビタブリッドCという育毛剤はビタミンCが主な主成分となっています。

もともとは韓国で話題の商品だったのですが、のちに日本に導入されました。

1日2回塗布し、12時間ビタミンCなどの成分を浸透させておくというものです。

薄毛や抜け毛は17型コラーゲンの減少が原因ですが、ビタミンCよって減少を抑えることができるそうです。

健康な髪や肌にはコラーゲンが必須で、そのコラーゲンをビタミンCが支えているというイメージです。

ビタミンCが配合されている育毛剤はもちろんビタブリッドCだけではありません。

しかし通常の育毛剤の配合では、頭皮に塗ってもビタミンCを吸収させることは難しいです。

それをビタブリッドCはイオン交換式という方法で、頭皮の中までしっかり成分を浸透させるよう配合しています。

12時間も成分を浸透させておくのが可能なのも、イオン交換式による効果なのです。

ブブカゼロ

ブブカゼロは育毛剤の中ではとても有名で、知っている人も多いかと思います。

ブブカゼロにはM-034という栄養素が入っていることが有名で、とても人気の高い商品です。

M-034とは海藻から摂れる成分で、ミネラルが豊富な髪の毛には多大な効果を発揮してくれます。

しかしブブカゼロはそれだけではなく、マジョラムエキスという成分も含まれています。

マジョラムエキスはハーブの一種でアロマオイルなどに含まれているので、名前は知っている人もいるかと思います。

実はこの成分、17型コラーゲンの減少を防ぐ補助の役割をしてくれるのです。

まだ17型コラーゲンについては研究途中なので、生成できるかまでははっきりとはわかっていません。

ですが17型コラーゲンにマジョラムエキスが、良い効果を発揮してくれることは確かです。

実際にヘアケア商品にマジョラムエキスを配合する例が増えてきています。

公式サイトはこちら

【番外編】食事で17型コラーゲンを摂取することはできないの?

ここまで17型コラーゲンが、薄毛や抜け毛に大きく関わっていることについて解説してきました。

17型コラーゲンは先ほど解説したように、まだ研究中の栄養素です。

今のところ、減少を抑えることや増加させることが難しい栄養素とされています。

では食事で17型コラーゲンを摂取することは可能なのでしょうか?

実は17型コラーゲンは、食事の中からでも摂取することが難しいそうです。

しかし薄毛や抜け毛の原因は決して、17型コラーゲンだけではありません。

あくまで原因の中の一つで、ほかの髪の毛に必要な栄養素は食事で摂取することが可能です。

特にこれから紹介する栄養素が髪の毛にとってとても大事な成分です。

タンパク質

まず主に髪の毛を構成している成分がタンパク質です。

タンパク質は髪の毛だけでなく、爪・皮膚・筋肉・血液・細胞などほとんどの体のパーツの構成をしています。

ですから、不足すると薄毛や抜け毛になりやすいです。

タンパク質は動物性と植物性に分かれますがありますが、どちらもバランス良く摂取しましょう。

動物性タンパク質は爪や髪の毛の弾力、植物性タンパク質は丈夫さに関与しています。

それぞれのタンパク質が含まれている食品はこちらです。

動物性タンパク質 肉類、魚類、卵、乳製品など
植物性タンパク質 大豆食品(納豆、豆腐など)

そして髪の毛の構成に関わっているタンパク質は、ケラチンというタンパク質です。

ただこのケラチンは、食事で摂ったからといって直接吸収されるわけではありません。

消化の過程で一旦アミノ酸に分解して、再度タンパク質に構成してはじめて体の構成ができます。

そのタンパク質の分解・再構成に関わっているのがビタミンです。

ビタミンについてはのちほど、ビタミンのところで解説していきます。

ミネラル

健康な髪の毛にするには、亜鉛カルシウムなどのミネラルもとても大切です。

よく髪の毛にはワカメを食べるといいと聞きますよね?

実はワカメだけでなく、海藻全般にはミネラルが豊富に含まれています。

ミネラルには体全体の機能の正常を保つ役割や、細胞の成長に関わっています。

例えばミネラルの中の亜鉛は、ホルモンバランスを整えてくれます。

ホルモンバランスが乱れてしまうと薄毛や抜け毛の原因になるので、それを防いでくれます。

また、カルシウムは神経系の働きの正常を保っています

カルシウム不足はイライラや不安感などのさまざまな精神症状の原因になります。

ただ、ミネラルは多く摂りすぎると吐き気や下痢などを起こす可能性があります。

健康には不可欠ですが、摂りすぎには注意しバランスよく摂取しましょう。

ミネラルを多く含む食品はこちらです。

  • 海藻(ワカメ・昆布など)
  • 魚介類・肉類・貝類
  • 緑黄色野菜・果物

ビタミン

薄毛や抜け毛を防ぐには、ビタミンもとても大切です。

タンパク質のところで、タンパク質の分解と再構成をする際ビタミンが関わっていると説明しました。

これはビタミンB・Cに、るアミノ酸の合成やタンパク質の分解・構成をす役割があるためです。

そのためタンパク質をどれだけ摂取しててもビタミン不足であれば、髪の毛を構成することができなくなります。

ビタミンBはタンパク質に分解のほかに頭皮の皮脂の分泌をコントロールしてくれます。

健康な髪の毛が生えてくるには、頭皮の環境や皮脂の分泌量などもとても大切です。

そしてビタミンEは血行促進の効果があり、この効果も育毛には効果があります。

血行がよくなれば、頭皮にまで栄養がしっかり運ばれるからです。

主にビタミンの摂れる食品はこちらです。

ビタミンB レバー・うなぎ・卵・乳製品・鶏肉・魚類・マグロなど
ビタミンC レモン・いちご・キウイフルーツ・ピーマン・ブロッコリーなど
ビタミンE ナッツ類・緑黄色野菜など

17型コラーゲンと薄毛の関係についてまとめ!

今回は17型コラーゲンと薄毛の関係性を解説しました。

17型コラーゲンはまだまだ研究途中で、増加させるのはとても難しいです。

育毛剤や食事からの摂取からも難しく、減少させないようにすることが大切です。

しかし薄毛や抜け毛に関係しているのは17型コラーゲンだけではありません。

今回少し説明した、タンパク質・ミネラル・ビタミンも薄毛や抜け毛対策にはとても大切です。

それだけではなくビタミンでいうと、17型コラーゲンのサポートをしてくれる役割もあります。

17型コラーゲンを減少させないためにも、ほかの栄養素もバランス良く摂取するようにしていきましょう。