女性の薄毛の原因と対策10選【ストレスはやっぱりダメ!?】

薄毛

女性の薄毛の原因と対策・治療法を解説!

「シャンプーやブラッシングの時に、やたら髪が抜けている気がする」

「分け目から地肌が見える」「夫からつむじが見えると指摘された」

こんなきっかけで気づくことが多い女性の薄毛。

「もしかして、髪の毛が薄くなってきたのかも?」と思った時、どんなことをすればいいと思いますか?できることがあることを、知っていますか?

抜け毛を抑える対策はいろいろあります。

正しく改善するために、薄毛になる原因を知り、それにあった治療・対策法を選びましょう!

女性で薄毛になった人の声

私は20代前半、だいたい23歳頃から薄くなり始めました。
進行は非常にゆっくりで、円形脱毛症のように突然一気には抜けていません。
現在32歳ですが、少しは良くなってきています。

一番ピークだったのは28歳頃から30代で、一発で薄毛と分かります。
他人の目を気にして送る生活はとても辛く、自殺も考えました。
髪は女性にとっては無くてはならないもの。
髪型は、ボリュームを出しやすいショートカットは似合わないので、基本セミロングです。

出典 : つむじが薄い女性へ!【私が薄毛を改善させた方法】をまとめました!

現在26歳の薄毛歴4年の女です。
私が分け目の薄毛を回復傾向に向かわせた方法をここに記録します。
ご参考になれば幸いです。
上記の写真は、3年前の旅行の時に撮った写真と、2015年12月頃の写真です。
旅行の時は、すでに分け目~頭頂部はスカスカの状態。
写真を取る時は、太陽の光で頭皮が透けて見えてしまうので、手で覆っていました。
風が吹いてもその周辺がかき上げられるので、すかさず手で覆うか、後ろや上を向いて歩いてました・・・。
ホントに、酷い有様でした・・・(泣)
分け目の薄毛が気になり、育毛をし始めたのは、22歳ころ。
それまでは、元々髪が少ないだけかと思っていたのですが、どんどん薄くなっていることに気付き、母親に指摘されたことがきっかけでした。
『ミカ(私の名前です)、あんたちょっと分け目薄くなってない?』
ホントにドキッとしました。

出典 : 分け目が薄い女性向け。私の分け目改善法まとめました

やっぱりストレス?薄毛に悩む女性が増えている理由

髪の悩みを抱えている女性が増えているということですが、なぜそのような人が増えているのでしょうか?

その原因はいくつか考えられますが、その一つには「日々のストレスや生活習慣の影響が大きい」というものがあります。

女性には周囲の環境に敏感な人も多く、ちょっとした変化などで影響を受けていることもあります。

また、睡眠や食事内容などの私生活も薄毛と関係しています。

次の項目で、さらに詳しく薄毛の原因を探っていきます。

女性の薄毛の原因とは?

女性の薄毛というのは最近では多い傾向にあり、みな同じ気持ちや悩みを抱えていることがわかりました。

では、それらの原因には具体的に何があるのでしょうか。

更年期障害

薄毛になる原因としてまず考えられるのは、女性ホルモンの乱れです。

妊娠や出産でも変化しますが、特に閉経前後に訪れる更年期の時期には女性ホルモンが減少し始め、のぼせや疲労感、肩こり首こりなど体調の変化を感じることが多くなります。

薄毛も更年期障害のひとつ。

女性ホルモンであるエストロゲンは毛髪の成長に深く関わっているのですが、閉経に向けて分泌量が減ることで髪の毛を育てる働きが弱くなり、毛が細くなったり抜け毛が増えたりするのです。

そしてホルモンバランスの乱れは自律神経に影響し、血行不良を起こしやすくなります。

髪の毛は血液から運ばれる栄養によって育つので、頭皮の血行が悪くなることでも薄毛が起きやすくなってしまいます。

ストレスを抱えてる

今、どんなことに強いストレスを感じていますか?

理由はなんであれ、過度なストレスを抱え続けることは、心と体に大きな負担をかけるため対策する必要があります。

なぜなら、ストレスを感じると自律神経が乱れ、血管が収縮してしまうから。

女性は男性よりも筋肉が少ないため、血を押し流す力がもとから弱めです。

ストレスで血管がさらに動きにくくなると、髪が栄養不足に陥って「髪痩せ」を起こし、抜け始めていくのです。

ストレスとは、嫌な思いだけではありません。

子供が成長して独立する時期、愛情を注いだ対象が離れていく時に感じる「鳥の巣症候群」のような喪失感、悲しみも大きなストレスとなって体の不調を引き起こします。

また、育児や介護で休めない、眠れないといった体のストレスも同じ結果につながります。

生活習慣が乱れている

ちょっとくらい不規則な生活でも体を壊さない人は、健康に自信があるかもしれませんね。

ですが生活習慣が乱れた時期が長いと、気づかないところで疲れが溜まり、「そろそろ限界だよ」という体からのサインが抜け毛としてあらわれることがあります。

最近では生活習慣病という言葉もよく耳にしますが、食生活や睡眠、適度な運動をきちんと続けていないと、栄養が偏ったり、疲労感が取れないような症状があらわれたり、ひどい時には病気の原因となることがわかっています。

体が健康でなければ、髪も健康ではいられません。

薄毛とまではいかなくても、抜け毛が増えたり髪が細くなったり白髪が増えたと感じたときは、過剰なダイエットや偏食、不規則な生活、運動不足などに心当たりがないか、毎日を見直してみると良いでしょう。

頭皮のダメージ

女性はヘアカラーやパーマをかける機会が多いため、髪の毛のダメージを考えてトリートメントやコンディショナーを選んで使っているという方が多いです。

しかし、ヘアカラーやパーマを行う際に液剤が頭皮に付着することにより、頭皮がダメージを受けてしまうと、髪の毛に悪影響を与えてしまいます。

美容師さんは髪の毛の知識が豊富なため、なるべく液剤を頭皮に付着しないよう細心の注意を払っていますが、それでも付着してしまう可能性は十分にありますよね。

ヘアカラーやパーマを頻繁に行うと、そのリスクも高くなり頭皮にはダメージが蓄積されてしまいます。

頭皮がダメージを受けると、細胞の働きが低下してしまうだけでなく乾燥肌によってフケやかゆみ、また炎症を起こしやすくなってしまうこともあります。

そこからどんどん抜け毛や新しい髪の毛も細く弱ったものしか生えてこず、髪の問題が進行してしまうリスクが高くなるようです。

どういう女性が薄毛になりやすい?

パターン①閉経を迎えた方

エストロゲンの量は、血液検査で確認することができます。

40代前半までで卵巣が正常に機能している方は70~200程度ですが、閉経に向けて50を下回り始めると、更年期の症状が出やすくなり、抜け毛が増える原因になり始めると言えます。

閉経後では18以下まで下がるので、体調の変化が起きるのは当然と言えるでしょう。

エストロゲンは、髪に必要なコラーゲンを増やす働きを担っていますから、数値が下がるほど肌のうるおいが失われ、頭皮も痩せて髪の栄養も不足していきます。

エストロゲンは脳の視床下部や下垂体と呼ばれる場所、甲状腺、膵臓、副腎などの場所で作られるため、そのどこかに不調がある場合にも分泌量が変化し、体や髪に影響が出ることがあります。

パターン②ストレスフルな生活を送っている方

毎日の暮らしの中で、ストレスをこまめに解消していますか?

多くの方は周囲の空気を読み、場を読む気遣いの心を持っています。しかし気を遣いすぎると自分の意見を抑え込むクセがつき、ストレスが溜まってしまうことがあります。

女性は家庭、職場、子供の学校など、様々な場所で多くの役割をこなさなければなりません。

人付き合いの幅も広いため、男性よりもストレスを抱えやすいことも指摘されています。

ストレスは、抱え込みすぎるとホルモンのバランスを崩します。

自律神経を司る脳の部分のすぐ近くにホルモンを分泌する場所があるのですが、ストレスフルな生活が続くと、その両方が影響しあって血圧が上がりすぎたりお腹を壊したり、血行が悪くなって抜け毛が増えるような症状が出てしまうのです。

パターン③不規則な生活を送っている方

女性ホルモンが一生のうちに分泌される量は、スプーンでたった一杯ぶんだと言われています。ずいぶん微量ですね。

そのため、ちょっとした生活の乱れで分泌量が変化し、全身に変調を来してしまうのです。

ホルモンを正常なバランスで保つには、生活のリズムが整っていることが大切。食事を取ったり取らなかったり、寝る時間がまちまちだったり、夜に熟睡できていなかったりする日が多いなら、すぐに生活を見直しましょう。

1日のうち、女性ホルモンが一番多く分泌されるのは夜10時~深夜2時の間。ゴールデンタイムと呼ばれる時間帯です。

毛髪のダメージを修復するのも、この時間。しかし夜10時には熟睡していなければ意味がありませんから、早めにベッドに入る習慣をつけましょう。

女性の薄毛の対策方法10選

バランスの取れた食事を行う

体も心も、食べ物で動いています。

ホルモンも自律神経も、正しく動かしてあげるためには必要な栄養を毎日きちんと取ることが大切です。

例えば髪の毛1本だけでも、健康に育つためにはタンパク質、亜鉛などのミネラル、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどたくさんの種類の栄養素が必要となります。

ダイエットや偏食、ファストフードなど栄養価の低いものの食べ過ぎを繰り返すと、栄養が不足し、毛根が痩せて髪が抜けやすくなってしまいます。

抜け毛対策にオススメな食材は、脂身の少ない良質な赤身肉、新鮮な魚介類、野菜と果物など。

加工されたものよりもフレッシュなものに多く栄養が含まれていますから、バランスの良い食事を毎日きちんと取るよう心がけましょう。

適度な運動をする

女性は男性に比べて筋肉の量が少なく、血を押し流す力が弱めです。

そのため慢性的に血圧が低く、血行不足の原因になりやすいので対策しなければなりません。

特に頭は体の一番上にあるので、血液を押し上げる力が必要となりますが、低血圧だったりすると力が足りずに貧血を起こすことがあるほど。これでは髪が抜けるのも仕方ないかもしれません。

女性はもとから筋肉がつきにくい体質なので、ムキムキになるようなトレーニングを行うのは難しいかもしれませんが、適度な運動を毎日続けるだけでも血行が良くなって、頭皮へもきちんと血が回るようになりますよ。

テレビ番組でやっている簡単な体操でも良いですし、ゆっくりとしたストレッチ、またはヨガのポーズをいくつか取り入れるなどして、無理のない運動を始めてみませんか?

リラックスしてしっかり睡眠をとる

薄毛を招く要因には、ストレスが大きいと説明しました。

そこで、リラックスしてたっぷり睡眠も取れるように対策しましょう。

自分の好きな音楽を聞いて過ごす、アロマを焚いた部屋でのんびり過ごす お風呂の時間をゴージャスに過ごしてみるなど自分のリラックスできることを見つけて、一日の終わりにやってみましょう。

そうすると、夜の眠りも深くなり、しっかり眠れるようになります。

睡眠不足になると薄毛を進めるばかりになるので注意したいです。

禁酒・禁煙をする

お酒の強さは個人差がありますが、軽く気持ちよくなる程度を超えて飲んでしまうと、髪の毛にとっても体にとっても大きなダメージをもたらすことがあるので注意しましょう。

アルコールは肝臓で分解されますが、飲みすぎると毒性の物質が発生し、肝臓が全てを分解できなくなってしまいます。分解できなかった毒素は血液に乗って全身をめぐり、毛母細胞にダメージをもたらして抜け毛を増やしてしまうのです。

タバコの有害物質も同じように血液に乗って運ばれ、細胞が正常に分裂して髪を育てる働きを邪魔します。タバコを吸うと血管の動きが鈍くなって血流が悪くなり、さらに毛根にダメージを与えるため、抜け毛が多くなった時は、毒素を体内に増やさないよう禁酒・禁煙することも効果的です。

ヘアカラーやパーマを控える

おしゃれを楽しむ人にとっては欠かせないヘアカラーやパーマですが、できるなら控えるようにしたいです。

回数を重ねるごとに頭皮と髪には負担がかかっています。

どちらかだけでも控えるようにするといった対策を取るだけでも、女性の薄毛は改善されるでしょう。

ヘアスタイルをキープするには欠かせない2つですが、両方ともずっと続けるのは頭皮によくありません。強く引っ張るような髪型にしない

ポニーテールやお団子などアップにするヘアスタイルは頭皮に負担がかかります。

そこで、強く引っ張るような髪型にしないというのも対策の1つになります。

髪を下ろす日を増やす、髪を結ぶとしても引っ張るような髪型を避けましょう。

こういった対策を取るだけでも、薄毛を回避できるのでやってみましょう。

正しい方法でシャンプーする

洗髪で大切なのは頭皮の汚れを落とし、血行を促すことです。

正しい方法で髪を洗うには、最初にぬるま湯で髪の汚れを落とし、手の平で泡立てたシャンプーを頭皮に付けるようにしましょう。

手指に力を入れ過ぎず、頭皮をマッサージしながら肌表面の汚れを浮かすというイメージで洗うのがポイント。

シャンプーを洗い流すのもぬるま湯で。

すすぎ残しがないよう、生え際などもていねいにケアしてください。

頭皮マッサージを行う

頭皮というのは、トラブルが起こっていると血行不良になりがちで頭皮が硬くなってしまうこともあります。

そこから薄毛へと発展してしまいますので、頭皮マッサージをして血行不良と頭皮の硬化を改善してあげましょう。

やり方は簡単で、指の腹を使って円を描きながら優しく揉むようにマッサージしてあげましょう。

頭皮の血流が悪い人はこのマッサージを行うだけで頭がスッキリした感覚になりますので、頭皮マッサージも1日2回ほど行うといいかもしれません。

クリニックや病院に行ってみる

薄毛の原因は、大きく分けて2つあります。ひとつは生活習慣や女性ホルモンの減少によるもの。もうひとつは病気が影響して起きるもの。

少しずつ髪の毛が減る場合は前者ですが、急に大量に抜ける時は病気の可能性が捨てきれませんから、まずは一般の病院を受診しましょう。

髪の相談ができる一般病院は、皮膚科や婦人科。しかしどちらも薄毛改善の専門ではないので、病気が隠れていないようなら、「頭髪外来」や「脱毛治療」ができる専門クリニックがオススメ。

「ヘアクリニック」「ヘアメディカル」などの言葉があるクリニックなら、頭髪の症状をしっかり診てもらえますよ。

「サロン」はクリニックではないので、治療はできません。必ず「クリニック」を受診しましょう。

女性にも効く育毛剤を使う

「薄毛は気になるけど、病院へ行くほどではないかも…」と思ったら、育毛剤を使ってみてはどうでしょう?

髪の問題は、放っておけば放っておくほど進行するものなので、セルフケアは毎日やっておくべきと言われています。

女性の頭皮は年とともに柔らかく、薄くなって行くので、叩いたり、強く揉んだりするケアはNG!乾燥しがちな頭皮にうるおいを与え、不足した栄養を与えながら髪痩せを防ぐのが一番効果的なケア方法です。

女性用の育毛剤には、そのような効果をもたらす成分を豊富に配合しているものがたくさんあります。

敏感肌でも使える天然成分のものもありますから、ご自身の肌質や薄毛の進行度合いに合ったものを見つけてみてくださいね。

女性の薄毛対策に育毛剤がおすすめなのはなぜ?

育毛剤というのは、頭皮に直接成分を浸透させることができますので、食事から摂取する栄養素とは別に確実に頭皮で吸収させることができます。

そして頭皮のことを考えた育毛剤は、頭皮にとって必要な栄養素の他に、髪の毛の成長に必要な毛母細胞の活性化を促す成分や、血行を促進させる作用を持つ成分など、1種類の効能だけでなく多種の効果を期待できるよう配合されています。

つまり、頭皮の抜け毛や薄毛の原因それぞれをトータルでサポートできるような成分を厳選して配合しているということです。

なので、薄毛に悩むほとんどの人が育毛剤を使うことで効果を実感することができます。

女性の薄毛の原因にも効く育毛剤の選び方は?

繰り返しになりますが、薄毛に悩んでいるのは男性だけではありません。

女性でも薄毛に悩む人がたくさんいるのです。

そして男性と女性では、抜け毛や薄毛の原因が異なることも忘れてはいけません。

なので、女性が抜け毛や薄毛を改善するには、髪の問題を引き起こしている原因を解決できる成分が配合された育毛剤選びが大切なのです。

薄毛の原因に対応しているか

世の中には、たくさんの育毛剤が販売されています。

もちろん男性専用の育毛剤、そして女性専用の育毛剤、最後に男女共用で使用できる育毛剤も存在します。

これらの中で、女性の薄毛の原因に最も対応している育毛剤と言えば、女性専用の育毛剤でしょう。

男性専用の育毛剤は、配合されている成分濃度が高すぎたり、刺激が強い場合があるので注意が必要です。

無添加もしくは低刺激か

育毛剤には、さまざまな育毛成分とともに添加物が配合されている場合があります。

代表的な添加物と言えば、香料着色料パラベン(防腐剤)、石油系界面活性剤でしょうか。

これらの成分は、健康な頭皮に塗るだけでは、深刻な影響が無い場合がほとんどです。

しかし抜け毛や薄毛に悩んでいる方の頭皮は、なんらかのトラブルを抱えていることが多く、刺激に敏感になっています。

このため添加物の刺激によって、頭皮にかゆみやかぶれなどの症状があらわれてしまうリスクがあるのです。

このため、育毛剤を使用するなら無添加、または低刺激にこだわっている商品が安心です。とくに乾燥肌や敏感肌の人の場合、添加物による影響を受けやすくなります。

香りやベタつきなどは大丈夫か

さらに育毛剤を使用していることを、周囲に知られたくないという方もいるでしょう。

独特な育毛剤の匂いは、育毛剤を使用していることを周囲に知られてしまいます。

このようなことを考慮すると、昼間堂々と使用しても大丈夫なように、香料が使用されていないタイプの育毛剤がおすすめです。

また育毛対策をしていることを隠しておきたいのなら、育毛剤のボトルにもこだわるのがおすすめ。

最近は、一見して育毛剤とわからないようなおしゃれなタイプがたくさん販売されていますから、そのような育毛剤の外見にもこだわってみるといいでしょう。

使用感は自分に合っているか

さらに、育毛剤の使用感が自分の好みと一致しているかどうかも大切です。

さらっとした触り心地が好きな方もいれば、とろりとした質感の方が好きな方もいます。

薄毛対策として育毛剤を使用するなら、長期間継続して使用することが思い通りの効果を得るためには大切です。

自分の好みと育毛剤の使用感が合わなければ、継続することができません。

育毛剤では、30日間や90日間など、一定期間の返金保証制度を用意することで、初めて購入する方にその使用感をお試しできる育毛剤も多数販売されています。

興味のある育毛剤には、返金保証制度を利用して、お手軽にお試しをしてみると良いでしょう。

授乳中や妊娠中でも使えるか

また女性は、ライフイベントとして妊娠出産という女性ならではの大切な役割があります。

特に赤ちゃんがお腹の中にいるときや、出産後の授乳中は育毛剤の赤ちゃんに対する影響が心配ですね。

このように女性の育毛剤では、授乳中や妊娠中でも安心して使えるということも、育毛剤選びの上で大切なポイントとなります。

女性の薄毛におすすめの育毛剤を5つ紹介!

オススメ①ベルタ育毛剤

産後や更年期などでホルモンバランスが乱れやすい女性の体のことを考えて作られたベルタ育毛剤は、育毛・頭皮ケア成分を99.9%配合している質の高さが自慢です。

女性の頭皮は乾燥しやすく、乾燥すると皮膚が硬くなって「頭皮の硬化現象」が起こります。

硬くなった頭皮は栄養が伝わりづらく薄毛の原因になりやすいので、まずはしっかり保湿をし、地肌のやわらかさを取り戻した上で栄養を送り込むのがベスト。

ベルタ育毛剤は、ユキノシタなどの保湿成分でうるおいを取り戻し、頭皮と毛髪に良い32種類の天然成分の粒子を細かくナノ化して、浸透率を高めてあります。

安心の無添加、医薬部外品で育毛ケアができ、90日間の返金保証制度も整っていますから、初めてでも試しやすいですね。

公式サイトはこちら

オススメ②マイナチュレ

モンドセレクションで3年連続して金賞を取っていることもあり、96.5%もの人がリピートしている人気商品です。

無添加・無香料で肌が弱い人でも安心。返金保証期間はなんと180日と最長ですから、じっくり試せますね。

医薬部外品として、国から承認を受けた有効成分を配合。27種類の天然成分と10種類のアミノ酸で、抜け毛の原因となる「硬化した頭皮」にやわらかさを取り戻し、さらりとした使い心地で毎日手軽にケアが続けられます。

女性が薄毛になるのは、ホルモンバランスの乱れに加えて、パーマやカラーリング、運動不足や栄養不足など、様々な要因があります。

マイナチュレはこれらの要因で起きる抜け毛を抑えるために、頭皮の環境を整えながら栄養を補給できるつくりになっています。

公式サイトはこちら

オススメ③花蘭咲

薄毛のせいでぺちゃんこになった根元やつむじにハリ・コシを与えることを目標とする花蘭咲(カランサ)は、希少な育毛成分と言われるエビネ蘭のエキスをたっぷり配合しています。

頭皮の乾燥が引き起こすフケやかゆみなどは、髪の成長に良くない影響を与えるため、10種類の天然成分を高配合。

合成界面活性剤やパラベン、香料といった成分が使われていないのも安心のポイントです。

髪が薄くなったと感じたら、ヘアサイクルが乱れている証拠です。健康であれば3~5年かけて育ち続ける髪が、持ちこたえられずに早めに抜け落ちているのです。

毎日の育毛ケアでサイクルを正常に戻す手助けをし、髪がきちんと育つための栄養を補給します。

公式サイトはこちら

オススメ④Wアプローチ

頭皮環境の改善を目指す1剤と、2剤の育毛剤に分けて2段階アプローチで育毛ケアを進めていくのがWアプローチの最大の特徴です。

皮膚科医で医学博士であるプロとの共同開発で、美容よりも医療に近い発想からつくられた育毛剤として好評。

女性の薄毛は男性と違って、部分的に抜けるわけではありません。全体の髪が少しずつ細く、少なくなっていくため、育毛ケアは頭部全体にしっかり行うのが大切です。

2段階での薄毛対策なら、毎日じっくり頭皮の土台づくりから整えることができそうですね。

パラベンや石油系界面活性剤、香料など6種類の添加物を排し、ノンアルコールなのでヘアカラーが色落ちする心配もありません。

公式サイトはこちら

オススメ⑤長春毛精

育毛剤販売メーカーとしては珍しく、全国に発毛・育毛の専門サロンを展開しているのが長毛毛精です。

定期購入の利用者は、年に2回の特別ケアをサロンで受けられるのがポイント。その際、育毛剤の使用で頭皮がどれだけ変化したか、毛髪の状態が改善されたかをチェックできるので、育毛ケアの効果を直接目で見て実感することができます。

漢方のプロとも呼べる生薬の権威「長春中医学院」が開発で参加しており、女性の薄毛のメカニズムを理解した上で厳選された和漢12種類の生薬が、硬くなった頭皮と滞った血流をほぐす効果が期待できます。

無香料・無着色で使いやすく、浸透率を高めるためのナノエマルジョン製法で成分を極超微粒子化し、毛根への働きかけを促します。

公式サイトはこちら

オススメ⑥デルメッド

デルメッドは日本で初めて「プラセンタエキス」「コウジ酸」を開発した三省製薬のエイジングケアブランドです。

スキンケア化粧品だけでなく、シャンプーやトリートメント、育毛剤など髪のエイジングケア商品も数多く発売されています。

女性の薄毛の中でも、髪が細く痩せてしまったり、ハリやコシが失われるなど、年齢による髪の悩みに働きかけます。

女性ホルモンは髪にハリを与え美しく丈夫に育てる働きがありますが、女性は40歳を過ぎるとその女性ホルモンが大きく減少してしまいます。

これにより髪の成長が不足し柔らかい髪が増えたり、抜け毛を促進すると考えられています。

髪のボリュームダウンは老けた印象になることもありますから、パーマやウィッグなどでボリュームアップしている人も多いのではないでしょうか?

デルメッドは女性ホルモンの減少により髪の成長を促す「BMP」が減ることに着目し、この「BMP」にアプローチする「CTP(6-ベンジルアミノプリン)」という育毛成分を開発、有効成分として使用することで、毛母細胞へ髪の成長を促し太く丈夫な髪へと育てるとされています。

加齢による女性ホルモンの減少に着目した髪のアンチエイジング育毛剤と言えますね。

オススメ⑦薬用ハリモア

薬用ハリモアは加齢による頭皮トラブルを改善するアンチエイジング育毛剤です。

顔と同じように、30代を過ぎると皮脂の分泌量が減少するなど、頭皮環境も悪くなってしまいます。

そのため30代を境に髪が細く、ボリュームがなくなってしまうと考えられます。

ボリュームのある美しい髪の成長のためには、スキンケアと同じように頭皮もエイジングケアが必要なのです。

ハリモアはエイジングケア専門にスキンケア化粧品開発を行ってきたレバンテが、その知識やノウハウを終結し開発した育毛剤あり、女性の薄毛の原因である「頭皮」に着目しアプローチします。

厳選された天然成分25種類を配合、肌に優しく育毛有効成分をしっかりと配合した育毛剤であり、そのリピート率は94.6%を超えており、その高いリピート率は人気の証拠とも言えますね。

頭皮も肌と同じです。しっかりとエイジングケアして、健康な髪を育てる環境を作ってあげることが必要です。

女性の薄毛に効果的な育毛剤の使い方!

薄毛対策には病院を受診することやウイッグを使用する方法などもありますが、やはり自分の髪を少しでも多く、強く保つのがベストです。

育毛剤は毎日使えて手軽にケアができるので、薄毛に悩む女性には頼もしい味方になりますね。

しかし使い方によっては、効果がなかなか出ないことも考えられます。ぜひ、これから紹介する効果的な使い方を試して、実感を得てください!

  • シャンプー後、ドライヤーで頭皮をしっかり乾かした清潔な頭皮に塗る
  • 使用量・使用法を守る
  • 髪が抜けてまた生えるまでのヘアサイクルに合わせて、最低6ヶ月は続けてみる
  • 育毛剤の使用前後に頭皮マッサージを行う
  • 夜10時~2時までの4時間、髪を育てるホルモンが分泌される時間に熟睡しておく

女性の薄毛対策には「発毛剤」という選択肢も!

薄毛を改善するために使うことを考えると、抜け毛を防止するよりも発毛を促すものを使いたいと考える方も中にはいるのではないでしょうか。

とはいえ、そんなときに困惑してしまうのが、「発毛促進剤」と「育毛剤」の2タイプがあるということです。

「これらの違いは一体何なのか?」

「発毛剤はどういったものがあるのか?」

「育毛剤と発毛剤はどちらを使うべきなのか?」

これらについて理解するため、詳しく見ていきましょう。

女性の薄毛に使える!?発毛剤ってなに?

育毛剤とはどういったものなのか、発毛促進剤というものはどういったものなのかをはっきりと説明できる人は多くはないでしょう。

それだけにきちんと理解しなければ自分に合ったものを選べる可能性も低くなってしまいますので、しっかりと覚えておきましょう。

発毛剤について

発毛剤とは、その名の通り髪の毛が生えてこなくなった部分から新しく髪の毛を生やすように作用させていくことに特化した商品となります。

髪の毛が生えてこなくなり休眠している状態とは、髪の成長に関わる毛母細胞や毛乳頭細胞の働きが低下しているということです。

そこで、毛母細胞・毛乳頭細胞の働きを活性化させる作用のある成分を配合した発毛剤を使うことによって、全体的な髪の毛の総量を増やしていく効果が期待できます。

また、この発毛作用というのは効果が強いという点もあり、医薬品に登録されています。

それに加えて副作用がでてしまう危険性もありますので、使用の際は十分に注意しましょう。

育毛剤について

一方、育毛剤は生えている髪の毛を育てる、および頭皮環境の改善を目的とした成分を配合している商品となります。

その中には毛母細胞にはたらきかけて成長を促す成分もありますが、発毛剤の様な強い効果が期待できるわけではなく、効果が緩やかなものなのが特徴です。

それ以外にも、血行促進作用、抗炎症作用、皮脂量の調整、脱毛予防といった女性の薄毛の原因への作用が期待ができますので、バランス良く対策したい場合には育毛剤を使うのがおすすめです。

女性の薄毛に使える発毛剤はこれだけ!

薄毛を改善するために必要なことは、発毛促進させることだと考えて発毛促進剤を探した所、たった1種類しかないことに気づくと思います。

実は、日本で指定されている発毛促進剤というのは、リアップシリーズしか無く、女性に向けてはリアップジェンヌしかないのです。

日本の発毛促進剤はリアップしかない!

大正製薬から販売されているリアップシリーズですが、配合されている成分が医薬品に指定される以前に認可を受けて発毛促進剤として販売していましたので、いまだにリアップシリーズのみ発毛促進する作用がある成分を配合して販売することが可能となっています。

それ以外の育毛剤等に発毛促進成分を配合してしまうと、医療用医薬品といった医師の処方箋が必要となるような薬の立ち位置になってしまい、手軽に購入することができなくなってしまいます。

女性が使えるのはリアップリジェンヌだけ!

リアップシリーズはそのほとんどが男性用に改良されたもののため、発毛促進成分の濃度が濃いものが多いです。

女性というのは男性よりも肌がデリケートなため、男性用のリアップシリーズを使うと女性の頭皮にとって刺激となってしまい肌荒れや炎症が起きやすくなってしまいます。

そのため、濃度を抑えて販売されたリアップジェンヌが現在使用可能な女性用の発毛促進剤となっているのです。

リアップリジェンヌってどんな発毛剤なの?

リアップジェンヌがどのような発毛剤であるのか、その具体的な成分やどのような薄毛の症状に対して効果的なのかを次に説明していきます。

ミノキシジルが配合されている

発毛促進の効果が認められている成分には「ミノキシジル」と呼ばれる成分があります。

ミノキシジルは元々血圧降下剤として用いられていましたが、副作用として多毛症を併発する患者が多くなったためにスポットを浴び、AGA治療薬として認められた成分です。

このミノキシジルは血管拡張をする作用を持っていますので、頭皮に通いづらかった栄養素もすみずみまで送り届けることができるようになり、毛母細胞や毛乳頭細胞の活性化につながります。

そうすることで、毛の生えてこなくなった部分から発毛を促していくというわけですが、じつはミノキシジルはリアップジェンヌに濃度1%で配合されています。

壮年性脱毛症に効果的

リアップジェンヌは壮年性脱毛症に効果的とされていますが、壮年性脱毛症というのはいわゆる頭頂部から薄毛が進行しているタイプの女性を指しています。

壮年性は大体20~50歳前後の年齢を指し、ホルモンバランスの乱れや血行不良が原因により抜け毛が増えてしまった方が該当します。

それらは頭皮の毛母細胞や毛乳頭細胞の働きが低下していることが考えられるため、活性化させることによってその働きを向上させて薄毛を改善していくということです。

リアップリジェンヌの副作用

リアップジェンヌに配合されているミノキシジルというのは医療用医薬品に指定されている成分であるため、副作用の可能性があります。

具体的な症状として、頭皮の血行が良くなるために頭皮のかゆみや赤み等が生じる場合があります。

症状が深刻なものだと、発疹や炎症を起こしてしまいますので、使用したあとに起こる頭皮の状態について入念に観察しなければいけません。

ミノキシジルが配合しているリアップジェンヌは、効果が期待できる一方で副作用の存在がどうしても気になってしまいます。

副作用が心配な方は育毛剤を利用して薄毛を改善していくのもまた一つの方法です。

どうしても不安な女性は薄毛専門のクリニック!

先ほども説明しましたが、抜け毛が多くて不安、自分だけで改善できるか心配という人は、薄毛専門クリニックへ行くのがおすすめ。

最近では女性の薄毛に対応した専門クリニックも数多くあります。

こうした女性専門のクリニックでは、スタッフや医師が女性中心であるため、気兼ねなく通院ができます。

また女性の繊細な悩みに対応するために、カウンセリングや問診といった、相談する機会に力を入れているところが多い傾向です。

薄毛専門クリニックは健康保険が適用されないため、費用は基本的に自己負担となります。

しかし、クリニックでは費用をカットするためのキャンペーンも定期的に実施しています。

まずは、気になるクリニックで無料カウンセリングを受けてみましょう。

本格的に治療することになれば、生活習慣の改善アドバイスや、症状に合わせた治療薬の処方などが行われます。

女性の薄毛治療薬はどんなものが使われるの?

そもそも薄毛の治療薬といっても使い方によって違いがあり、外から成分を浸透させる外用薬、錠剤やカプセル状にしたものを経口摂取する内服薬、成分を針から体内へ浸透させる注射薬の3つに分けられます。

では具体的な違いについて軽く触れていきましょう。

外用薬

外用薬とは、頭皮に直接浸透させることで成分の作用をしっかり発揮するものです。

有名な外用薬で言えば育毛剤がありますが、育毛剤は頭皮に直接成分を塗ることで、髪の毛・頭皮のケア成分を作用させることが目的です。

また、外用薬の特徴として頭皮へ効果があらわれる時間が内服薬よりも遅く即効性に劣ってしまうことがあります。

内服薬

内服薬というのは、風邪薬や医者から処方される飲み薬のことを指し、主に錠剤・粉状・カプセル状になったものを服薬することで効果を発揮していくものです。

薄毛の治療薬としての内服薬は、その全ての成分が頭皮で発揮されるというわけではなく、全身に巡りますので、副作用として頭皮以外の体毛で発毛が促進される可能性があります。

注射薬

注射薬は育毛・頭皮ケア成分を直接頭皮に注入する方法で、外用薬や内服薬よりも直接毛根へ成分を届けることができるため、女性の薄毛対策としても効果に期待ができるものとなっています。

しかし、その分病院やクリニックでの取扱となり、費用が高額になってしまうためコスト面を考えて行わなければなりません。

女性の薄毛治療に使われる治療薬と効果

女性の薄毛の治療薬がどのような分類であるかは理解できたかと思います。

では次に、具体的に治療薬にはどのようなものがあるか、また、その効果を紹介していきます。

外用薬:パントスチン

AGAは男性型脱毛症の略称ですが、男性型と言えど女性も男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの影響を受けて抜け毛が進行してしまうこともあります。

それを女性男性型脱毛症と呼び、FAGAと表記されます。

このFAGAを予防・改善するために処方される薬の一つとしてパントスチンがあります。

このパントスチンに含まれるアルファトラジオールは、ジヒドロテストステロンが生成されてしまう前の5-αリダクターゼと呼ばれる酵素とテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの結合を阻害します。

そうすることで、ジヒドロテストステロンの生成が抑制されて抜け毛の原因を抑えることができる仕組みとなっています。

ちなみに、AGA治療薬の一つにプロペシアと呼ばれる薬がありますが、この有効成分であるフィナステリドも同様に5-αリダクターゼとテストステロンの結合阻害をして脱毛抑制をするものです。

プロペシアは男性が使用する薬となっており、女性が使用するとホルモンバランスに大きな影響が出てしまうため、使用することを禁止されています。

しかし、このパントスチンはプロペシアよりも作用が緩やかとなっており、軽度のFAGA、AGAに効果的だとされています。

また、プロペシアは長期間使うことにより性欲減退や勃起不全、男性の乳房女性化や乳房のしこり・痛みといった副作用の危険性があります。

一方、パントスチンには副作用の心配がほとんどないため、長期間の使用にも優れている薬だと言えるでしょう。

外用薬:フロジン液

フロジン液は、医薬品に指定されている緑色の育毛液です。

このフロジン液は塩化カルプロニウムと呼ばれる成分を主成分にしており、AGA治療薬と同様に血管拡張作用を持っています。

神経伝達物質であるアセチルコリンも血行促進作用があるとされていますが、この塩化カルプロニウムはアセチルコリンのおよそ10倍の作用を持っているとされています。

また、コリンエステラーゼと呼ばれるアセチルコリンを分解する酵素がありますが、この酵素を阻害する働きもありますので、血行促進作用が長く続くことが期待されています。

このフロジン液は医薬品に指定されていますので、入手する場合は医師の処方箋が必要です。

取り扱っているのは皮膚科で、皮膚科以外では個人輸入での購入となります。

外用薬:KIPスカルプヘアエッセンス

KIPスカルプヘアエッセンスは、配合している成分の頭文字をそれぞれ取って名付けられた頭皮の美容液となっています。

「K」はKGFと呼ばれる毛母細胞成長因子となっており、別名をヒトオリゴペプチド-5やFGF-7と呼ばれています。

「I」はIGFと呼ばれ、インシュリン様成長因子、「P」はプラセンタの頭文字をとっており、一般的なブタ由来のものよりも効果が期待できる馬由来のものを使用しています。

その中でも特にKGFは、毛母細胞の働きを活性化させて髪の毛の成長促進を促すことに期待できる成分であるため、高濃度で配合させることを実現させています。

また、インシュリン様成長因子は睡眠中に分泌される成長因子と類似の働きを示しますので、髪の毛や頭皮の健康をサポートしてくれる働きがあります。

馬由来のプラセンタは髪の毛や頭皮の成長・健康を保つために欠かせないアミノ酸やビタミン類・ミネラル類を豊富に含んでいますので、頭皮全体の栄養補給の補助をしてくれます。

このKIP成分以外にも、オタネニンジンエキス・ゆず皮油・ボタンエキス・エンメイソウエキス・フユボダイジュ花エキス・トウガラシエキスといった6種の有効成分を配合しています。

これらは頭皮の保湿と柔軟性を高め、抗炎症、殺菌、血行促進や毛母細胞の活性化によって頭皮環境の改善を促す目的の成分となっています。

内服薬:パントガール

創業100年を越える会社であるドイツの「Merz Pharmaceuticals GmbH社」によって開発された、世界で始めての女性用薄毛治療内服薬です。

女性の薄毛の悩みというと、産後の脱毛や更年期による抜け毛の増加、びまん性脱毛症等がありますが、これらの症状の原因に効果が期待できるものとなっています。

このパントガールは、髪の毛の正常な発育に必要なタンパク質やビタミン・ミネラル等を特殊配合しており、髪の毛の成長に欠かせない毛乳頭細胞へと栄養を運び届けることによって、成長を促進させる目的となっています。

髪の毛を構成している成分は、そのほとんどがケラチンと呼ばれるタンパク質となっていますが、このケラチンとケラチンを構成するためのアミノ酸であるL-システインも配合しているので、丈夫な髪の毛を作ることにも期待ができる薬です。

また、このパントガールは臨床試験による効果判定を発表しており、それによるとパントガールを使用した方の約70%が薄毛対策の効果が見られています。

また、脱毛数に関しても服用してから期間が経つにつれて少なくなっている結果がでていますので、抜け毛が多くて悩んでいるという方にもおすすめできるものとなっています。

内服薬:HR(ヘアルネッサンス)タブレット

AGA・薄毛専門のクリニックであるルネッサンスから内服するタブレットタイプの薬も販売されています。

HR(ヘアルネッサンス)タブレットと呼ばれ、このタブレットは3種類あり、1つめのHRタブレットAiの主体成分はAGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制する「フィナステリド」となっています。

このフィナステリドがプロペシア同様に1mg配合されており、ジェネリック医薬品という位置づけで処方されます。

また、HRタブレットB-2はミノキシジルが配合されたタブレットです。

ミノキシジルは血管拡張作用があり、血流と一緒に流れてくる栄養を頭皮の細胞全体に行き渡らせる目的があります。

最後はHRタブレットC-1で、アミノ酸・ビタミン・ミネラルといった髪の毛の栄養となる成分を厳選して配合しているものとなっています。

HRタブレットAiとB-2に関しては、AGA治療薬のジェネリック医薬品としての扱いとなっていますが、これは個人輸入によって海外からのジェネリック医薬品を購入する際の安全性に問題があることに着目して開発されています。

海外の製品というのはどうしても信頼ができるところではないと多成分が混合してしまっている粗悪品を売られてしまうという安全性の観点で問題があります。

しかし、日本のクリニックで開発されたジェネリック医薬品であれば、安全性にも信頼できるということです。

また、この3種類の薬を組み合わせることによって相乗効果を発揮できるように設計されています。

女性の薄毛におすすめ専門クリニックを紹介

薄毛治療薬を処方してもらえるクリニックはAGA・薄毛専門のクリニックであればどこでも可能です。

しかし、ミノキシジルやフィナステリドを使って効果を試してみたいが値段が少し高いためジェネリック医薬品を使いたいという方もいるでしょう。

そういった場合は先ほど紹介したHRタブレットを購入することができる「ルネッサンス」と呼ばれるクリニックで処方してもらうのが良いでしょう。

そこで処方してもらうことができれば、先ほどのHRタブレットAiやB-2、C-1といった相乗効果が期待でき、なおかつ安全性に信頼がある薬を購入することができます。

女性の薄毛の原因を理解して対策・治療を始めよう

薄毛の悩みは、人に相談しづらいものですね。

夫からいきなり「つむじがハゲてるぞ!」なんてキツい一言を投げられて初めて気付き、ショックを受けた方も少なくないようです。

もしも薄毛に気づいたら、悩まずに自宅でできるケアから始めてみませんか?

育毛剤なら手軽に購入できますし、毎日の毛髪ケアにはぴったりです。

毎日きちんと頭皮をケアし、毛根に必要な栄養を補給すれば、抜け毛を予防して薄毛の進行を抑えることができますよ!